ダイソンDC59 DC62の交換モーターヘッドにあえて海外規格品を購入した理由

ダイソンの海外規格ヘッド

僕の家は物持ちが良いのか、2017年に購入したダイソン掃除機(DC62)がまだまだ現役です。

ダイソンDC62(パイプ&クリーナーヘッド)

先日、実家の掃除機の吸い込み力が弱くなってしまいました。ですので親が「そろそろ、掃除機を買いかえようか?」と相談していました...

とはいえ、長年使用していると掃除機のヘッドがヘタってボロボロになり、吸い込みが悪くなってしまいました。

しょうがないので、交換用のモーターヘッドを購入することにしました。

交換用のヘッドには、現在使用中のダイソンにも使われている「日本規格サイズ」と

「海外規格サイズ」があります。

僕の家では、「海外規格サイズ」を購入することにしました。

以下では、その理由について述べたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

ダイソンのモーターヘッドを海外規格にした理由

結論から先に書くと、海外規格品はヘッドの大きさが大きいからです。

海外規格品のヘッドの幅は、25cmあります。

対して僕の家でもこれまで使用していた日本規格は、21cmしかありません。

実際に、購入したものの大きさで比べると、これだけ違います。

ダイソーのヘッドの大きさ比較

  • 左:海外規格品
  • 右:日本規格品

海外規格品がフローリングの板3枚と半分をカバーできるとしたら、日本規格品は板3枚ピッタリ分しかカバーできません。

わずか、板半分の差かもしれませんが、これだけヘッドが大きいおかげで、多少なりとも掃除機をかける回数が少なくなります。

おそらく、日本規格品は日本の家屋の狭さを考慮して、ヘッドを小さく作ってあるんだと思います。

ただ、僕の家は田舎の家で無駄に広いので、多少なりとも掃除の負担を軽くするために、ヘッドの大きな海外規格品を選んだ次第です。

ダイソンのモーターヘッド(海外規格品)

購入した海外規格品のヘッドがこちら。

ダイソーのヘッド正面海外規格

海外規格品とはいえ純正なので結構な値段がします。

ダイソンのヘッド斜め(海外規格品)

裏面はこんな感じ。

ダイソンヘッドの裏面

海外規格は、吸い込む面が多少なりとも広いので、広い場所を掃除するときは多少なりとも手間が省けます。

適合機種はこちら

DC58
DC59
DC61
DC62
V6 (SV07ENT)
V6 Motorhead (SV07MH)
V6 Mattress (HH08COM)
V6 Mattress+ (HH08COMN)
V6 Trigger (HH08MH)
V6 Ttigger+ (HH08MHSP)

まとめ

僕の家の場合は、田舎の家屋なので海外規格の大きなヘッドを購入しました。

けれど、ワンルームマンションとか、モノが溢れている部屋の中を掃除する場合は、ヘッドが小さい方が小回りが利くので、日本規格の方が良いかと思います。

こんな大きなヘッドの海外規格があるんだったら、最初からこれを購入したかった。

大きいスペースを掃除するのに向いている海外規格。

狭いスペースを掃除するのに向いている日本規格。

モーターヘッドは型番が合わないと利用できない場合があります。必ず自身が使われているダイソンの型番を確認してから購入を検討してください。