単に血圧を計るだけなら最強の家庭用血圧計はコレ

年に1度の大セールAmazonプライムデー開催中!!
Amazonプライム会員のためのビッグセール

Panasonic 上腕血圧計 ホワイト EW-BU15-W

世に様々な血圧計があります。

家族の血圧データを記憶できるものや、パソコンと繋げて健康のアドバイスをもらえるものまで、多様にあります。

僕も、これまでいろいろな血圧計を使ってきました。けれど、いろいろな血圧計の機能を使ってみた結果、「血圧計なんて血圧と脈拍を正確に計れれば十分」という結論に至りました。まあ、当たり前といえば当たり前なんですが。

やはり、いろいろな機能があると、一見便利そうに見えて最初は使います。けれど、長期に使用していると最終的には機能を利用していなかったりするんですよね。結局のところ、「血圧を計る」ボタンしか僕の場合使わなくなるんです。

本当、「家庭用の血圧計なんて計れれば十分」です。

そんなわけで、「毎日血圧だけを正確に計るだけ」ならば、僕はパナソニックの下位機種が最もコストパフォーマンス最強と思っています。

以下では、その理由について述べたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

パナソニック 上腕血圧計 EW-BU15-W

僕は体が弱いので、毎日血圧を計測して記録しています。

何か異変があった時、即座に気づいて、すぐ対処できるようにです。そんな僕は、これまでいくつかの血圧計を使ってきました。

その中で、結局一番よかったのが「単に血圧を計れるだけ」の血圧計です。その中でも、最も使いやすかったのが、パナソニックの血圧計EW-BU15-Wです。

パナソニックの家庭用血圧計

以下では、「この何の変哲もない血圧計がいかに普段の血圧測定に便利か」について書きたいと思います。

パナソニック血圧計が良かった理由

この血圧計の良い点をまとめたいと思います。

誰にでも使える簡単さ

EW-BU15-Wは、非常に操作が簡単です。

血圧を計るだけなら、「黄色の計測ボタン」を押すだけというのは見た目からして一目瞭然です。

パナソニック血圧計の計測ボタン

こういった見た目の分かりやすさは大事だと思います。

計測時間が早い

このパナソニック血圧計の大きな特徴として「計測時間が早い」というのがあります。

一般的な血圧計の計測方法

通常の血圧計だと、一旦腕に巻くカフに空気が入って、空気が抜けるときに血圧を計測します。

一旦空気を入れてから抜く時に計測

通常の血圧計だと以下の2手順がかかります。

  1. 空気圧を上げる
  2. 空気圧を徐々に下げつつ血圧を計測

パナソニック血圧計の計測方法

けれど、パナソニック血圧計の場合は、最初にカフ(腕に巻くやつ)の空気圧を上げるついでに血圧も計ってしまいます。

空気圧を上げるとともに計測

パナソニック血圧計の場合、以下の1手順のみだけで計測できてしまいます。

  1. 空気圧を上げるとともに血圧も計測

これにより、1回につき30秒程度ではありますが、計測時間の短縮を行うことができます。

動画で見ると、より分かりやすいかと思います。

たまにしか血圧を計らないのであれば、どっちの方式でも良いのでしょうが、毎日血圧を計っている身としては、少しでも計測時間が短いと助かります。

僕の場合、1日2回計っているので、1日当たり1分。1年あたりだと、365分(約6時間)も変わってきます。

計測した血圧も正確

計測が早いと「計測値は正確なのか?」と思われるかもしれませんが、正確に計ることができます。

というのも、僕は訪問看護師さんにきてもらっているのですが、看護師さんは、以下のような2万円以上もする医療用の血圧計を使用されています。

この、医療用血圧計で計測して貰った後に、パナソニック血圧計でも計測したのですが、計測結果はほとんど同じ計測値が出ました。こういったことを、何度か繰り返して計測してみたのですが、ほとんど医療用と血圧の結果は変わらなかったです。

違いがあったとしても10未満で誤差の範囲だと思います。

液晶が大画面で見やすい

あと、パナソニックの血圧計は、大きな画面に計測値がクッキリと表示され、とても見やすいです。

計測結果がとても見やすい

これだと、お年寄りにでもとても見やすいのではないでしょうか。

実際、母方の祖母は90歳以上になるのですが、同タイプの血圧計をプレゼントしたのですが「見やすくて使いやすい」と大層喜んでもらえました。

まとめ

今回紹介したパナソニック血圧計の良い点をまとめると以下のようになります。

  • シンプルな作りで誰にでも簡単に使える
  • 計測時間が短い
  • 早く計れるのに正確
  • 大画面で見やすい

あと、値段が安いというのを加えても良いかもしれません。「単に血圧を計るだけの血圧計」ならば、これだけの利点で十分なのではないかと思います。

反面、難点を考えてみたのですが、正直難点は思いつきませんでした。「レビュー記事なんだから、良くないところはちゃんと難点も書いて注意喚起しておきたい」とは思っています(他の記事では書いています)。けれど、なかったものを無理やり作り出して、書くのもおかしな話です。

ですので、もう何年もこの血圧計は使っていますが、「僕の利用方法に限って言えば難点はなし」ということだと思います。

ということで「血圧だけ計れれば良いのでシンプルな血圧計が欲しい」とか「なるべく計測時間が早い血圧計で余計な時間を使いたくない」なんて場合は、今回紹介した「パナソニックの血圧計EW-BU15-W」はおすすめです。