人工知能に著作権料フリーな曲を無料で作ってもらえる「Jukedeck」。自主制作での利用に。

先日、人工知能に無料で作曲してもらえるAmper Musicを紹介しました。

人工知能(AI)を用いて音楽を生成できるAmper Musicというサービスが、いろいろと便利そうだったので紹介です。 例えば...

その後、ネットでAmper Musicに関連した情報を見ていたら、他にも人工知能(AI)に楽曲を作ってもらえるサービスのJukedeckを見つけました。

このJukedeckもまた、簡単に作曲・編集ができて、無料(ロイヤリティーフリー)で使用することも可能(条件あり)。しかも、ライセンスも明確で、より利用に便利そうだったので紹介です。

以下のような曲をAIに作ってもらうことができます。

もちろん、映画音楽っぽいものも作れます。

以下では、Jukedeckの詳細やライセンス、簡単な使い方について紹介したいと思います。

Music from Jukedeck – create your own at http://jukedeck.com

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

Jukedeckとは

Jukedeck - Create unique, royalty-free soundtracks for your videos.

Jukedeckは、人工知能を用いて無料で作曲をしてもらうことができるサービスです。

「曲のジャンル」と「曲のムード」と「曲の長さ」を指定すれば、ほんの数分で手軽に人工知能に作曲してもらうことができます。

作成してもらった曲は、個人利用・非営利利用・スモールビジネスに限り、以下のようなクレジット表記をすることで、使用量が無料で利用することも可能です。

Music from Jukedeck – create your own at http://jukedeck.com

また、Jukedeckは、ライセンスについても分かりやすく表記されており、曲の権利自体も購入することも可能です。

ライセンスについては次の項目にて簡単に説明したいと思います。

Jukedeckのライセンス

Jukedeckのライセンス表記

Jukedeckは主に以下の3つのライセンスにわかれています。

  1. 個人・スモールビジネス・非営利ライセンス
  2. ラージビジネスライセンス
  3. 著作権購入ライセンス

ライセンスについては、以下のページに書いてあるので詳細は参照してください。

参考 Licensing – simple licensing

以下では、それぞれのライセンスの利用方法について簡単に説明します。

個人・スモールビジネス・非営利ライセンス

Individual or Small Business

Jukedeckでは、個人利用、スモールビジネス(従業員10名未満のビジネス)、非営利利用に限り、0.99ドル(2017年4月時点:1$110円で110円弱)の格安価格で曲を利用することができます。

また、以下のようなクレジット表記をすることで、使用料無料で利用することも可能です。

Music from Jukedeck – create your own at http://jukedeck.com

ただ、このライセンスは、曲の権利自体はJukedeckにあるので、再販などは不可となっています。

「人工知能が作った創作物の著作権はどうなるのか?」についてはいろいろ議論があるようですが、ひとまず置いておきます。

ラージビジネスライセンス

JukedeckのLarge Businessライセンス

ラージビジネス(従業員10名以上のビジネス)の場合は、21.99ドル(2017年4月時点:1$110円で2400円強)で著作権料無料で利用することはできます。

ただ、こちらも権利はJukedeckにあるので、再販は不可となっています。

著作権購入ライセンス

JukedeckのCopyrightライセンス

Jukedeckでは、199ドル(2017年4月時点:1$110円で2万2000円弱)さえ支払えば、著作権ごと曲を買い取ることもできるようになっています。

著作権購入ライセンスとなると、曲を自由に利用することができます。

When you purchase a Track under the Copyright license, Jukedeck transfers ownership of the track to you. Thereafter, you can do what you wish with the track.

参考 Licensing – simple licensing

著作権の買い取りは、基本的に早い者勝ちです。先に購入されると権利を購入できなくなります。

Jukedeckの使い方

以下では、Jukedeckの使い方について簡単に説明します。

Jukedeckに登録

まずは、Jukedeckから「MAKE」をクリックして登録作業を行う必要があります。

Jukedeckでmakeをクリック

「SIGN UP」を選択して、「メールアドレス」と「パスワード」を入力して、サインアップすれば、Jukedeckを利用することができるようになります。

Jukedeckでサインアップ

サインアップ後すぐに、人工知能による作曲は行えますが、ダウンロードするにはメールに届くリンクをクリックして承認作業を行う必要があります。

Jetpackのメールアドレスの確認

Jukedeckでの曲の利用

登録後Jukedeckにログインすると、以下のような画面が表示されます。

Jukedeckのログイン後画面

ログイン時点で、既に以前に作られた曲が一覧で出ているので、この中の曲から選んで利用することもできます。

Jukedeckのライブラリ一覧

曲のジャンルも豊富で以下の中から選ぶことができます。

Jukedeckの曲のジャンル

  • ピアノ(PIANO)
  • フォーク(FOLK)
  • ロック(ROCK)
  • 環境音楽(AMBIENT)
  • 映画音楽(CINEMATIC)
  • ポップ(POP)
  • 落ち着いた(CHILLOUT)
  • コーポレート(CORPORATE)
  • ドラム&ベース(DRUM & BASS)
  • シンセポップ(SYNTH POP)

