障害で指が動かないけど10年前プログラムを始めてみて、これまでの経緯

252363340_f079ed5338_z

自分の体をよくよく考えてみて、「それでも何かできそうなものはあるか?」と考えてみたとき、とりあえずプログラムをしてみようと考えた経緯は、以前の記事でも書きました。

僕は昔、事故で首の骨を折っちゃって頚椎損傷(C4-5)で四肢麻痺となりました。ほぼベッドで寝たきりの生活を十数年しています。障害の等...

最初にDelphiを触ってからC、PHP、Ruby、Ruby on Railsなど、いろいろしながら今年で10年以上になります。10年といっても、専業でやっていたわけではないのでプログラムの腕といっても大したことはなく、せいぜい中級者に陰毛が生えたくらいのレベルです。

photo credit: guccio@文房具社

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

プログラムを始めたきっかけ

そもそも何故プログラムを始めようかと思ったかというと、以下のような理由があります。

  • とりあえず無料のDelphi開発環境が配布されていたので気軽に始めることができた
  • 不便に思っていたことがあったので、それを解消するソフトが作りたかった
  • 開発環境があれば僕にでも始めることはできた
  • リアル世界では、なにも作ることができない僕でも、バーチャルの世界ではある程度のものは作ることができた
  • 数行コードを書くだけで、やりたいことをやらせることができるのが何だか魔法みたいでときめいた

プログラムが始めたては、ソフトキーボードでピコピコ打って作っていましたが、とにかく新鮮で楽しんで作っていた記憶があります。

不便だったこと

プログラムを、始めることはできたものの、やはり指が動かないと不便なこともありました。

  • コード入力が遅い
  • ページがめくれないので調べたいときに本が読めない
  • 熱心ににやりすぎると、腕を無理して動かしているので、すぐに腱鞘炎になる

普通の人と比べて、大きなハンデと言ったら、このぐらいでしょうか。

これらも、「エディターのコード補完機能の充実」や「電子書籍の普及」、寝ながらパソコンをする環境の構築方法で書いたような、「周辺環境の充実」のおかげで、ここ2、3年は、だいぶ楽になりました。

最初に作ったソフト

わからないところはネットや本などでいろいろ調べたりしながら一番最初に作ったソフトが「Stamper2」です。これは、キーボード入力は苦手な僕が少しでもキーボード入力の負担を減らすために作ったコピペ支援ソフトです。

stamper2

これを作ったことにより、今まで入力するのに数分かかっていた定型文が、数秒で入力できるようになりました。今見るといろいろとひどい出来ですが、それでも当時は、何かを作り始めて形にできたことにとっても満足感を覚えました。

その他に作ったソフト

その他にも、いろいろソフトを作りました。プログラム言語の技術書などについてくるサンプルプログラムが膨大な量になったので.それを全部ソフトにぶち込んで手軽に検索できればいいと考え「外部記憶DB」を作りました。

外部記憶BB

最近では、市販の学習リモコンiRemoconをパソコンから操作して、音声操作機能付き環境制御ソフト(身の回りの電化製品などを統合的に操作管理するソフト)として使用できる「ルームリモコン Kotoshiro」なども作りました。

ルームリモコンKotoshiro

あとは、知人や、ネットで知り合った人に頼まれたものを作ったりしたりもしました。

PHPやRubyなどで簡単なWEBサービスも作りました。こちらは、小ヒットして今でも多少の収入が入ってきます。そこで、調子に乗った僕は、Ruby on Railsで数ヶ月かけてWEBサービスを何個か作ったりもしましたが、こちらは爆死しました;;

ソフトをいろいろ作ってみて

学習目的でいろいろフリーソフトを作ってみたことで分かった事もありました。それは、本業のプログラマーのすごさです。

プログラムのわからないところをいろいろ調べると、掲示板なんかで、ときおり職業プログラマの労働環境を目にすることなんかもありました。

以下は、そういったものを面白おかしくまとめた一例です。

(プログラマーの労働環境に関するものについてのみ抜粋)
「この会社は24時間営業です」
「今日は暗いうちに帰れる」
「お前が24時間働いても納期までに仕上げてくれればウチは黒字だ」
「定時に職場を出ると、仕事が増える」
「プログラマはデスマの為に雇われている」
「この会社の定時は何時ですか?」
「無理な納期を徹夜で耐える、プログラマーがやらねば誰がやる 」

笑える!!プログラマたちの本音、悲劇の名言集 – NAVER まとめ

最初の頃は、こういうものも、「ちょっと大変な職場環境を皮肉った小粋なジョーク」だと思っていたのですが、何度も体験談をや経験談をネットで目にするにつれ、あながちこれらが冗談ではないことに当時驚きました。

