Pale Moonを日本語化する方法。Firefox57以降の代替のために。

2017年11月14日、MozillaがFirefox57(Firefox Quantum)をリリースしました。

これにより、レガシーアドオンが使えなくなってしまい、WEB制作を行う上で、個人的には使い勝手が大幅に落ちてしまいました。

仕方ないので、レガシーアドオンの継続サポートを表明しているPale Moonを使用してみたら、これが思いのほかよかったです。

2017年11月14日、MozillaがFirefox57(Firefox Quantum)をリリースしました。 これにより、...

ただ、Pale Moonはデフォルト状態だとインターフェースは英語表示です。これを日本語化するには、ちょっとした作業を行う必要があります。

作業自体は、そこまで難しくはないのですが、毎回覚えきれるほど簡単でもないので手順を以下に書き記しておこうと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

Pale Moonを日本語化する方法

日本語化するにはまず、Pale MoonでGitHubの言語パックページを開いてください。

Pale-Moon_thumb6

そこで、自分のインストールしたPale Moonとバージョンが同じの(もしくは近い)言語パックページを開きます。

Pale-Moon_thumb[4]

言語パックのインストール

言語パックページで「ja.xpl」をクリックします。

Pale-Moonja.xpi_thumb

すると以下のような「言語インストールダイアログ」が表示されるので「Install Now」ボタンを押してください。

_thumb1

ただ、単に言語パックをインストールしただけでは、日本語化はされません。Pale Moonに対して「日本語の言語パックを利用する」という指示をする必要があります。

言語パックの設定

日本語言語パック利用の設定を行うには、アドレスバーに「about:config」と入力して、ページを開いてください。

about-config_thumb1

すると、以下のような画面が表示されるので「I promise to be careful!」と書かれたボタンを押してください。

_thumb4

注意メッセージの要約は、「詳細設定を下手にいじると重大な問題が出るかもしれないので設定する場合はくれぐれも気をつけて利用してね」みたいな感じです。

詳細設定ページを開くとこんな感じ。

Pale-Moon_thumb8

「Search」項目に「general.useragent.locale」と入力して、抽出されたアイテムをダブルクリックしてください。

general.useragent.locale_thumb

すると、以下のような「eu-US」と書かれたダイアログが表示されるので「ja」と書き換えて「OK」ボタンを押します。

en-US_thumb

ja_thumb

以下のような状態になったら、Pale Moonを再起動します。

general.useragent.localeja_thumb

再起動後は、メニューなどが日本語化されます。

Pale-Moon_thumb7

まとめ

こうやって、手順説明があると、そう難しくはありません。

けれど、こういった手順がないと設定値などを忘れてしまうので、毎回調べ直すのが面倒くさいんですよね。なので「半年後の自分が見ても分かりやすいように」書いておきました。

英語のまま使ってもよいのですけど、やっぱ日本人にとっては日本語メニューの使いやすさは全然違います。

サイト The Pale Moon Project homepage

サイト Pale Moonの言語パック一覧

MFクラウド確定申告

[PR]

確定申告の受け付け期間になりました!MFクラウドで申告の手間を軽減!

確定申告、面倒くさいです。

ただでさえ面倒なのに、2014年の確定申告から、僕のような超零細個人事業主でも、記帳義務と保存義務…

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

この記事をお届けした
寝ログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク