シャチハタで認め印セットを購入し受付印を作ってみました

シャチハタ受付印

僕は、個人事業主をしています。

先日、家族に青色専従者給与を支払うために、源泉徴収関係の書類が必要になりました。

その書類というのが「給与所得書の扶養控除等(異動)申告書」です。

給与所得書の扶養控除等(異動)申告書

とりあえず、この書類の意味や必要性は割愛するとして、税務署で書き方のレクチャーを受けてとりあえず書くことはできました。

けれど、この申告書には「給与の支払者受付印」を押す必要がありました。

というか、受付印なんてハンコは、これまでの生活で使ったことがないですし、「どうすればいいんだ?」とネットで調べてみたら「シャチハタのハンコセット」で一通り揃えられるというので購入してみました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

注文したシヤチハタ データーネームEX15号セット

それで、受付印を作るのに、僕が揃えたのはまず以下のシャチハタ印本体です。

あと、受付印としてのハンコ部分です。

このハンコ部分は、「受付印」の他にも全部で以下の「認印」があります。

    • 受付印
    • FAX済印
    • 入力済印
    • 処理済印
    • 出荷済印
    • 受領印
    • 済印
    • 発注済印
    • 確認印
    • 領収印

受付印FAX済入力済処理済出荷済受領済発注済確認領収

こんな感じで、使用するハンコに応じていろいろな認め印を作ることができます。

実際に届いたシャチハタ受付印セット

で、実際に届いた「シヤチハタ データーネームEX15号」がこちら。

シヤチハタ データーネームEX15号 メールオーダー式 〔本体色・ブラック〕

ダイヤルをまわして日付を設定して押せるシャチハタ印です。

パッケージ裏面には、インク補充用のカートリッジが2本付属しています。

シヤチハタ データーネームEX15号パッケージ裏面

中身をすべて取り出すと、入っているのはたったこれだけ。

本体部分は、以下のように本体と蓋に分けることができます。

シャチハタ印本体と蓋

本体部分には、以下のように日付印がついており、受付た日などを設定することができます。

シャチハタ印本体で日付を設定できる

蓋の部分には、以下のような朱肉が入っており、蓋を外した際にインクがついているので「あとは印鑑を押すだけ」の状態になっています。

シャチハタ印の蓋の中にある朱肉

受付印を取り付ける

あとはこのシャチハタ印本体に、別で購入した「受付印」を取り付けるだけです。

購入後、届いたのがこちら。

シャチハタ印の受付印

ハンコ本体(マスター部)はこんな感じになっています。

シャチハタ印の受付印本体

これを、箱に書いてあった取り付け方法に書いてあるようにシャチハタ印にセットします。

すると、こんな感じで取り付けることができました。

シャチハタ印のセット完了

シャチハタ印の後部には、何に使うハンコか分かりやすいように受付印シールを貼っておきます(シールは受付印の箱の中に入っていた)。

受付印マスター部の箱に入っていたシールを取り付ける

以下のように、ジョイント部分を伸ばして、日付を設定して利用します。

シャチハタ印の日付設定

横から見るとこんな感じ。

日付を設定したら、あとは捺印するだけです。

受付印の設定完了

受付印を押してみる

設定が完了したので、受付印を押してみると、こんな感じに綺麗に押すことができました。

受付印を実際に押してみた

で、実際の書類にも「受付印」を押して、当初の目的を達することができました。

実際の書類に受付印を押した状態

シャチハタ印の設定方法

シャチハタ印は、結構機能豊富なので、使い方が書かれた取り扱い説明書も掲載しておきます。

シャチハタ印取り扱い説明書

シャチハタ印をセットしても、うまく押せなかった場合は、取り扱い説明書しっかりと読んで、セットアップしなおしてみてください。

まとめ

こんな感じで、受付印を作ることができました。

シャチハタ印では、その他にも、FAX済印、入力済印、処理済印、出荷済印、受領印、済印、発注済印、確認印、領収印とあるので、もし他にハンコ(認め印)を作る必要があれば、その都度本体を購入して作っていく必要があるようです。

ハンコ部分(マスター部)を変更すれば、使えないこともないのですが、書類ごとにいちいちハンコを取り替えるのは、効率的ではないので、その都度必要な「認印」を作っていった方が良いかと思います。

シャチハタ印の本体部分。日付設定や朱肉。

認め印部分(マスター部)。以下は受付印。