プログラムを職業としてする自信がなくなる

そういうものを目にするにつれ、「ソフトキーボードでコードをピコピコ打っているような俺が、こんな人たちに対抗するなんて無理じゃね?」と思うようになりました。

当然僕の体の状態では、会社で働けるわけではなく、日々体調の見通しが立たないのでフリーランスでやれそうにもありません。なのでプログラムを仕事とするとなると当時ではシェアウェアを販売することになるんですが、自分の作ったソフトなんかが.こんな人たちの作ったソフトの間に入って売れるわけが無いと思いました。

もちろん、ソフトウェアはアイディア次第なので、うまく需要をとらえたようなソフトやイノベーションを起こすような革新的なソフトを作れば、売れると思います。けれど、そんなアイディア、この10年とんと出てきた覚えがありません。

あと、僕は作ったソフトをすべてフリーソフトで公開していたのですが、フリーソフトの気楽さに慣れてしまったというのもあります。

僕が作った場末のフリーソフトでも、すべてのソフトのダウンロード数をトータルすると15万ダウンロードぐらいになります。ダウンロードした中で、どのぐらいの割合で利用ユーザーになるのかわかりません。ただ、10人に1人がソフトを使ってくれたとしても、ユーザーは、だいたい1万5000人となる計算になります。(※そこまでを多くはないだろうけど)

そうなってくると、それなりの要望が来ます。そのほとんどが、バグフィックスや有効な機能追加の提案です。しかし、中には気の進まない機能を追加の要望などもあります。

フリーソフトであればこういった場合は、「フリーソフトなんで…」とやんわり断ることもできましたが、シェアウェアだと「金を払ってるんだから!」と言われて断れないのではないか?と考えちゃったりしてどうしてもやる気にはなれませんでした。

今思えば、そういうのは普通に断ればいいと思うんですが、プログラムを始めたばかりの当時は、なんか小難しく考えていました。

何となくブログを始める

プログラムを始めて、何年かした後、僕は何となくブログを始めました。そのブログに広告を貼りながら、記事を書き続けると数ヶ月後には、収入を得ることができました。これは、今までのフリーソフト作りではない経験でした。

もともと、ソフトを作り始めたのも、自分の問題解決と、プログラムの学習目的だったので、お金を取ろうという気は全くありませんでした。ただ何ヶ月もかけて作り、その後何年もかけて無料でバージョンアップをしていた僕には、「プログラムに比べて比較的簡単な作業でできるブログ更新」で収入を得られたことは、ちょっとした衝撃でした。

その後、特に作りたいものも思いつかないこともあって、比較的手軽にできるブログ更新に力を裂くようになりました。ブログは、それほどの更新頻度ではありませんでしたが、多いときで1月に3~4万円が入るようになりました。

以前の記事「障害で指が動かないけど10年前プログラムを始めてみて、これまでの経緯」の最後の方で、月に3~4万円の報酬が入るブログを作...

そうなってくると、やれば確実に収入という結果が出るブログ更新ばかりするようになりました。

プログラムを10年以上してきて

Delphiから始めてこの10年間プログラムをしてきて、相変わらずプログラムは好きです。しかしこれは「趣味としての好き」、「なんかポッと出てきた問題の解決手段としての好き」だったことが改めてわかりました。

10年間いろいろな言語を試したりしてきましたが、「職業にしようと思うほど」、「プログラムに昼夜没頭できるほど」にはなれませんでした。僕は、Delphiを使っていましたが、必要な時以外はVCL(ライブラリなど)の中身を見て、どういうふうに動いているのか調べてみようと思う気にもなりませんでしたし、Ruby on Railsがどのような仕組みで動いているのかソースを見てみようという気にも、ついになれませんでした。

そういった意味では、プログラムは、自分に合っていなかったのかもしれません。しかし「問題の解決手段・やりたいことを実現するためのしツール」としては、相変わらず便利なので、これからも何か不便なことがあればちょこちょこ作っていくと思います。

『障害で指が動かないけど10年前プログラムを始めてみて、これまでの経緯』へのコメント

  1. 名前:なつみかん 投稿日:2016/11/07(月) 10:49:35 ID:c323d4ea8

    ブログ拝見させていただきました!
    これからも応援しております!(゚∀゚)b

  2. わいひら 名前:わいひら 投稿日:2016/11/07(月) 12:24:02 ID:27aebba82

    ありがとうございます。
    自分の好きなことを、そのままアウトプットしているようなブログですけど、よろしくお願いいたします。

  3. 名前:ワダコウキ 投稿日:2017/02/11(土) 01:31:01 ID:b3e8f5465

    始まりはアンドロイドをエミュレートするソフトについて調べ物をしていると辿り着いたサイトの中の一つにこのブログがありました。
    目的の情報を入手したのち、興味をそそられる話題が自然と目に飛び込んできて次から次へと記事の数珠繋ぎ。
    程良く纏められたブログデザインに上手い具合に誘導されてしまいました(^_^;)
    後で知る話ですが、このブログは独自のデザインを構築されたとの事、全く以て頭が下がります。

