個人死亡時にJANetアカウントは相続できるのか?

僕は常日頃からの不健康な生活を自覚しています。

なので、通常の健康な人より死亡リスクは高いと思ってます。

そういった状態にありつつ、ある日ふと

本人死亡時に「WEB広告」関係の報酬はどうなるのか?

と思いましたもので、JANetに質問してみました。

質問した内容

僕が質問した内容を抜粋したものがこちら。

ASPの登録者(個人)が死亡した場合、死亡以前、死亡以降の報酬はど うなりますでしょうか。 アカウントの相続等はできますでしょうか。

また、仮に個人事業主が法人化した場合、現在個人で登録しているアカウントを法人名義にするには、どのような手続きを行えばよいでしょうか。

質問の趣旨としては以下の3点。

  1. 本人死亡時、報酬はどうなるか?
  2. 本人死亡時、家族等にアカウントの相続ができるか?
  3. 法人化した際に名義変更可能か?

以下では、それぞれの回答を含めて詳しく書きたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

本人死亡時、報酬と相続はどうなるか?

JANetからの回答では、JANetパートナー規約を抜粋の上、提示していただきました。

第8条(解約)

3.当社は、アフィリエイトパートナーが以下のいずれかに該当した場合、何らの通知又は催告なくして本契約を解除することができるものとする。
(15)アフィリエイトパートナーの死亡を確認した場合

9.アフィリエイトパートナーは、本条第3項記載の理由により本契約が解除された場合、当社により当該アフィリエイトパートナーについて解除事由判明時点で未払いの成果報酬及び解除事由判明以降に生じた成果報酬の支払いを拒絶されることを予め承諾し、当該成果報酬の放棄に同意し、一切の異議申立を行わないものとする。

JANetの「パートナー規約」によると、「第8条(解約)」の3項にて、「アフィリエイトパートナー(登録者本人)」が死亡しそれをJANetが確認した際には、通知・催告なしで契約解除出来ると書いてあります。

加えて、死亡後の報酬についてですが、「第8条(解約)」の9項にて、「アフィリエイトパートナー(登録者本人)」が死亡したという解除事由判明以降に生じた「未払いの成果報酬」の支払いは拒絶される旨が書かれています。

これに対して、一切意義申し立ても行えないものとなっています。

法人へのアカウントの相続は?

回答がこちら。

また、アカウント相続、法人化は規約での禁止事項への抵触を防ぐため、下記フローにてご対応を頂けますでしょうか。

新規アカウントを作成後、既存のアカウント削除。
提携申請、広告リンクの張り替えが必要となります。

———————————————
■規約
https://j-a-net.jp/top/partner_rule
(32)本契約上の地位の全部又は一部を第三者に移転する行為
———————————————

JANetの場合、個人から法人へのアカウントの移転は、JANetパートナー規約の「第七条(遵守事項)」の1項の(32)により、禁じられています。

第7条(遵守事項)

1.アフィリエイトパートナーは本サービスの利用にあたって、以下の各号のいずれかに該当する行為又はその虞がある行為を行ってはならないものとする

(32)本契約上の地位の全部又は一部を第三者に移転する行為

これにより、以下のフローで「法人名義の再登録&タグの貼り替え」をする必要があるようです。

  1. 法人アカウント作成
  2. 既存の個人アカウントを削除
  3. 新たに広告の提携申請
  4. 提携が承認された後、タグの貼り替え

これだと、同一アカウントで法人に移行できないのと同義です。

アカウントを、「個人→本人の法人」への移行も許されないのは、かなり厳しめ。

まとめ

JANetの場合は、アカウントの相続はできず、法人への登録名義変更も出来ないようです。

厳しいですが、パートナー契約の際の規約に書かれていることなので、遵守する必要があると思います。

JANetの場合、報酬を相続しようと思ったら、以下のようにするしかないかと思います。

  1. 本人死亡前(死亡がJANetに確認される前)に新たなアカウントを作成
  2. 既存の個人(死亡者)アカウントを削除
  3. 新アカウントで広告提携申請
  4. 全てのタグを貼り替え

これが面倒な場合は、相続を諦めるということになるかもしれません。

サイト JANet

僕が利用している広告サービスの相続・名義変更対応状況をまとめたものはこちら。

僕は毎日、自室にこもってWEB制作ばかりしています。 正直、運動も全くしないので、とても健康的な生活とは言えません。 な...