頸髄損傷でも入院生活を出来るだけ楽しむための環境構築ガイド

僕は、頸髄損傷(C4-C5)で四肢が完全に麻痺して動けません。

状態としては、左腕が辛うじて動くくらい。指は動きません。

体が動かせない僕が入院すると、基本テレビを見ることくらいしかできないので、暇で暇で死にそうになります。

ですので、

せめて病室でパソコンぐらいは使いたい!!!

ということで先日、異所性骨化という病気で入院した際に、いろいろ準備していって構築した環境について書きます。

タイトルに「環境構築ガイド」と書いてありますが、正直頸髄損傷の僕にしか役立たないガイドになっていますのであらかじめご了承ください。ほぼ次回自分が入院した時のための備忘録です。
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

病院でパソコンをするために持っていったもの

病院で頸髄損傷者が「ある程度思い通りにパソコン操作すること」を念頭に持っていったものはこちら。

  • 自分のノートパソコン
  • モニターアーム
  • 21インチモニター
  • トラックボール(マウス操作)
  • SmartNav 4:AT(顔の動きでマウスカーソル操作)
  • マイク(音声入力用)
  • ハブ
  • ポータブルハードディスク(必要なデータが入ったもの)
  • テレビチューナー
  • 電源タップ

ネット環境は病院のものを使います。最近の病院だと大抵ネット環境はあるかと思います(有料の場合もあるけど)。

あと、パソコンを置く台は病院のオーバーベッドテーブルを借りることを前提に書きます。

これだけのものを大部屋に設置すると、他の入院患者の邪魔になるので今回は、1泊2000円程度の安価な個室に入院することにしました。

パソコン周辺機器の設置

パソコン等を設置するオーバーベッドテーブルとはこんなやつ。

とりあえず、病院のベッドに設置した全体像はこちら。

病院のベッドにパソコンを設置

オーバーベッドテーブルのパソコンとモニター類はこちら。

オーバーテーブルのパソコン類

画面は、パソコンでテレビを見ています。

モニター

モニターは単に「値段が安かった」という理由で、DELLの21インチモニターを購入。

モニターは見れれば良いので、とりあえず何でもよかった。

DELLのモニター

大画面の方が見やすいのは間違いないけど「持ち運び」のことと「扱いやすさ」を考えた上での「21インチ」を選択。

DELLの21インチモニター

SmartNav(マウス操作)

モニターの上についているのが、顔の動きでマウスカーソルを操作するSmartNavというポインティングデバイス操作装置です。

僕は頚椎損傷C4-5という状態で、腕や指が思うように動かせません。 なのでマウスなどを操作できないため、パソコンを操作をするの...

マウスカーソルの操作は、ほとんどこのSmartNavで行います。

現在SmartNavは製造中止になっているので、代替え手段としてはAblenet TrackerPro 2を使うという手があります。

モニターアーム

モニターアームは、こんな感じで、オーバーベッドテーブルの奥側に、21インチディスプレイを取り付けました。

ホバーテーブルの奥側にモニターアームを設置

使用しているモニターアームはこちら。

モニターアームは「ガス圧式」を購入しました。

ガス圧式モニターの箱

ガス圧式だと、ある程度モニターに重みが必要なので、ちょっと扱いづらかった(DELLのモニターが軽過ぎた)。

病院に持っていったモニターアーム

なので、モニター重量関係なく、調節次第で使える「メカニカルスプリング式」の方がよかったかもしれない、と後から後悔。

ここらへんは、自分が持っているモニター重量と相談して決めた方が良いかと思います。

入院前、家でのリハーサルで取り付けた感じがこちら。

正面。

モニターアーム設置リハーサル(正面)

側面。

モニターアーム設置リハーサル(側面)

裏面。

モニターアーム設置リハーサル(背面)

本番の入院環境で取り付けた状態の背面がこちら。

モニターアーム背面(本番環境)

余計な配線はマジックテープつきの紐でまとめてあります。

USBハブ

USBハブは、適当なものを購入しました。

とりあえず多数USBを接続することを想定して、AC電源つきのものにしました。

電源つきのUSBハブ

オーバーベッドテーブル側面に「外付けテレビチューナー」と「ポータブルハードディスク」を置いてカブレステープ(※後述します)で固定しました。

オーバーテーブル側面にチューナとポータブルハードディスク

パソコンにテレビチューナーが内蔵されている場合、「外付けテレビチューナー」は必要ありません。

テレビチューナー

僕のパソコンは、チューナーが内蔵されていないので外付けのものを持って行きました。

USBテレビチューナー

外付けでUSBに挿してすぐに使えるやつ。

USBチューナー本体
※購入はしたものの今回は家で使用しているチューナーを持って行きました。

あと、パソコンでテレビを見ない場合も、チューナーは持って行く必要はないかと思います。僕の場合は、「ベッド正面のパソコンモニター」でテレビを見たいがために持って行きました。

