サイトに使われている技術を細かく分析することができるツール「SiteAlerts」

年に1度の大セールAmazonプライムデー開催中!!
Amazonプライム会員のためのビッグセール

battery-camera-canon-261-823x550

SiteAlertsという簡易サイト分析ツールがあります。

このツールの機能の一つに、サイトに過去使われてきた技術(CMS、プラグイン、サーバー、使用言語、SEOなど他多数)をタイムライン形式で見る機能があって、珍しい機能だったので紹介です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

SiteAlertsとは

Competitor Tracking Tool  SiteAlerts

SiteAlertsは、サイトの簡易分析レポートを出してくれるツールです。

URLを入力して分析すると以下のような分析ができます。

  • マーケティングレポート
  • 参照元レポート
  • ソーシャル参照元レポート
  • トラフィックソースレポート
  • 関連サイト情報
  • テクノロジー(技術情報)レポート

マーケティングレポート

Twitterのフォロワー数、Facebookページの「いいね!」数、被リンクドメイン数、Alexaランクが表示されます。

マーケティングレポート

参照元レポート

サイトの参照元レポートが表示されます。

参照元レポート

ソーシャルの参照元レポート

SNSサービスの参照元レポートが表示されます。

ソーシャル参照元レポート

トラフィックソースレポート

サイトの、検索エンジン、SNS、メール、被リンクなどからの流入割合を、見ることができます。

トラフィックソースレポート

ここまでの機能は、SimilarWebの方が詳しいです。

テクノロジーレポート

ただ、珍しいのがこのテクノロジーレポートです。

テクノロジーレポート

サイトで使われている、技術を調べることができます。

以下で詳しく説明します。

テクノロジーレポートの詳細

テクノロジーレポートの、「See all」リンクをクリックすると、過去にそのサイトで使われてきたテクノロジーをタイムライン形式で見ることができます。

テクノロジーレポート詳細

このような感じで、サイトで使われている技術情報が新着順に表示されます。(極一部を掲載)

テクノロジーレポートのタイムライン

例えば、bbPress(フォーラム作成)プラグインを1ヶ月前から使用しているのがわかったり、

bbPress

A8.netのアフィリエイトリンクが貼られていることがわかったり

A8.net

過去のWordpressの、バージョンアップ時期もわかったりします。

Wordpressのアップデート

その他にも、使用しているテーマがわかったり、

Simplicity

Font Awesomeを使っていることも分かったり、

Font Awesome

Windows Live Writerでブログを書いていることまでバレバレです。

Windows Live Writer

もちろん、どのような言語が使われているのか、サーバーはどこか、などもわかります。

PHP

jQuery

エックスサーバー

外国製ツールですが、結構日本のサービスもカバーされているようです。

 

以前作成した、BabyLinkというWEBツールも、Ruby on Railsで作ったことまでわかるようです。

Ruby on Rails

もちろんRails製なので、Railsが使っている技術もある程度表示されます。

X-XSS-Protection

TurboLinks

まとめ

こんな感じで、サイトにそのテクノロジーが使われた時点で、登録されてきます。

例えば、過去に使用していて現在は使用していないWordpressプラグインなどもわかります。(※クロールされていた場合)

時系列などは、多少違うところはあるかもしれませんが、使われているテクノロジーは、かなり正確に表示されます。

この機能で、いろいろなサイトを見てみると、「へーこのサイトは、このプラグインが入っているのか」とか「このWEBサービスは、この技術が使われているのか」などが、ある程度わかるので、新たな発見があるやもしれません。