レーザーで埃を可視化して掃除「ダイソン v12 ダイレクトスリム」を購入

ダイソンv12

我が家では2017年から約4年間、ダイソンv6を使用してきました。

途中、ヘタってきたクリーナーヘッドを交換しメンテしながら、ほぼ毎日使用してきました。

ただ、さすがに4年も使ってくると、今度はバッテリーまでヘタってきたので思い切って、新しく買い替える事にしました。

購入するに当たって、いろいろ調べた結果、現時点では廉価版の「ダイソン v8」あたりが一番コストパフォーマンスが良いように思います。

ただ、せっかく2台目のダイソンなんだから、

新型の機能を満喫したい

ということで、「ダイソン v12」を購入することにしました。

「ダイソン v12」は、「レーザーでホコリの可視化」ができたり

ダイソンの埃レーザー

「ホコリモニター」などが搭載され「ホコリの取れ高」を実感できる仕様になっています。

ダイソンの埃モニター

上記のように、「小さなホコリを見える化」することで、

ゲーム感覚で掃除も楽しくなるのでは

ということで「ダイソン v12」を購入することにしました。

ちなみに、ダイソンを4年以上使用していて、特に不満点もなかったので、他メーカーの機種の購入は考えもしませんでした。
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

Dyson V12 Detect Slim Total Cleanを購入した理由

Dyson V12 Detect Slim

「ダイソン v12」には、以下の3種類があります(上から値段の高い順)。

それぞれの違いはこちら。

ダイソンv12性能比較表

僕はこの中から「Dyson V12 Detect Slim Total Clean(中位クラス)」を選択しました。

ダイソンv12性能比較表(トータルクリーン)

「Absolute Extra」と「Total Clean」の比較

というのも、「Absolute Extra(上位クラス)」と、今回僕が購入した「Total Clean(中位クラス)」の違いは、「狭いところを掃除する隙間ノズル」にLEDがついているかついていないかの違いしかなかったからです。

ダイソンv12性能比較表

LED隙間ノズルとはこれ。

ダイソンのLED隙間ノズル

この「LED隙間ノズル」があるかないかだけで1万円も値段が違うというのは「あまりコスパが良くないな」と感じたからです。

「Fluffy」と「Total Clean」の比較

反面、一番値段が安い「Fluffy(下位クラス)」は以下の理由からやめました。

  • クリーナーヘッドが1種類しかない
  • 布団用クリーナーがついてこない

ダイソンv12性能比較表

まず、「Fluffy」は床掃除用のクリーナーヘッドが1種類しかありません。

「Fluffy」にはない

これまで4年以上ダイソンを使っていて思ったんですが、クリーナーヘッドはかなりの消耗品です。旧式のダイソンもクリーナーヘッドが1つだけだったので、使っているうちにヘタってしまい何度かヘッドを交換しました。

なので、最初からクリーナーヘッドが2つあるほうが、交換しながら使うため消耗を抑えて利用できるからです。

あと、「Fluffy」には「布団用のヘッド」もありません。

2021-09-23_12h32_39

僕の場合、布団の上も結構掃除したいので「フトンツール」がないのもキツイ。

ということで消去法で「Dyson V12 Detect Slim Total Clean(中位モデル)」を購入することにしました。

製品仕様はこちら。

2021-09-23_13h38_17

本体質量が2.20kg、3.5時間の充電で、最長60分利用できます。

利用時間60分は、エコモードかつモーター駆動のないツール使用時です。

エコモードでなくても、40分くらいは使用できるので、一般家庭であれば十分すぎる使用時間かと思います。

実際に届いたダイソン掃除機

実際に届いた「Dyson V12 Detect Slim Total Clean」がこちら。

ダイソンv12の箱

ダイソン社のアイコンともいえる創業者ジェームズ・ダイソン氏も箱にしっかりとプリントされています。

箱を開けるとこんな感じ。

中身を取り出すと全部でこれだけ入っていました。

収納ベースも合わせるとこんな感じ。

ダイソンv12の内容物全部

Dyson V12 Detect Slim Total Cleanの内容品

内容品はこちら。

Dyson V12 の内容品

本体(着脱式バッテリー付き)

本体がこちら。

ダイソンv12本体

v12のボタンはスイッチ式です。

ボタン式スイッチ

従来のトリガー式だと毎度毎度の指の操作が必要ですが、ボタン式だとワンタッチなので、楽っちゃ楽。

ただ、「こまめにスイッチのオン/オフを繰り返したい」なんてことならトリガー式のほうが向いていると思います。

本体の完成イメージはこんな感じ。

ダイソンv12の本体全体

初期のダイソンよりもよりスリムに見えます。

ダイソンv12はスリムにな

レーザースリムフラフィクリーナーヘッド

レーザーで埃を「見える化」するクリーナーヘッドがこちら。

レーザースリムフラフィクリーナーヘッド

正確に角度調整されたレーザーを照射し、フローリングの目に見えない埃を可視化します。

レーダーで掃除すべきところがわかる

ダイレクトドライブクリーナーヘッド

畳やカーペット用のクリーナーヘッドがこちら。

ダイレクトドライブクリーナーヘッド

固いナイロンブラシがカーペットに入り込んだホコリやペットの毛を掻き取ります。

「Fluffy」にはこれがないので「Total Clean」タイプを購入しました。

毛絡み防止スクリューツール

円錐形の回転ブラシがらせん状に動き、髪の毛が絡まない設計のクリーナーヘッド。

狭い場所や、車などの掃除に最適。本当に髪の毛が絡まない。

髪の毛が絡みつくのを防止するヘッド

家で散髪したときや、美容室などでも便利そう。

フトンツール

布団掃除専用のヘッド。

フトンツール

繊細な生地の布団やクッションからホコリやハウスダストを取り除きます。

「Fluffy」にはこれがないので「Total Clean」タイプを購入しました。

コンビネーションノズル

棚の上や、車内を掃除するのに便利。

コンビネーションノズル

隙間ノズル

狭い隙間や届きにくい場所の掃除に便利。

隙間ノズル

上位版の「Absolute Extra」だと、これがLED付きに変わるだけです。1万円以上高額になってまで使いたいとは思わなかったので「Total Clean」タイプを購入しました。

