返信先: Google音声認識を利用した他のWindows用ソフト

#66664
わいひら
キーマスター

あと今回、IMEモードが以前のデフォルトだった「入力モードを切り替えない」から変わった時に思ったんですが、
以前は、IME変換を利用しようと思うと「IMEの変換」ボタンを押せば利用できました(この仕様がIMEの状態を把握するのが大変だったので、現在の仕様になって使いやすいです)。
ただ現在の仕様では、まれに「IMEで文字変換」をしたい場合は、「詳細設定」から「音声入力時の(IME)入力モードの切り替え」から「入力モードを切り替えない」を選択してからディクテーションをする必要があります。

これを、例えばShiftキーを押しながらディクテーションした場合には、「音声入力時の(IME)入力モードの切り替え」が「入力モードを切り替えない(もしくはIME ONの状態)」で変換能力が有効なまま音声入力できるよう機能追加することは可能でしょうか。
こうすると、「IMEで文字を再変換したい」なんて場合にも手軽に使えると思いました。

あくまでふと思ったことを書いただけなので、他のモードとの兼ね合いもあると思うので採用していただかなくても全然問題ないです。
間違いなく今回のモード追加でより使いやすくなったので。

NO IMAGE
この記事をお届けした
寝ログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!