ルンバが直進して方向転換できずに壁にゴツゴツぶつかりまくる症状の直し方

ルンバ

僕は、2014年2月にルンバ780を購入しました。

先日購入した、ルンバ780が家に届きました。 購入した理由は、「数あるお掃除ロボットの中から「ルンバ780」を購入するワケ」で...

その後、現在までバッテリー交換をしつつも、ほぼ毎日利用しています。

ただある日、ふと掃除中のルンバをてみたら、壁や家電にゴツゴツとぶつかったまま、方向変えることもできずに立ち往生していました。

イメージとしては、こんな感じで永遠に壁に頭を打ち付けているイメージ。

壁に頭を打ちつけるイメージ

なんで?毎日働かせすぎて病んじゃったの!?

と思ってしまうほど、これまでにない異常行動でした。

ネットで調べてみても、同様の症状が見つからず、元の状態に戻すのに結構苦労したので直し方を備忘録がてら紹介です。

問題の解決方法を見つけるのに、苦労しましたが直し方は簡単にできます。
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

ルンバが異常行動の解決方法

まずは、「ホコリが詰まっているからギアが回らないのか?」と思いルンバの部品を取り外して掃除をしてみました。

それでも結局、異常動作は変わりませんでした。

結局原因がわからずネットで「ルンバ 回転できない」とか「ルンバ 壁にゴツゴツ」とか「ルンバ 直進しかできない」とかで調べました。けれど、それっぽい解決方法は、なかなか出てきませんでした。

で、さんざん調べた結果どうやら「ルンバが異常行動する時はリセットをすると良いらしい」とありました。

リセット方法は型番によってやり方も違うようです。詳しくは、自分のルンバの取り扱い説明書に書いてあると思います。

ルンバ700型のリセット方法

僕の持っているルンバ780(700型)の場合、取り扱い説明書に以下のように書かれていました。

ルンバをリセットするには

引用 ロボット掃除機 ルンバ700シリーズ 取り扱い説明書より

僕が行ったのは以下の手順。

  1. CLEANボタンを押してルンバを起動する
  2. CLEANボタンを10秒以上押し続ける
  3. CLEANボタンから手を離すとメロディー音が鳴る(ピロピロピロピロ的な音)
  4. 時計がリセットされるので時間を修正する

まずルンバをオンにして。

電源オフのルンバ

CLEANボタンを10秒以上押すだけ。

ルンバのCLEANボタンを長押し

あとは、リセットされた時計のセット。

これらの手順自体は、1、2分程度で終わります。

ルンバをリセットした結果

ルンバのボタン

上記手順でルンバ780をリセットした結果、壁にぶつかり続けることなく、通常通り掃除をし始めました。

ほんと、「今までの異常行動は何だったんだ?」と思えるくらいに元に戻りました。

まとめ

これはあくまで僕の推測なんですが、今回の異常行動の原因はルンバの学習機能にあるのではないかと思います。

僕の部屋は、以下のようにルンバがハマると抜け出しにくい箇所が結構あります。

椅子の下のルンバ

こういう箇所にハマった時、今回の異常行動と似たような動作をしていました。

なので僕の部屋は、そういう箇所が余りにも多すぎて、変な学習をしてしまったのかなと(あくまで推測です)。

ですので、もし

うちのルンバおかしな学習をしちゃってるなぁ…

なんて感じる時があれば、ルンバのリセットは有効な手段かもしれません。

ただし、リセットをしてしまうと購入時点の状態に戻るので、これまでの学習がすべて無になってしまうのでご注意ください。