WordPressのサイドバーにスクロール追従型の広告スペースをプラグインなしで設ける方法

chase

ブログなどで記事をスクロールしたら、追いかけてくる広告などがあります。

今回はWordpressで、そんなスクロールに追従してくるサイドバーウィジェットを作る方法です。

photo by Kyle Mahaney

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

ウィジェットの登録

まずはfunctions.phpにウィジェットを登録します。

register_sidebars関数を用いて、以下のように書きます。

こう書くことで、「外観→ウィジェット」に以下のような設定項目が表示されるようになります。

スクロール追従領域

ここに広告(AdSenseはNG)など、注目を集めたいものをウィジェットとして放り込みます。

スクロール追従領域を作る

sidebar.phpにスクロール追従領域を作ります。

以下のようにサイドバーの範囲内に収まるように書きます。

jQueryの登録

今回、サイドバーに追従領域を作るのには、jQueryを利用します。

なので、jQueryを使っていないテーマを利用している場合は、jQueryを利用できるように設定する必要があります。

header.phpの<head></head>の中wp_head();関数の前に、以下を記入してください。

こんな感じになります。

WordPressに内包されているjQueryが呼ばれます。

既にテーマ内で、jQueryが呼ばれている場合は記入必要はありません。

JavaScriptを書くファイルを作成する

スクロールに追従するコードを書くためにJavaScript用のファイルを作成します。

テーマに既にJavaScriptコード用のファイルがある場合は、それを使用してもOKです。

今回は、テーマフォルダ内にjavascript.jsというファイルを作成しました。

このファイルを、先程のjQuery呼び出しのあとに呼び出します。

呼び出すコードはこれ。

先程記入したのも合わせると、こんな感じになります。

JavaScriptを記入する

最後に、スクロール追従動作をさせるJavaScriptコードをjavascript.jsに記入します。

今回は、@Hamachiya2さんの以下のコードを、ほとんどまんま利用させてもらいました。

参考 ライブドアみたいにスクロールしたらサイドバーの広告を固定する – ぼくはまちちゃん!(Hatena)

WordPressで利用するために↑にあるコードの$をjQueryに置換してjavascript.jsに記入します。

さて、上記のコードですが下記の部分は、お使いのテーマに合わせる必要があります。

上にある設定を、分りやすく図に表すとこのようになります。

スクロール追従領域のID設定

それぞれのIDは、利用しているWordpressテーマのIDに合わせて設定してください。

これで、記事の最後の方までスクロールを追従してくる領域を作ることができました。

試しに、Amazonの広告などを置くとこんな感じになります。

Amazonアソシエイト広告例

まとめ

参考にさせてもらったコードのおかげで思ったより簡単にスクロール追従領域を作ることができました。

先程も書きましたが、AdSense広告を追従領域に置くと、プログラム ポリシーに違反するので注意してください。

『WordPressのサイドバーにスクロール追従型の広告スペースをプラグインなしで設ける方法』へのコメント

  1. 名前:キイ太 投稿日:2018/11/15(木) 14:45:13 ID:89bc8b673

    はじめまして。キイ太と申します。
    いつも参考にさせていただいております。

    早速お尋ねします。私のサイトでは、メディアクエリによって
    ・799ピクセル以下では1カラム、
    ・800ピクセル以上では2カラム
    で表示する仕様となっています。

    上記ご紹介の方法を、2カラム表示時(表示幅800ピクセル以上のとき)のみ
    適用することは可能でしょうか。
    もし簡単な変更作業で済む方法がありましたら
    教えていただけないでしょうか。

    お忙しいところ申し訳ありませんが、ご回答をよろしくお願いいたします。

  2. わいひら 名前:わいひら 投稿日:2018/11/16(金) 22:40:14 ID:7a3015977

    こんにちは。
    上記のカスタマイズ動作であれば、サイドバーが正常にレスポンシブスタイルに対応していれば、変更する必要はないのではないかと思います。
    ただ詳しくは、実際のページを見てみないと何とも言えないかもしれません。