返信先: Google音声認識を利用した他のWindows用ソフト

#66474
みち
ゲスト

わいひら様

ご退院おめでとうございます。
無事に手術が完了したということで安心しております。
リハビリも今後順調に進むことをお祈りしています。

前回投稿した、設定ファイルが上書きされる抜け道に対してはVer.2.1.1で対策しています。
ソフトを起動しただけではユーザー設定用のファイルは作成せずに、新たに設定を追加した時に設定ファイルを作成する形にしました(sokki voiceの操作画面で設定を全て削除した場合はファイルも削除するようにしました)。
また旧バージョンを利用していたユーザーが、新しいバージョンのソフトを起動した時に所定のフォルダにユーザー設定用のファイルがない場合は、設定ファイルの移行を誘導するダイアログを表示するようにしてます。なのでソフトをアップデートする前に旧バージョンのフォルダを削除しない限りは、Sokki Voiceの誘導に従っていけばスムーズにデータの移行が行えるようになってると思います。

あと記号の音声入力に関しては、記号によっては強引に変換してるものもあるので、発音の人により個人差などでうまく入力できない時は補正機能利用して入力していただければと思います。

話は少し変わりますが私のパソコンはWindows 11にバージョンアップしたしました。
Windows 11ではMicrosoft IMEが新しいバージョンになっていて、その影響でIMEの入力モードが「ひらがな」の時に入力内容のカタカナがひらがなになったり文字の順番が入れ替わってうまく入力できなくなりましたので、現在その対策をしているところです。
対策版では音声入力前に入力モードを半角英数字に切り替えて入力後に入力モードを元に戻す形にする予定です。こちらのバージョンは12月の前半ぐらいに公開できたらと思っています。
今のところWindows 10では入力モードを切り替える必要がないので入力モードを切り替えないようにも出来るようにします。

よろしくお願いします。

NO IMAGE
この記事をお届けした
寝ログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!