ルンバが「ルンバを充電してください。」と言い出したので純正バッテリーを購入しました

年に1度の大セールAmazonプライムデー開催中!!
Amazonプライム会員のためのビッグセール

ルンバの純正バッテリー

2014年にルンバ780を購入してから、毎日のように使用しています。

先日購入した、ルンバ780が家に届きました。 購入した理由は、「数あるお掃除ロボットの中から「ルンバ780」を購入するワケ」で...

利用開始から3年と8ヶ月、ある日掃除させていたら、「ルンバを充電してください。」というメッセージとともに、充電基地に帰ることができず、力尽きるようになりました。

その後も、何度かルンバでの掃除を試みたのですが、毎回10分~20分ほどで力尽きてしまい、帰ることができませんでした。

なので「これはバッテリーがなくなってしまったんだな」と判断。

iRobotのエラーメッセージチャートにも「ルンバを充電してください。」と言い出したら、バッテリがないとも書いてありました。

それにしてもルンバは、ほぼ毎日使っていました。

それで、3年半以上もバッテリーが持つとは正直思っていませんでした。

そんな実績から「こんなに長寿命なら同じ純正製品を買おう」と純正バッテリーを購入することにしました。

純正バッテリーは値段も高いのですが、やはりiRobot社製ということで、安心・安全です。安物を買って、下手にトラブルになるのも面倒なので、早速以下の純正バッテリーを購入してみました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

届いた純正バッテリー

で、届いたルンバ純正バッテリーの箱がこちら。

ルンバ純正バッテリーの箱

箱を開けてみました。純正だけあって綺麗にバッテリー用の包装紙にくるまれています。

バッテリー用の包装紙にくるまれたルンバ純正バッテリー

包装紙を取ると、こんな感じです。

ルンバ500、600、700シリーズ用の純正バッテリー

裏面は、以下のように、充電基地で充電するための金属部分が露出しています。

ルンバ純正バッテリーの裏面

僕が使用しているルンバの型番は、780なので以下のバッテリーを購入しました。

対応機種は以下。

対応機種
ルンバ527 ルンバ530 ルンバ537 ルンバ550 ルンバ560 ルンバ564 ルンバ570 ルンバ577 ルンバ630 ルンバ650 ルンバ760 ルンバ770 ルンバ780 ルンバ790

一応、以下のようなルンバ500/600/700/800シリーズに対応したものもありました。

僕は以前使用していたものと同じもの(古い型)を購入しました。というのも評判がイマイチだったので。

純正以外のルンバで使えるバッテリー

もちろん、純正とかを気にしないのであれば、安くバッテリーを購入することも可能です。

ルンバ500/600/700/800シリーズ用であれば、以下のバッテリーが最も売れています。

値段面から言えば、以下のルンバ用バッテリーが最も安価となっています。

どちらも値段にしたら、純正バッテリーの半額以下です。

交換後のルンバ

バッテリー交換前のルンバは、もう中の人が疲れきっていて、10分~20分ぐらいで息切れして家に帰れないような状態でした。

けれど、バッテリー交換後のルンバは、中の人も生き生きしていて、まるで新品のようになりました。なんか、キュイン!キュイン!とキレの良い音を出しながら、キビキビ掃除している印象です。

本当、ヘタっていたバッテリーとは音が全然違うので、交換の恩恵を、まずは音で体感できると思います。

まとめ

今回僕は、純正のルンババッテリーを購入しました。それは、以下のような理由から。

  • 安物を購入して液漏れなどしたら修理するのも面倒
  • バッテリは下手なものを使うと怖いので純正だと安心感がある
  • 純正以外を使う場合はメーカー名で安全性を調べてから使いたいが、いかんせん調べるのが面倒

とりあえず、「純正だと面倒事になる可能性が低い」からです。もちろん、純正以外もちゃんとした商品だとは思うので、大抵は大丈夫とは思います。

けれど、やはり純正以外を使用する場合は、メーカー名などで「以前事故がないか?」くらいは調べたいです。けれど、それが面倒だから、ある程度バッテリーの品質が担保されている純正品を購入した次第です。

正直、面倒事が嫌なので「多少高くてもいいかな」といった感じです。