冬には最強の男性用部屋着「ジェラートピケ サガラ2BDショールカーディガン」が良すぎて再購入

gelato pique 【Homme】サガラ2BDショールカーディガン

先日、ジェラートピケのメンズ用カーディガンを購入してみました。

僕はこれまで、冬の部屋着はユニクロのフリースを着ていました。 ただ、冬にフリースだと薄手なので、やはりちょっと寒いんですよね。...

そしたらこれが、想像していた以上に良くて、冬の部屋着として以下の点が素晴らしいです。

  • とにかく暖かい
  • 暖かいものは重くなりがちだけど軽い
  • 生地が腕の動きを阻害せず動きやすい
  • 吸湿性に優れていて蒸れない
  • ずっと頬ずりしていたいぐらい肌触りが良い

実際、袖を通した瞬間気に入ってしまいました。

このジェラートピケのカーディガンは、本当に動きやすいです。あまりにも動きやすいもんで、「寝間着として来ても全然OKかも?」と思って着てみたところ、全然問題ないどころか逆に、「暖かい上に熱がこもらないので逆に睡眠がはかどる」ということになって、嬉しい悲鳴状態です。

ただ、昼間部屋着として使用し、夜も寝巻きとして着ていたら流石に、ちょこちょこ洗濯しなければなりません。なので、一枚ではどうしようもないので、他のジェラートピケカーディガンも買い増しすることにしました。

それで、追加で購入したのが、「サガラ2BDショールカーディガン(男性用)」のネイビー色です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

実際に届いたジェラートピケ カーディガン

それで、実際に届いたカーディガンが以下です。段ボール箱の中に以下のように袋に入って届きました。

ジェラートピケカーディガンを袋から出した状態

袋から取り出すと、以下のような柔らかい長めのタオル生地のような素材です。

gelato pique 【Homme】サガラ2BDショールカーディガン

生地をアップにしてみると、以下のようにモコモコの素材です。

ジェラートピケ サガラ2BDショールカーディガンの毛足

手で触った瞬間、肌触りのよさに驚かされます。個人的には「最高に柔らかくて暖かい毛布」と「高級タオル生地」が合わさったような感覚とでも言いましょうか。

これまでに、こういった生地を触ったことがない人にとっては、「何これ!気持ち良い!」となると思います。

袖口には、以下のようなロゴもついていて、ワンポイントの赤ラインもいい感じです。

ジェラートピケ サガラ2BDショールカーディガン(ネイビー)の袖口

ハンガーにかけた全体像はこんな感じです。

ジェラートピケカーディガンをハンガーにかけた状態(表)

全身をスッポリと覆うように着ることができます。裾の赤ラインがいい味を出しています。

裏面はこのようになっています。「gelato」とロゴが入っています。

ジェラートピケカーディガンをハンガーにかけた状態(裏面)

ハンガーにかけた状態では、着用した時のイメージが湧かないと思うので、モデルさんが着ているカタログ写真も掲載しておきます。

ジェラートピケカーディガンのカタログ写真(前)

裏面はこんな感じです。

ジェラートピケカーディガンのカタログ写真(裏面)

一応、ジェラートピケの公式サイトでも、部屋着となっているのですが、そのまま外に着ていっても全然違和感がないくらいのおしゃれ感はあります。

付いているタグにも一応、「(ROOMWEAR FOR MEN(男性用ルームウェア)」と書かれています。

ジェラートピケカーディガンのタグ

このように、部屋着(ルームウェア)と書かれていますが、僕の場合は、外にそのまま着ていったりします。

素材は、以下の構成となっており中国製です。

  • ポリエステル:97%
  • ナイロン:2%
  • ポリウレタン:1%

ジェラートピケカーディガンの素材構成

ボタンが外れた時用の、交換用ボタンも付属しています。

ジェラートピケカーディガンの交換用ボタン

洗濯の際の注意点

洗濯表示は、以下のようになっています。

ジェラートピケカーディガンの洗濯表示

洗濯絵表示一覧を参考に、僕が訳した限りでは、以下のような内容になっていると思います。

  • Hand Wash(手洗い)
  • Do Not Bleach(漂白禁止)
  • Do Not Tumble Dry(タンブル乾燥禁止)
  • Dry Flat In Shade(日陰で平干し)
  • Do Not Wring(ねじって絞らない)
  • Iron At Maximum Temperature Of 150°C(アイロン温度150℃)
  • Prof.Dry Cleaning Normal Process (ドライクリーニングは石油系溶剤のみ)

