確定申告の手間を激減!個人事業主向けおすすめ会計ソフトランキング

確定申告、正直面倒くさいです。

中でも「今年初めて確定申告をする」なんて方の「面倒くさい度合い」は半端ないのではないでしょうか。

というのも、確定申告をしたことがない方は、「何をしていいのかわからない」という人が大半だと思います。僕も初めて確定申告をした年はそうでした。

人間、「何をするべきかが分かっている作業」は先の想像ができ、ある程度、面倒度合いも測ることができます。けれど、「何をすべきかがわからない作業」は、やることの目処も立たず、「調べることからしなければならない」という「先の想像できない面倒くささ」が加わります。

そんな「初めての確定申告をする必要がある」なんて場合は、クラウド会計ソフトを強くおすすめしたいです。

僕も確定申告最初の年、「何をしたら良いものか…」という状態から、会計ソフトの案内に従って操作していくうちに、知識がないなりに無事白色申告を行うことが出来たもので。

そして現在、開業届けを出して青色申告をする個人事業主となった今でも、より一層便利に活用しています。

そんなわけで以下では、僕がこれまで利用してきた(現在も利用している)クラウド会計ソフトについて、おすすめ順に紹介したいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

1位 MFクラウド確定申告

確定申告ソフト「MFクラウド確定申告」

MFクラウド確定申告

プラン名 料金 無料期間 サポート 備考
フリー 0円 月々仕訳数が15件以下の場合 メール 全書類作成可
ベーシック 800円/月 30日間 メール・チャット 全書類作成可

個人事業主の確定申告ならば、一番おすすめしたいのはMFクラウド確定申告です。

確定申告、面倒くさいです。 ただでさえ面倒なのに、2014年の確定申告から、僕のような超零細個人事業主でも、記帳義務と保存義務...

MFクラウド確定申告の最大の利点は、完全に無料で利用できるフリープランがあるということです。

もちろん、月々の仕訳数が15件以下という制限はあります。けれど僕の場合、非常に零細な個人事業主であったため、以下の手段を用いて3年間無料で利用させてもらうこともできました。

僕は、もうかれこれ3期にわたり「MFクラウド確定申告」を利用しています。 そして、これまでの全期間、無料プランの範囲内で利用さ...

無料でありながら、確定申告書類(青色・白色)も消費税申告書類も作ることができるのは、このMFクラウド確定申告しかありません。

使い方も直感的に操作することができ、案内を見ながら操作すれば記帳などもサクサクと行うことができます。

僕は先日、開業届けを提出したばかりの、従業員が僕1人しかいない超零細個人事業主です。 開業したての、いわゆるフリーランスで、経理や確定申告...

仕訳はこのようにシンプルなインターフェースとなっています(勘定科目の検索もできます)。

MFクラウド確定申告の仕訳のインターフェース

このシンプルな使いやすさから、僕の「初めての確定申告」も白色申告で問題なく行うことができました。

昨日、近くの税務署まで確定申告に行ってきました。 確定申告が始まって、すぐに行っては混んでいるだろうと、開始から1週間後に行っ...

もちろん、個人事業主として開業した後の青色申告も全く問題なく行うこともできました。

僕は去年、MFクラウド確定申告を用いて白色申告をしました。 で今年は、開業届けを出して個人事業主となったので、青色申告...

正直、クラウド会計ソフトを使用していれば、白色申告も青色申告も手間はほとんど変わらないです。

ですので、「確定申告が初めて」という方から「確定申告は何度かやったことがある」という方まで、大いに「確定申告の手間軽減」のため大いに力を振るってくれます。

MFクラウド確定申告の場合、無料で利用できるので「自分に合わないな」と思えば使用を止めれば料金は発生しません。

僕が実際に使ってみて感じた利点と難点を以下に挙げておきます。

MFクラウド確定申告の利点

使ってみた感じた利点は以下。

  • 少ない取引の個人事業主であれば完全無料で利用できる
  • 無料プランであってもメールサポートを受けられる
  • 無料・有料プランにかかわらず全ての確定申告書類を作成できる(消費税申告も)
  • 有料プランは業界最安値でコストパフォーマンスも高い
  • 自動取り込み対応している金融機関が業界最多(クレカ、ECサイトも)
  • 共有ユーザーも無制限に登録できる
  • 利用ユーザーが多くネットで調べれば使い方や仕訳方法がほぼ分かる
  • 前回仕訳した内容を記憶していて次から選択する手間が省ける
  • 複式簿記の記載方法に対応なので本に仕訳方法をそのまま当てはめることができる
  • 複式簿記に対応しているので簿記知識のある人は使いやすい
  • 大手金融機関の出資を受けている(バックボーンが強い)
  • セキュリティーは国際的な認証機関であるTRUSTeによる認証を取得
  • スマホでも利用可能
  • レシートの取り込み機能もある

無料で利用できたり、複式簿記に対応していたりと、初心者から上級者まで便利に使えて、非常にバランスが良いソフトです。

MFクラウド確定申告の難点

MFクラウドの難点といっても、思いつくのはこのくらいかも。

  • 仕訳の勘定科目に関する説明がない(初めての場合は何を選んで良いか迷うかもしれない )

ただ、「項目に説明がない」といっても、慣れてくると、そういったものは逆に不要で煩わしく感じます。ですので、「慣れてから利用する期間が長い」ということを考えると、MFクラウドのようなシンプルなインターフェースの方が良いのかもしれません。

サイト MFクラウド確定申告を無料体験する

2位 freee

会計ソフト freee (フリー) 無料から使えるクラウド会計ソフト

会計ソフトfreee

プラン名 料金 無料期間 サポート 備考
スターター 980円/月 30日間 メール・チャット 消費税申告は不可
スタンダード 1980円/月 30日間 メール・チャット(優先) 全書類作成可

freeeは、「とにかく確定申告初心者向けに仕訳がしやすい会計ソフト」に仕上がっていると思います。

先日、確定申告の記事を書いたときに、恥ずかしながら、2014年の白色申告から、簡易的な記帳義務があることを初めて知りました。 1年...

