無料ペイントツールで簡単!ブログアイキャッチ用はめ込み画像の作り方

サイバーマンデー
Amazonプライム会員限定の大セール「サイバーマンデー」開催中!プライム会員限定の大セール

はめ込み画像

今回は上の写真のようなはめ込み画像の簡単な作り方です。

上記のような画像はPhotoshopのような有料の画像編集ソフトを使えば、できます。僕は、これまでペイントツールSAIを使ってましたけど、これも有料です。

しかし、はめ込み画像を無料の画像ソフトで、やろうと思ったらGIMPくらいしか知りませんでした。ただ、GIMPはちょっと重たいですし、操作感が独特で、ちょっとやりづらかったので何か良いツールはないかと探していました。

それで先日、「FireAlpaca」というフリーペイントツールを見つけて使ってみたら、使いやすくて簡単にできたので、その方法の紹介です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

フリーペイントツールFireAlpaca

フリー ペイントツール (Mac-Win 両対応) FireAlpaca [ ファイア アルパカ ]

FireAlpacaは、Macでも、Windowsでも使える無料ペイントツールです。

とてもシンプルな機能と操作性なので、ペイントツールを使い慣れていない人でも、気軽にイラスト製作を始めることができるツールです。

僕は、あまりペイントツールには詳しくないんですけど、これまでいくつも無料ツールをインストールして試した中では、機能も豊富な上に、軽くて操作性が良いです。

はめ込み画像を作る主な手順

で今回、はめ込み画像を作るには、主に以下の手順が必要です。

  1. FireAlpacaをダウンロード&インストール
  2. 写真等、画像の準備
  3. FireAlpacaで画像編集

慣れれば、3分でできる簡単な作業です。(※画像探す時間を除く)

FireAlpacaをダウンロード&インストール

まずは、FireAlpacaから環境にあったファイルをダウンロードします。

FireAlpacaのダウンロード

あとは、ダウンロードしたファイルを実行してインストールするだけです。

FireAlpacaのインストール

特に、難しいこともなく、無駄なソフトもインストールされることもないので、全て「次へ」を押していけばOKです。

写真等、画像の準備

次に、編集用の写真などを準備します。

編集用の写真などは、クリエイティブ・コモンズゼロ(CC0)ライセンスの写真あたりを利用すると、クレジット表記や、「編集して公開しても良いのかな?」みたいなライセンスに関する小難しいことを考える必要は少なくて済みます。

これを無断使用しちゃっていいの?ブログのアイキャッチ探しがはかどる高クオリティーCC0写真サイトまとめ
ネットは写真で溢れかえっています。 ただ、それらの写真のほとんどには、著作権があります。画像検索で大量に出てくるからといって、おいそれ...

今回は、「ブログにFacebook登録関係の記事を書く」として、「パソコンで、Facebook登録をしている」みたいなアイキャッチを作成する体(てい)で説明します。

ゴールはこんな感じ。

man-person-apple-iphone-large

画像を探す

まずは、パソコンの画像を探します。

とりあえずは、Pexels(フリー写真検索サイト)あたりで「PC」とでも検索すれば、使えそうなのがいっぱい出てくると思います。

Free stock photos of PC · Pexels

今回は、以下の写真を使ってみたいと思います。

PCの写真

はめ込む画像

今回は、はめ込む画像として、Facebookのトップページをブラウザのキャプチャツールでキャプチャした以下の画像を使用したいと思います。

Facebook - フェイスブック - ログイン (日本語)

画像は、自分のイメージに合うものなら何でも良いと思います。

FireAlpacaではめ込み編集

まずは、先程インストールしたFireAlpacaを起動します。

FireAlpacaの起動

起動画面はこんな感じです。

FireAlpacaの起動画面

次に、先程準備した画像ファイルをドラッグ&ドロップでFireAlpacaに放り込んで開きます。

FireAlpacaに画像D&D

画像ファイルをドラッグ&ドロップすると1つのファイルにつき1つのタブで開かれます。(赤枠部分がタブ)

FireAlpacaに画像を放り込んだ後

画面上での画像の大きさなどは、以下のズーム機能を利用して調節してください。

FireAlpacaのズーム機能

まずは、はめ込み元の「Facebookトップキャプチャー」画像を選択ツールで全て選択します。

FireAlpacaの「選択ツール」ボタンを押します。FireAlpacaの選択ツール

選択ツールで、画像を覆うように選択します。

FireAlpacaの選択ツールで画像を選択

すると以下のように、画像の輪郭が点線表示されて選択されたことがわかります。

FireAlpacaの画像選択ツールで選択した後

画像コピーした状態のままメインメニューの「画像→コピー」を行います。(Ctrl + C でもOK)

画像選択した状態でコピーする

次にタブから、はめ込み先画像を開いて「貼り付け」を行います。(Ctrl + V でもOK)

はめ込み先画像に貼り付ける

すると、以下のようにどでかく貼り付け来てしまうこともあるので、メインメニューの「選択範囲→変形」を選択します。(Ctrl + T でもOK)

FireAlpacaで選択範囲の変形

すると、画像の大きさを変形できるハンドルが表示されるので、ドラッグ&ドロップで大きさを適度に調節します。

FireAlpacaで選択範囲の大きさを変形

ここからは、Ctrl キーを押しながら作業することで、自由変形になります。

Ctrl キーを押しながら、四角の四つ角のハンドルを、1つずつパソコン画面に合わせていきます。(ズームなどで表示エリアを変更するとやりやすいです。)

左上から。

自由変形ツールで四つ角の一つを合わせる

右上の角。

自由変形ツールで四つ角の2つ目を合わせる

左下の角。

自由変形ツールで四つ角の3つ目を合わせる

右下の角。

自由変形ツールで四つ角の4つ目を合わせる

全て合わせ終わると、編集画面の下の方にある「OK」ボタンをクリックします。

自由変形ツールの「OK」ボタンを押す

編集を終えると、「ファイル→名前を付けて保存」からJPEGなりPNGなりを選んで保存すればOKです。
FireAlpacaから名前を付けて保存する

作成したはめ込み画像は、以下のようになりました。

完成したはめ込み画像

これで、「パソコンでFacebook登録をしている」という感じのアイキャッチに、ある程度なったと思います。

まとめ

FireAlpacaを使うと、こんな感じで「はめ込み画像」を手軽に作成することができます。

画像を多く利用して説明したので、記事は長くなりましたが、やっていること1つ1つは、かなり簡単で単純な作業です。

ペイントツールを、たまに利用している程度の僕の個人的な感想ですが、ペイントツールとしてのFireAlpacaの能力も、かなり高くて、直感的に使い方がわかるとても良いツールになっていると思います。

今回、「はめ込み画像を無料ツールで手軽に作る」ため、この使いやすいペイントツールを発見したのが一番の収穫でした。