返信先: Google音声認識を利用した他のWindows用ソフト

#67603
Avatar photoわいひら
キーマスター

今日試しに他のパソコンで音量が小さくなるか試してみました。
すると、別のパソコンでは音は小さくなりませんでした。
なので、音が小さくならないのがデフォなんだと思います。勘違いで申し訳ないです。
何かのドライバーとかが関係あるんだろうか…。

僕も検索順位あげようと、少しですが色々してみた時はあんまり効果ありませんでした。

現在、SEOとしては権威性が重要です。現時点でも「Sokki Voice」という音声入力ソフトの権威性は間違いなくサークルロードにあるので「Windows Google音声入力」とかでの権威も間違いなく、上がってくると思います。
現時点で、日本のGoogle音声認識では間違いなくNo.1のソフトですし、今後さらにクオリティーが上がるのだとしたら、ソフト紹介者も増え被リンクも増えると思うので、時間がたちさえすれば、僕のサイトより音声認識関係のキーワードで上位表示されると思います。
そしてさらに、もう少しソフトが有名になれば、単にソフトのクオリティーを上げるだけで上位表示されるフェーズに入りそうな感じでもあります。
現時点で「”Sokki Voice”」と検索しても結構紹介されている方が増えているので今後も増えるんじゃないかなぁと。
というか、すでに紹介動画も出てるんですね。

あと、アクティブ(能動的)にやらなくても効果的なSEOとしては、フォーラム運営も、面倒に見えて結構手っ取り早いかもしれません(来た質問に答える受動的手法)。
フォーラム運営の利点はこちら。

  1. ユーザーの細かな使い方の質問などがフォーラムのタイトルになるのでロングテール検索流入を狙える
  2. メールサポートだとWEBに載らなくて同じ質問に何度も答える必要が出てくるけどフォーラムだとユーザーが検索で解決方法を見つけてくれる可能性がある
  3. フォーラムの内容がたまれば問い合わせ数が激減する(問い合わせは面倒くさいのでユーザーはまずは検索する人が多いので)
  4. フォーラムでしっかりと対応していればソフトへの信頼度も上がる

Cocoonとかも、2~3割ぐらいがフォーラムへの流入で、おまけにメールでの問い合わせも激減するので結構重宝しています。
もちろん、雑な対応をすると逆効果の可能性もあるので、そこらへんに一考の余地はあります。

NO IMAGE
この記事をお届けした
寝ログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!