1度登録したTwitterカード情報(タイトル、アイキャッチなど)を変更する方法

4385039944_447af89a9f_b

今回は、1度登録されたTwitterカード情報を変更する方法を紹介します。

1度Wordpressなどで記事をポストして、Twitterカードが表示されたのはいいけれど、誤字脱字があったりして記事のタイトルを変更したときに、Twitterカードにもタイトルの変更を更新する方法です。

Twitterカードとは、たんタイムラインなどの「概要を表示」などをクリックしたら出てくる以下のようなカードのことです。

Twitterカード例

photo by Howard Lake

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

Twitterカードを表示させるには

とその前に、Twitterカードを表示させる方法を紹介しておきます。

Twitterで自分のブログのURLがツイートされたときに「概要の表示」を出す方法(WordpressでTwitter Cardsの設定)
TwitterにはサイトのURLが紹介されたとき、紹介されたURLの概要を表示する機能があります。 こんな感じのやつ。 ...
[Wordpress]インパクトのあるツイッターカードを作る方法(Twitter Cardsプラグイン設定)
WordpressプラグインのTwitter Cardsプラグインを用いたツイッターカード作成方法の紹介です。 Twitter Car...

WordPressで利用するには、プラグイン等を利用して、Twitterカードタグをソースに埋め込む埋め込んだ後に、Card validatorなどからTwitterに登録する必要があります。

手前味噌ではありますが、自作のテーマSimplicityでは、すでにTwitterカードタグが埋め込まれているので、あとは以下のTwitterカード登録をするだけで使うことができます。

Twitterカード情報を変更してみる

Card validator

Twitterカード情報を変更するには、Card validatorにログインして行います。

今回は、例として以下のTwitterカードを

Twitterカード例

以下のように変更してみたいと思います。

通常サイトに不要な機能をそぎ落とした軽量CSSフレームワーク「Papier」

通常サイトに不要な機能をそぎ落とした軽量CSSフレームワーク「Papier」 を使ってみた

今回は、例なのでちょっとした変更ですが、「誤字脱字があった場合」、「SEO的に強いタイトルに変更した場合」などなど、いろいろな状況でタイトルを変更することがあるかと思います。

Twitterカード情報を更新する方法

通常WordPressのようなブログシステムでタイトルを変更しても、

Wordpressエディター画面

Twitterカード上で変化はありません。

Twitterカード例

これを変更するには、Card validatorから情報を更新する必要があります。

Card validatorに移動して、ログインすると以下のような入力欄が表示されます。

カードバリデータの入力ボックス

ここに、タイトルを変更したページのURLを入力して、「Preview card」ボタンを押します。ページのURLを入力

たったこれだけで更新できます。

以下が更新後の表示です。

カードバリデーターで情報更新後

横のプレビュー画面を見ると、更新されたカード情報が表示されます。Twitterカードバリデータープレビュー

実際の、Twitterカードでも、すぐに更新が反映されます。

実際のTwitterカードプレビュー

まとめ

このように、Twitterカードにさえ登録してあれば、更新は手軽に行えます。

Twitterカードのタイトルが変わったくらいで、それほどの影響はないかもしれません。ただ、記事を公開した直後に、タイトルが気に入らなくて、変更した時など、Twitterからの訪問者に、タイムラインと違ったタイトルのページを表示させなくてするようにはなります。

もちろん、タイトル以外のアイキャッチなどを変更した場合も更新されるので、「もっとインパクトのある写真を使いたかった」なんて時にも有効かと思います。