返信先: Google音声認識を利用した他のWindows用ソフト

#66649
わいひら
キーマスター

一点だけ気になったのは、Sokki Voiceのリンクをクリックしたときに、Vectorのページが表示されるのですが、ベクターのページのタイトルは「話してパソコン入力 via the Web」です。
なのでお手数ですが、Sokki Voiceの正式名称が「話してパソコン入力 via the Web」だということをどこかしらで説明していただければ幸いです。

一応、「新たなGoogle音声入力ソフトを知る」項目で名称は書いてあります。
ダウンロード先でも愛称が書いてあるのでをまぁ、いいのかなと思ったりして。
それにしても、ベクターのソフト名が変更できないのは不便ですね…。
一応、最後のリンクにも説明つけておくかな。

あとブログの記事で、
「WEBブラウザのWordPressエディターは、カーソルの位置が前後してしまう等の動作はありました。」
とありましたがおそらくこれはIMEによる影響でIMEがオフであれば上記の現象は起こらないと思いますがいかがでしょうか。

確認してみました。どうやらそうみたいです。
IMEを有効にしていたつもりはないのですが、どうやらIMEを無効にしているつもりで使用していたみたいです。
後で「IMEを使用時」という旨を追記しておきます。

■今日IMEの入力モードの自動切替機能が追加されたバージョン(Ver.2.2.1)がベクターから公開されましたので、もし良ければそちらを試してみてください。

こちらを使えば、上記のような間違いもしづらくなるかも。
後で使用してみます。

■ブラウザーの外からの音声入力のオンオフについて
こちらについては改良の作業を始めました、今のところは順調で、Sokki Voice.exe起点でブラウザと通信するところまではできました。このまま順調に行けば次回のアップデートでブラザーの外から音声認識のオンオフができるようになりそうです(うまくいかなかったらすみません)。

おお!すごい朗報!
仮にうまくいかなかったとしても、全然諦めもつきます。だって、想像するだけでもかなり難しそうなんで…。
昨日追加された際には記事の内容を修正しておきます。

NO IMAGE
この記事をお届けした
寝ログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!