パイプ

床掃除用のパイプ。

ダイソンの床掃除用パイプ

延長ホース

自由に動かせる延長ホース。

ダイソンの延長ホース

ホースが最長61cmまで伸びて、室内の入り組んだ場所や、車内の狭いスペースなど、届きにくい場所の掃除も容易になります。

ダイソンの延長ノズル1

狭いところも楽々。

ダイソンの延長ノズル2

「Fluffy」にはこれも附属しません。

専用充電ドック(据え置き用)

据え置き用の充電ドックがこちら。

ダイソンの専用充電ドック

本体を設置するとこんな感じ。

ダイソン専用充電ドックに本体を設置

安定して自立します。

収納用ブラケット(壁掛け用)

壁掛け用の収納ブランケットはこちら。

ダイソンv12ブランケット

附属品をこのようにぶら下げておくことができます。

ダイソンv12ブランケット(付属品つき)

壁掛けブランケットに本体を収納した場合はこちら。

ダイソンv12をブランケットに収納した状態

「据え置き型」より、こちらの「壁掛け型」の方が場所はとりません。

使ってみた感想

数週間ほど、実際に使用してみました。

スイッチはボタン式

今回購入した「ダイソン v12」は、スイッチがボタン式なので、掃除の開始時と終了時にボタンを押すだけで良いので楽といえば楽です。

ダイソンv12のボタン

従来のダイソンだと拳銃のトリガーのような形をしていて、吸い込もうと思うと毎度毎度トリガーを引く必要がありました。その面倒さからは解放されます。

v6のトリガータイプ

トリガータイプのスイッチ

ただ、スイッチを細かくオン/オフして、節電とかはやりづらくなっています。

とはいえ、「ダイソン v12」の連続稼働時間は最長で60分もあるので、そこまで節電を意識しなくても十分に家中を掃除できます。

レーザーでホコリが見える

やっぱり、レーザーでホコリが見えやすくなるのはかなり便利。

汚れている部分が一目瞭然です。

レーザーでホコリが見やすくなる

それなりに掃除している自分の部屋でも使ってみたんですけど、まだホコリが残っているのが一発でわかります。

掃除している部屋でも埃が残っている

ほんとホコリが見えやすくなります。

ダイソンのレーザーでホコリが見えやすい

ホコリの多いところを掃除するとこんな感じに見えます(動画)。

液晶ディスプレイで吸い込んだホコリを数値化

本体背面についている液晶ディスプレイには吸い込んだホコリの種類が視覚化されグラフで表示されます。

グラフで見れるのはこの4種類。

  1. 花粉大のホコリ(>10μm)
  2. 微細なホコリ(>60μm)
  3. ダニの死骸大のホコリ(>180μm)
  4. 砂糖粒大のホコリ(>500μm)

吸い込んだホコリの種類

自分の部屋でも使用してみたところ、「微細なホコリ」がまだまだ結構残っているのがわかります。

ダイソンのホコリ液晶モニター

動画だとこんな感じ。

ゴミ捨てが簡単

今回購入した「ダイソン v12」のゴミの捨て方はこんな感じ。

ダイソンv12のゴミの捨て方

ごみ箱の上に先を突っ込んでパカッと開くだけです。

ごみ箱に完全に突っ込んで開ける

ごみ箱に完全に突っ込んで開けるので、以前よりゴミが飛び散りにくくなりました。

旧式のダイソン(v6)だと、持ち手付近についていたので、捨てにくく結構ゴミが飛び散りやすかったのですが、かなり使い勝手が改善されました。

旧式ダイソンのゴミの捨て方

吸引力も素晴らしい

ダイソンの代名詞ともいえる吸引力も相変わらず素晴らしいです。

当然ですが、めっちゃゴミが取れます。

ダイソンv12も吸引力が素晴らしい

掃除するたびに結構ゴミが取れるので、やりきった感はあります。

ダイソンv12でガッツリとゴミが取れる

やはり、ゴミをガッツリと吸い取ってこそダイソン。

まとめ

ということで今回、「ダイソン v12」を使ってみて以下の点は非常によかったと思います。

  • レーザーでホコリを見ながら掃除できる
  • 液晶のホコリモニターでゴミを吸っている感満載
  • 旧式よりゴミが捨てやすくなった
  • スリムなのに吸引力も申し分なし

旧型から新型に買い替えているので、性能面においては当然全てグレードアップしていました。

難点といえば、値段が高いことでしょうか。とはいえ、僕は性能の良いものを求めていたので価格は想定内でした。

とにかく今回購入したダイソン(v12)は「ホコリの見える化」によって、非常に掃除がしやすくなったと思います。

ホコリが目に見えるんだから、そこを掃除すればいいだけ

なんですもの。

オートモードに設定すれば、「ホコリの多い部分は強力に吸ってくれる」なんて機能もあり、

ダイソンは常に進化しているんだなぁ

と実感しました。

とりあえず、今回も購入して満足。

今回購入したのはこちら(中位クラスのv12)。

v12の最上位クラスがこちら。

少し機能を削ったv12の下位クラスがこちら。

レーザーとか不要で、「強力にゴミを吸い取ってくれればいい」という場合は、廉価版のこちらが一番コストパフォーマンスが高いです(v8)。

ダイソンは旧式でも吸引力は素晴らしいです。