ワッツ (2735)の2019年株主優待。3年以上保有の総合利回りはそれなりだけど業績は悪い。

ワッツの株主優待の箱

2019年も100円ショップを多く運営するワッツ (2735)からの株主優待が届きました。

ちなみに去年の株主優待はこちら。

ワッツ (2735)の株主優待が届きました。 ワッツの優待内容(2018年8月期) ワッツの優待内容はこんな感じになっています。...
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

ワッツの株主優待

ワッツの株主優待内容はこんな感じになっています。

ワッツの株主優待内容

参考 株主還元|投資家情報・IR|株式会社ワッツ

  • 100株以上、1000株未満:オリジナル商品詰め合わせ10点
  • 1000株以上、または3年以上継続保有:オリジナル商品詰め合わせ、ギフトカード1000円分

ちなみに、3年以上で100株でもギフトカード1000円分がもらえるのは嬉しい。

実際に届いた2019年8月期株主優待

株主優待は、こんな感じの箱に入って届きます。

ワッツ株主優待の箱

蓋を開けるとこんな感じ。

優待案内は以下の内容。

ワッツの優待案内

僕は3年以上株を保有しているので、保有株は1,000株未満ですが、1,000円分のJCBギフトカードもいただきました。

ワッツ株を3年以上保有でももらえる1000円分のJCBギフトカード

優待案内とギフトカードをどけると、以下のように優待商品がギッシリと入っています。

箱の中のワッツ株主優待商品]

中身をすべて並べるとこんな感じ。

ワッツの優待商品全部

去年と比較すると、ちょっと内容が変わっています。

ワッツの2019年株主優待品

大きく変わったものといえばこのぐらいでしょうか。

OUT:白浴用タオル

IN:水切りごみ袋

ワッツの優待は、生活する上での必需品が結構入っていて、結構ありがたいんですよね。

台所スポンジとかは、1年でちょうどなくなった頃に、また届いて母は非常に有難がっています。

他にも電池とか、ウェットティッシュとか普通によく使うものばかりなので、1年以内にほとんど消費できてしまうものが頂けるのは、実用的でありがたいです。

100株あたりの配当・優待利回り(2019年12月時点)

1単元(100株)あたりの額面や見回りはこちら。

ワッツ株の配当・優待額

2019年8月期ので、ワッツの配当は1,000円です。

ワッツ2019年8月期の一株当たり配当及び配当性向の推移

去年は1,500円だったんですが、残念ながら今年は減配しています。

例えば、100株持っていた場合は、配当が1,000円ですから、優待と合わせると約2,000円になる計算。

100株でも3年保有していれば、優待+ギフトカードで約3,000円になります。

優待品は、100円ショップの品が10点ということで1,000円で計算しています。

ワッツ株の利回り

この優待が届いた時点で、株価は610円前後でした。

なので、2019年12月時点の配当利回りは約1.6%となっています。

優待品は1,000円と仮定して優待利回りも約1.6%になります。ワッツ株を3年以上保有している場合は、1,000円分のJCBギフトカードが付くので、優待利回りは約3.2%になります。

といことで、100株あたり(保有3年未満)だと、配当と優待をあわせた総合利回りは約3.2%くらいになります。JCBギフト券も合わせた総合利回りは約4.9%程度となります。

ワッツ株を100株、3年以上保有している場合の総合利回りは、高くはなります。

しかしながら、近年のワッツは業績が悪い…。2019年8月期の配当性向は190%にまでなっています。

2019年8月期のワッツ配当

経常利益の推移グラフもこんな感じ。

ワッツの経常利益の推移グラフ

マネックス証券より

2020年8月期の配当予想は1,000円で、配当性向も38.3%になると予想されてはいますが、さて。

2020年8月期の配当予想

とりあえず、僕は含み益がまだまだあるので、保有はすると思います。

ワッツの優待は、ほんと実用的でありがたいので。

僕の感覚でいうと、「毎年必要になる生活用品を1年に1度補充してくれる」といった銘柄感覚で保有しています。