以前、病院据え置きのテレビを見ていました。しかし据え置きテレビは通常はベッド脇にあります。そうなると、ずっと横を向いてテレビを見ていなければならず、前回めちゃくちゃ首が痛くなったからです。

そんなわけで今回、「正面のパソコンモニターでテレビを見る環境」を整えました。

ポータブルハードディスク

データを持ち運んで利用するために、ポータブルハードディスクも持ってきました。

詳細はこちら。

先日、仕事用にノートパソコンを新たに購入しました。 速さを重視するため、SSDを利用する構成にしたため、ハードディスク...

固定したテープ(剥がしやすいテープ)

これらパソコン周辺機器は、ちょっと医療処置のため動かしたぐらいでは場所が変わらないよう、テープでガッツリ固定しています。

オーバーテーブル側面にチューナとポータブルハードディスク

固定しているテープは、こちらのカブレステープ。

カブレステープは、身体に貼るためのテープです。なぜ身体用のテープを利用するかというと、それなりにくっついて、剥がすとき全く糊とかが物品に残らないからです。

貼るだけなら普通のビニールテープでも良いのですが、剥がした後テープの糊でベタベタになりがちです。

病院の備品を汚すわけにはいきませんし、粘着テープの掃除もしたくない…。

そういった、後のことも考えてカブレステープを使用しています。

カブレステープは、肌に貼ってもカブレにくい医療用のテープとして有名です。 けど僕の場合、このテープを医療用としては使わず、ちょ...

その他の配線も、こんな感じで固定しました。

カブレステープで配線を固定

病院では処置をする度に、オーバーベッドテーブルを動かしたりします。その際、動かす毎にずれた機器を直すのは面倒です。なので、こんな感じで動きそうなところはしっかりと固定しておきます。

電源タップなどもカブレステープで固定する

点滴やガーゼ交換等の処置の度に、看護師さんが物を動かしたり戻したりしなくて済むように動きそうなものはとことん固定しました。

カブレステープで貼ったものは、非常に綺麗にはがれるので、帰るときは剥がしてゴミを持って帰るだけです。

左手で操作する部分

唯一「辛うじて動かせる左手」で操作するものは、こんな感じでまとめています。

ナースコール周り

写真左側から

  • 電動ベッドのリモコン
  • ナースコール
  • トラックボール

です。

電動ベッドリモコンは、当然病院のものです。頭の上げ下げに使います。

ナースコールも病院のもの。もちろん緊急時に看護師さんを呼ぶのに使います。

僕が使っているトラックボールはこちら。

基本的に、マウスカーソルは前述のSmartNavで動かして、クリックはこちらのトラックボールで行います。

トラックボールの上にある白いものは樹脂粘土で、まともに動かない左手でも当たればクリック出来るようにしてあります。

ケンジントンのトラックボールを購入しました。 僕は、指が障害で動かないということもあり、拳など指以外でもボタンを押すことができ...
以前に紹介した「プラフレンド」を購入してみました。 プラフレンドは、60度以上のお湯でドロドロになり、お湯から取り出し...
台座は自作のものです。ベッド柵に引っかけて物をのせられるように大昔に入院したリハビリ病院のOT(作業療法士)の先生に作っていただきました。ちょっとした小箱でも代用出来るかと思います。

コンセント周り

最後に、以下の電源周りのものを挿して終了。

  • 電源
  • テレビアンテナ
  • WiFi

実際のものがこちら。

ネット接続は、有線LANでもよかったんですが、余計な配線が増えるのも煩わしいので、無線LANルータを使用することにしました。

パソコン以外のもの

パソコン以外のものは、飲み物を大量に持ち込んで、冷蔵庫に放り込んでおきました。

病院の冷蔵庫の状態

持っていったのは、常飲用の玄米茶。

手術後の高熱で発汗した際に、必要な成分をすぐ補給出来るよう熱中対策水(経口補水液的なもの)も持って行きました(ノンカロリー)。

僕はブドウ派。

最後に、手術後は高熱が出て食事が絶対食べられなくなるので、少しでもカロリーを補給出来るように、午後の紅茶のミルクティーも持って行きました。プラズマ乳酸菌のやつ。

この紅茶が結構おいしい。

あとは、これらの飲料を看護師さんに手軽に飲ませてもらえるようしました。やったことは「ストロー付きのキャップ」をつけて、冷蔵庫の取り出しやすいところに並べておきました。

