返信先: Google音声認識を利用した他のWindows用ソフト

#66945
わいひら
キーマスター

ダウンロードしてここ数日使ってみました。

「稀に接続が途切れる」とのことですが、僕が使用している限りでは接続が切れることはありませんでした。
僕の場合、こまめにオン/オフするので、途切れるほど長時間オンにしていなかったというのもあるのかもしれません。
僕が利用している場合は、オンにしている時間は最長でも2時間ぐらいにしかなりません。

あと、新しい接続昨日ですが、以前全てのウィンドウを最小化している時は、

  1. Chromeを前面に出す
  2. タブをアクティブにする
  3. 音声認識を有効にする

といった手順が必要だったのが、

  1. 接続ウィンドウをアクティブにする
  2. 音声認識を有効にする

と、ひと手間減ったのでかなり楽になりました。

以下、使用して思ったことを率直に書くのでご容赦ください。
今回のアップデートで接続の切り替えの作業はだいぶ楽になりましたが、できればタスクでワンアクションでオン/オフを切り替えられるように機能追加するのは難しいでしょうか。
タスクボタン形式で接続を切り替える場合は、モードが選択できないので、予めモードをオプション等で設定できるようにする等、必要があるのかもしれませんが…。

難しいようでしたら、もう少しウィンドウを小さくして、常に最前面に表示されるようにして頂けると嬉しいです。
そうすると、ほぼワンアクションで接続を切り替えられるようになるので。
現在の接続ウィンドウは、縦横にそれなりに大きくてウィンドウの隙間に入れるには、ちょっと大きすぎる感じです(あくまで僕の環境ではですが)。
AmiVoiceはこんな感じで、長細くなっていて、ウィンドウの隙間に入れやすくなっています。

もしくは、接続ウィンドウのモード選択をなくして「接続」だけにして、トグルボタン形式でオンオフを切り替える(オンの時はマイクを赤くするなど)とかにしても、省スペースにできるかもしれません。

NO IMAGE
この記事をお届けした
寝ログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!