    読者からのコメントも一通り目を通しました。
    返事をしたところでどうにもならないようなコメントにも一つ一つ実に丁寧に返されるばかりか、
    中には返事をする価値も無いような罵詈雑言の類にも、これ以上があるとは考えられないような神対応と称されるべき返信をする始末。
    このブログの運営者わいひらさんとはどんな人なのか、俄然興味が湧いてきました。

    変な話、プロフィールに目を通したのはつい先程のことなのです。
    これほどまでの内容の記事を纏め上げるだけの地力がありながらも、
    たまに目に着く誤字が散見される理由も(失礼な話だと承知しておりますが)これで合点がいきました。

    そして今、行き着いた先、これを見ておしまいとしたのがこのページです。
    これ以上誘われるがまま読み進めると身が持ちませんorz
    モニターの明るさは設定できる最小に、ブルーライトカット眼鏡をしていても目がしんどいっす(^_^;)
    食い入る様に見続けて気付けばこの時間、見ようと思っていたTV視聴も忘れて、
    窓の外に目を遣ればうっすらと雪が積もっています。

    今日のところはこれぐらいにしておきますが(^_^;)、多分また来ます。
    何のPCスキルも習得していない私ですがプログラム関係の記事には大変興味を覚えました。
    その時は果たしていつになるのか、コメントを残すかどうかも含めて先の事は分かりませんが
    それまでどうかご自愛ください。

    長文失礼しましたm(_ _)m

  4. わいひら 名前:わいひら 投稿日:2017/02/11(土) 09:01:43 ID:1aa563645

    コメントありがとうございます!
    いろいろな記事を、読んでいただけたようで嬉しいです。

    そうなんですよ^^;
    音声入力で文章入力をしているので、たまにありえない誤字になっていたりすることがあります。
    例えば、「サイトを」→「斎藤」みたいな。
    自分でも公開前に2回は、読み返しているつもりなんですが、思いのほか自分の書いた文章ってちゃんと読まないようで、かなり紛れ込んでいるようです^^;
    もし、また来られる機会がありまして、誤字などを発見された際には、コメントにてご指摘いただければ、嬉しく思います。

  5. 名前:マイケル 投稿日:2017/03/27(月) 11:35:27 ID:66ed948f5

    ソフトウェアの調べ物をしていてたどりつきまして、そのまま読み込んでしまいました。
    有益な情報提供ありがとうございます。

    プログラミングの学校を卒業して、プログラミングのアルバイトやシステムエンジニアとして8年半ほど働いた後に独立しました。
    就職時は朝から晩まで、土日深夜呼び出しも当たり前でしたのでデスマーチなどの記載も全く誇張ではないと思います。

    お体のことにもかかわらず、ブログを更新されたり、フリーソフトを公開されている姿に感銘を受けました。
    日常の些細なことでイライラとストレスを溜めていた自分を恥ずかしく思います・・

    また時々拝見させて頂きますね。応援しております。勇気をいただきました、ありがとうございます。

  6. わいひら 名前:わいひら 投稿日:2017/03/27(月) 12:46:14 ID:d0b494173

    僕は、実際の組織で働いたことはないので、実態はわからなかったのですが、ほんと誇張ではなかったんですね;恐ろしい…。僕がもし健康体だったとしても、多分デスマーチ等には精神的に耐えられないような気がします…。
    独立された後も、プログラミングを仕事とする場合、顧客対応とか納期とか、責任とか諸々でストレスになってしまうのは致し方ないと思います。マイケルさんのストレスの原因はもしかしたら違うのかもしれませんが、僕はそれが怖くて仕事とできなかったので。
    幸か不幸か今の僕の場合、社会で受けるストレスは、あまりないので、何とかやれているといった感じです。

    こちらこそ書き込みありがとうございます。
    技術者やプログラマーの方が、いろいろ頑張ってくださったおかげで、今僕が機器やソフトを利用してパソコンができています。なので何の技術とかにかかわらず技術を発展させて下さった方には本当に感謝しかないです。
    受傷時の十数年前には、僕のような状態の者がパソコンを使えるようになり、ブログが書ける環境になるとは、考えてもいませんでした。