ストローつきのキャップをつけて飲料を病院の冷蔵庫に並べておいた

これだと、水分を飲ませてもらう場合でも、冷蔵庫からさっと取り出して、さっと仕舞えます。看護師さんに余計な手間を取らせることもありません。

「コップに移し替えて飲む」なんてことをしていると、わずか数十秒ではありますが、それだけ時間と手間を取らせてしまうので。

「ストローつきのキャップ」は、単にペットボトルのキャップに穴を開けて長めのストローを挿しただけです。

まとめ

こんな感じで、パソコン環境を事前に準備して入院に挑みました。

2021年11月前半に異所性骨化の手術を終え、退院してきてようやく生活も落ち着いてきました。 2020年10月に、異所性骨化(...

病院でパソコンができたおかげで、頸髄損傷の僕でも、それなりに快適に過ごすことができました。

正直パソコンがなかったら「ひたすら病院備え付けのテレビを見続ける10日間チャレンジ」をする必要があったので、暇すぎて地獄だったでしょう。

前回入院した時は、そんな暇すぎる入院生活だった(気が狂いそうだった)ので、今回は少し快適でした。

先日、異所性骨化(いしょせいこっか)という病気になりました。 その病気が原因で、大腿骨まで骨折することになってしまいました。 ...

一応、普段利用しているデータも全部持っていったので、「余裕があれば病院でプログラミングをしよう」なんてことも考えていたのですが、手術後の高熱で正直それどこではなかったです。

高熱でしんどいし、食欲もないしで結局、ほとんどパソコンでテレビを見たり、サブスクの動画サイトで映画やアニメを見てた感じです。

あと入院時は、地味にTVerも便利だった。空いた時間に見逃したテレビを見るくらいがちょうどよかった。

「パソコンでテレビを見たり動画やTVerを見ていたなら、単に病室のテレビを見ているのと変わりないじゃん!」

て思われるかもしれませんが、全然違います。

病院据え置きのテレビだと、僕は手が不自由でチャンネル変更ができません。そうなると看護師さんにチャンネルを変えてもらわなくてはなりません。

そういった気兼ねなく自分でチャンネルを変え、見たいものを見て、病院で過ごせたのは、やっぱ大きい。

『頸髄損傷でも入院生活を出来るだけ楽しむための環境構築ガイド』へのコメント

  1. 名前:さくら色 投稿日:2022/01/28(金) 13:14:17 ID:4e88e5156

    はじめまして。

    入院生活についてのブログ読ませて頂きました。

    私自身も難病で、寝たきりの生活を送っているので大変参考になりました。

    ところではわいひら様はどのような介護体制で生活されているのでしょうか?
    私自身は、毎日ヘルパーさんに来ていただいて生活しているのですが、どこの事業所さんも人手不足で、実際に来ていただけヘルパーさんを探すのだけでも苦労しております。