ジェラートピケカーディガンは手洗い推奨です。

日本語の洗濯表記は以下。

ジェラートピケカーディガンの洗濯表示(日本語)

日本語で書かれた、取り扱い注意タグには以下のように書かれています。

ジェラートピケカーディガンの「取り扱いのご注意」タグ

お取り扱いのご注意

この製品は色移り、色泣きが生じる恐れがあります。次の点にご注意のうえ、お取り扱いください。

  • 汗や雨などで濡れた状態のままにしたり、重ね置きなどしないでください。手早く乾いた布でできるだけ水分をふき取り、すみやかに陰干ししてください。
  • 洗たくの際は水や洗たく液につけ置きせず、すすぎを十分に行い、洗たく後は速やかに脱水し、広げて形を整えて陰干ししてください。
  • ドライクリーニングの際も短時間で処理し、濡れた状態での放置はお避けください。

とにかく、濡れた状態で放置するのが良くないみたいですね。濡れたら手早く水分を拭き取って、陰干しするのが良いようです。

自分で洗う分には、自由に購入すればよいかと思います。ただ、奥様などに洗濯をしていただいているのであれば、購入する前に、こういった「洗濯の手間」に関する部分も相談しておいた方が良いかもしれません。

実際に着てみた感想

モコモコ素材のカーディガン

実際に着た感想としては、前回購入したカーディガンの色違いなので、ほぼ同様の感想です。

僕はこれまで、冬の部屋着はユニクロのフリースを着ていました。 ただ、冬にフリースだと薄手なので、やはりちょっと寒いんですよね。...

ただ、あらためて良かった点をまとめると以下のようなものが挙げられます。

  • 凄く暖かいので部屋のエアコンの設定温度を2度は下げられる
  • 伸縮性のある生地で体にピッタリとフィットするので冷たい風が隙間から入らない
  • ずっと触っていたいぐらい肌触りが気持ち良い
  • 肩をグルグルまわしても抵抗がないぐらい体の動きを邪魔せず動きやすい
  • 吸湿性に優れていて熱がこもりにくい
  • 正直、ユニクロのフリースとかよりも着心地が軽い
  • 素材が柔らかいので寝間着として着ても違和感がない
  • 寒い明け方とかでもぬくぬくと寝ていられる

とりあえず、部屋着としてこれだけの能力を兼ね備えていれば、十分合格点でしょう。というか、僕としては期待以上の部屋着になってくれました。

反面、難点もいくつかあります。

  • 洗濯を手洗いでする必要がある
  • 色移りの可能性がある
  • 柔らかい生地なので耐久性が低い

ちょっと、洗濯面で手洗いをしたり、色移りを気にしたりする必要はあります。

また、柔らかい着心地を実現するために、生地が柔らかいので(モコモコの生地なので)、ちょっとした出っ張りに引っかけて、生地にダメージは受けやすくなっていると思います。

まとめ

このように、利点・難点はあるものの、トータル的にはかなり満足のいく買い物でした。

多少生地は弱いかもしれませんが、それを補って余りある着心地のよさを兼ね備えています。もし、長く使っているうちに生地にダメージが出てきたとしても、新しく購入すればよいわけで。

ジェラートピケのカーディガンは、決して安物ではありませんが、何度もリピート購入する価値はあると僕は感じました。

というわけで「厚着は動きづらいのでしたくないけど暖かい部屋着が欲しい」とか「部屋着に求めるのは肌触りだ」なんて場合は、ジェラートピケのカーディガンは、選択肢の一つに入れておいて損はないかと思います。

グレーのボーダー柄。

女性用は、男性用より、かなり値段が安いです。