曲のムードも、以下の中からフィルタリングすることも可能です。

Jukedeckの曲のムードでフィルタリング

ジャンルによってフィルタリングできる曲のムードも変わります。

再生ボタンを押して曲を聴いてみて、気に入った曲があれば、「DOWNLOAD」ボタンを押してください。

Jukedeckのダウンロードボタンを押す

すると、ライセンスを確認しつつダウンロードすることができます。

Jukedeckでライセンスを確認しつつダウンロード

著作権購入ライセンスは、早い者勝ちです。先に購入されてしまうと、購入することはできません。

Jukedeckで人工知能に曲を作ってもらう

JukedeckでAIに作曲してもらうには、「CREATE A TRACK」ボタンを押してださい。

Jukedeckで曲を作ってもらう

すると、以下のような画面が表示され、Essentialタブでは「曲のジャンル」「曲のムード」「曲の長さ」「クライマックスの位置」を設定することができます。

Jukedeckのジャンルとモード選択画面

選択できるムードはジャンルによって変わります。

Instrumentsタブでは、使用楽器の選択を行うことができます。ジャンルがロックの場合、楽器は「古くからある楽器(ビンテージ)」と「最近の(近代的な)楽器(モダン)」から選択することができます。

Jukedeckで楽器の選択

選択できる楽器はジャンルによって変わります。

Tempoタブでは「曲のテンポ」を選択します。

Jukedeckで曲のテンポを選択

全ての設定を終えたら、「CREATE TRACK」ボタンを押して作曲を開始してください。

全ての設定を終えたら曲を作成する

すると、一覧に、以下のような作曲中表示が出るのでしばらく待ちます。

Jukedeckで作曲中

作曲が完了すると、以下のようなインターフェースが表示されるので、再生ボタンから曲を聴いてみてください。

Jukedeckで作曲が完了

曲が気に入れば、「DOWNLOAD」ボタンからライセンスを確認して「MP3」か「WAV」形式でダウンロードすることができます。

曲が気に入ったらライセンスを確認してDOWNLOAD

著作権購入ライセンスは、先に購入した方に権利が渡ります。

曲を多少修正したければ、「EDIT」ボタンから「曲の長さ」「クライマックス位置」「テンポ」ならば変更可能です。

Jukedeckで作曲した曲の再編集

完成した曲

上記手順で完成した曲が以下になります。

  • タイトル:Nebulous Courage(Jukedeckが命名)
  • ジャンル:ロック(Rock)
  • ムード:怒り(Angry)
  • 楽器:モダン
  • テンポ:中

自作ゲームの中ボス戦に使えそうなカッコイイ曲を作ることができました。

Music from Jukedeck – create your own at http://jukedeck.com

人工知能にいろいろ作曲してもらってみた

その他にも、いろいろAIに曲を作ってもらいました。

気持ちを高めるフォーク

気持ちを高めるフォークソング

  • タイトル:Crooked Abyss
  • ジャンル:フォーク(Folk)
  • ムード:気持ちを高める(Uplifting)
  • 楽器:ウクレレ
  • テンポ:中

陽気な曲。

瞑想的な環境音楽

瞑想的な環境音楽

  • タイトル:Penitent View
  • ジャンル:環境音楽(Ambient)
  • ムード:瞑想的な(Meditative)
  • 楽器:ネイチャー(自然)
  • テンポ:遅い

これはちょっと中国っぽい曲になったけど、いかにも環境音楽っぽいものも作れます。

メランコリックなポップ

メランコリックなポップ

  • タイトル:Hypnotic Oceans
  • ジャンル:ポップ(POP)
  • ムード:憂うつな(Melancholic)
  • 楽器:シンセ
  • テンポ:中

確かにメランコリック。主人公苦悩系。

アグレッシブなドラム&ベース

アグレッシブなドラム&ベース

  • タイトル:Faithful Paths
  • ジャンル:ドラム&ベース(Drum and Bass)
  • ムード:アグレッシブ(Aggressive)
  • 楽器:シンセ
  • テンポ:早い

ラスボス直前って感じ。

SFの映画音楽

SFの映画音楽

  • タイトル:Shoreditch Comfort
  • ジャンル:映画音楽(Cinematic)
  • ムード:SF(Sci-fi)
  • 楽器:シンセ
  • テンポ:早い

何かに立ち向かいそう。

アクション映画音楽

アクション映画音楽

  • タイトル:Careless Princess
  • ジャンル:映画音楽(Cinematic)
  • ムード:アクション(Action)
  • 楽器:叙事詩的な映画(EPIC)
  • テンポ:早い

なんか、ニコラスケイジが救出に向かいそう。

まとめ

Jukedeckで音楽を作るのが楽しすぎて、かなりいろいろ作ってしまいました。

いろいろ使ってみた感じでは、適切にジャンルとムード、テンポさえ選択すれば、「かなり意図通りに音楽を作ってもらうことができる」といった印象です。

個人的に言えば、Amper Musicよりも、ジャンルも豊富で、インターフェースも扱いやすく、ライセンスも明確で使いやすさを感じました。

こんな安価で、ある程度意図通りの曲が作れて利用できるようになるとは、良い時代になったというべきか、恐ろしい時代になったというべきか。

というわけで「手軽に自主制作ゲームの曲を安価で作りたい」とか「著作権ごと買い取れる曲を人工知能に作って欲しい」なんて場合は、Jukedeckはかなり重宝しそうです。

参考 Jukedeck

このページで紹介している曲はすべてJukedeckによって作成されています。
Music from Jukedeck – create your own at http://jukedeck.com