    何事にも器用にされているわいひら様ならではの方法や、知恵がございましたらご教授頂けますでしょうか。

    突然のコメントで誠に恐縮ではありますが、もしよければ宜しくお願い致します。

  2. 名前:わいひら 投稿日:2022/01/28(金) 23:03:01 ID:76c168f07

    こんにちは。

    サービスの介護体制はこんな感じです。

    月・水・金
    午前:ヘルパー1時間半
    午後:訪問看護2時間

    火・木
    午前:ヘルパー1時間半
    午後:ヘルパー1時間


    午前:ヘルパー1時間半
    午後:なし


    午前:なし
    午後:なし

    支援費とかの関係もあって、ずっとこんな感じでサービスを利用させて頂いています。

    ヘルパーさんは、住む町によっても変わってきますよね。
    比較的街だと人手もあるけど、それこそ田舎になってしまうと全然人手がいないみたいな感じに。

  3. 名前:さくら色 投稿日:2022/01/30(日) 11:44:19 ID:87e3f900e

    突然の質問にお答え頂きましてありがとうございました。

    あまり長時間の介護を受けておられないんですね。
    私の場合、24時間介護が必要な状態ですので、介護体制の構築には非常に苦労しております。

    また何か良い情報があれば、ブログの記事にしていただければ有難いです。

    今後もかげながら読者として応援しております。

  4. 名前:わいひら 投稿日:2022/01/31(月) 00:28:05 ID:5fbab51cf

    あまり長時間の介護を受けておられないんですね。

    今は、親が健在なのでそれで何とかなってはいます。
    ただ、もしものことがあると僕も24時間介護とまではいかなくても、長時間の介護が必要になるかもしれません。
    もしくは、施設に入所するとか。
    もしものことを考えるだけでも恐ろしく、あまり考えたくないことではありますが。。
    それを考えてしまうと毎日憂鬱ではあります…。
    でも考えておく必要があるのかもしれません。

    僕の住んでいる市では、24時間体制の介護受けてくれるところがなかったため、自ら事業所を作ったという方もおられると以前新聞に出ていました。

  5. 名前:さくら色 投稿日:2022/02/01(火) 10:27:57 ID:b5a829e93

    私は早くに両親を亡くしましたので、施設に行くか在宅で過ごすかのどちらかでしたが、施設入所はどうしても嫌でしたので現在はなんとか在宅で過ごしております。

    私の周りでも自ら事業所を立ち上げたという方が何人かいらっしゃいますが、全員の方が周りに介護を引受けてくれる事業所がないとの理由でした。

  6. 名前:わいひら 投稿日:2022/02/01(火) 10:44:59 ID:56807d44a

    そうだったんですね。

    僕も施設入所はどうしても躊躇してしまいます。
    もちろん、行ってみたら良いところの可能性もあるのかもしれませんが、やっぱり家みたいにまでは自由にできないような気がして。
    あと、周りの人がすべて知らない人になるのも怖いと言うか心細い…。

    私の周りでも自ら事業所を立ち上げたという方が何人かいらっしゃいますが、全員の方が周りに介護を引受けてくれる事業所がないとの理由でした。

    やっぱり、どこでもそうなんですね…。
    先のことを考えると、不安しかないです。。

  7. 名前:さくら色 投稿日:2022/02/04(金) 10:14:10 ID:38af490f4

    それならぜひわいひら様も自らの事業所をを立ち上げてみてはいかがでしょうか?
    私には無理ですが、わいひら様なら十分利益を確保しながら運営できると思います。

    その様子もこのブログで書いていただければ私たち重度障害者の大変励みになります。

  8. 名前:わいひら 投稿日:2022/02/04(金) 11:29:13 ID:46cce8291

    僕はいざとなったら、その近所の新しくできた事業所にお願いできないもんかなと思っているんですけど、甘いですかね^^;
    事業所作成って、何からして良いものかすら全然わからない…。

  9. 名前:さくら色 投稿日:2022/02/04(金) 20:11:35 ID:38af490f4

    誰かがされてる事業所にお願いできれば本当はそれが一番良いんですけどね…。
    それが一番難しいのが問題ですね。
    ぜひ今のうちから先のことを見据えて行動されることをおすすめ致します。

  10. 名前:わいひら 投稿日:2022/02/07(月) 23:04:41 ID:6ee3f69b1

    後学のため、もしよろしければ、さくら色さんが一日平均何時間ぐらい介護支援を受けておられるのか教えていただいてよろしいでしょうか。
    周りに24時間体制を通っている知り合いがおらず、どのくらい支援が必要なものなのかなと思いまして。

  11. 名前:さくら色 投稿日:2022/02/11(金) 12:50:42 ID:b6e70838b

    私の場合、重度訪問介護で1日24時間、ヘルパーさんに来ていただいております。
    1つの事業所では到底回らないので、今は4つの事業所さんに掛け持ちで来ていただいております。

    中々1日24時間の支給決定をもらうだけでも大変苦労しますので、なるべく早く行政と先々のことについても話し合われた方が良いかと思われます。

  12. 名前:わいひら 投稿日:2022/02/12(土) 18:44:46 ID:6bd84b7ef

    1日24時間というのは、1日のうち24時間常にヘルパーさんにつきっきりで常駐していただいているということですよね?
    だとしたら、人出集め大変さが半端なさそうですね…。
    僕の住んでいる田舎では、集まりそうになさそう。。
    参考にさせていただきます。