返信先: Google音声認識を利用した他のWindows用ソフト

#69195
みち
ゲスト

わいひら様

お世話になっています。

1点不具合が見つかって、今日改めてVer.3.2.1としてベクターに申請しました。

 

①は「Enterキー」および「Shiftキーを押しながらEnterキー」というのは、カギカッコ内の言葉を発したら、そのようにキーエミュレートするということでしょうか?

Enterキーのエミュレートに関しては補正機能やキーワード入力を利用する形にしており、エミュレートするための音声はユーザーが自分で設定できるようにしています。

僕はめちゃくちゃ使うと思います。
というのも僕は、身体的な不都合があるのでキーボードを押すより音声操作できた方が楽だからです。
その機能は「Ctrl + V」とかもできるようになるのでしょうか。だとしたらかなり熱いですね!!

そうなんですね。ではその次のアップデートに関しては、任意のキーボード操作のエミュレートを音声で出来る形で進めたいと思います。

「Ctrl+V」はできるようになる予定です。
基本的にはショートカットキーは同時押しが多いので、キーボードの同時押しを想定した形で任意のキーの組み合わせを出来るようにしようと思ってます。マウスの左クリックとか右クリックもできそうなのでそれも入れる方向で検討したいと思います。(実際には試してませんが)。
ただ英語キーボードと日本語キーボードで動きが変わってくるようなキーについてはやめておこうかなと思います。

ちょっとどうしようか迷ってるのは、同時押しではなくて例えば「キーAを押して、キーAを開放してから、キーBを押してキーBを解放する」というようなケースをどのような形でユーザーに設定してもらうのかちょっと迷ってます。

今考えてるのは、

Ctrlを押しながらVは:[Ctrl] + [V]

「キーAを押して、キーAを開放してから、キーBを押してキーBを解放する」は
:[A]+[A]+[B]

(2回目の[A]はキーの解放を意味する)というような形で途中でキーを開放するケースに対応しようかと思ってます。同じキーが複数設定されてる場合は偶数番目は解放を意味する形にしようかと思っています。
[Ctrl] + [V]と設定した場合は「Ctrlを押して、Vを押して、Ctrlを解放して、Vを解放する」という形にする方向で今のところ考えています。

 

NO IMAGE
この記事をお届けした
寝ログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!