以下のように、仕訳画面が色分けされ解説まで付いているという分かり易さです。

勘定科目の仕訳が初心者にもわかりやすい

確定申告初心者が、まず最初に当たる壁でもある記帳も手軽に行えるような工夫がなされています。

確定申告、非常に面倒くさいです。 僕は今年、開業届けを提出し、青色申告をする個人事業主1年生です。そんな僕が、確定申告をしようとする際に、...

freeeは、「完全無料で利用できるプラン」はないですが、「なるべく分かりやすく使える会計ソフトを使いたい」という場合は、こちらのほうが適していると思います。

もちろん記帳(仕訳)さえ行っておけば、白色申告書類の作成は、あとはおまけみたいなものです。

毎年、2月の中旬~3月の中旬の間は、確定申告期間です。 僕のような、会計の知識を持ち合わせていない零細個人事業主には、かなり頭の痛い期間で...

当然青色申告も行うことができます。

僕は昨年、開業届けを出して零細個人事業主となりました。 ですので、今年の確定申告は「青色申告」をするつもりです。 何で青...

freeeに関しても、白色申告と青色申告の書類作成の手間は、ほとんど変わりません。なので、できるなら、青色申告特別控除65万円を得られる分、青色申告をしておいた方が、節税効果は高いです。

以下は、僕がfreeeで確定申告書類を作成してみて感じた利点と難点です。

freeeの利点

使ってみた感じた利点は以下。

  • 仕訳の勘定科目が説明付きで初心者でも分かりやすい
  • 自動取り込みできる取引金融機関が多い (MFクラウドほどではないけど)
  • 利用ユーザーが多くネットで調べれば使い方を公開しているページが多数見つかる
  • 前回仕訳した内容を記憶していて次から選択する手間が省ける
  • セキュリティーは国際的な認証機関であるTRUSTeによる認証を取得
  • スマホでも利用可能
  • レシートの取り込み機能もある

とにかく、「初めて確定申告をする場合」の利用のしやすさは、freeeがナンバーワンだと思います。仕訳も、確定申告書類の作成方法も「初めての方でもわかりやすいように」という配慮が随所に感じられます。

freeeの難点

難点は以下。

  • 無料で確定申告書類を印刷することはできない
  • スタータープランだと消費税申告ができない
  • 3人より多く共有ユーザーを登録する時は有料

freeeは、無料だと書類の印刷ができなかったりと、機能制限があり、書類提出まではできません。

サイト freeeに無料体験登録をする

3位 やよい会計オンライン

クラウド会計ソフト「弥生会計 オンライン」|経理・会計ソフトなら弥生

弥生会計 オンライン

プラン名 料金 無料期間 サポート 備考
白色フリー 0円 永続無料 なし 白色書類作成可
白色ベーシック 720円/月 最大2ヶ月 メール・チャット 白色書類作成可
青色ベーシック 1080円/月 最大2ヶ月 メール・チャット 全書類作成可

パソコンのクライアントソフトとして、高いシェアを誇る「やよい会計シリーズ」を制作している弥生が開始したオンラインクラウドサービスです。

「オンラインのクラウド会計ソフト」としては、freeeやMFクラウドに出遅れている感は否めません。けれど、「青色申告用のソフト」全体では、いまだなおトップシェアを誇っています。

会社などで「やよいの青色申告」もしくは「弥生会計」を使ったことがある人であれば、インターフェースの親和性も高く、迷わず使えるかと思います。

仕訳画面も説明付きで分かりやすいです。

やよいの勘定科目登録

弥生会計オンラインを利用してみて感じた利点と難点は以下。

弥生会計の利点

弥生会計の良いところは以下。

  • 白色申告なら完全無料で行える(ただしノーサポート)
  • クライアントの弥生ソフトとの親和性が高い
  • 仕訳の勘定科目に説明があって分かりやすい
  • 無料体験期間が2ヶ月ある
  • 1年目は料金が半額

サポートはないながらも、白色申告なら全てを行うことができます。

弥生会計の難点

いまいちな部分は以下です。

  • 取引の自動取得をする時に他サービスを利用する必要があり面倒
  • 他のクラウド会計ソフトに比べてユーザーが少ない
  • 前回行った仕訳の記憶機能はない
  • 無料版はサポートがない
  • スマホから利用できない
  • 共有ユーザーは1人まで

クライド会計ソフトとしては後発なため、まだまだ改善しなければいけない点も多いように見受けられます。

ただ、会社などで弥生会計ソフトの使い方に慣れている人には取りかかりやすいかと思います。

サイト 弥生会計オンラインに無料体験登録する

まとめ

僕は、初めて確定申告をする年に「無料で試せる会計ソフト」は片っ端から登録して全て使用感を試してみました。

けれど、実用に足りるクラウド会計ソフトは以下の3つだけでした。

  1. MFクラウド確定申告
  2. 会計ソフトfreee
  3. 弥生会計オンライン

というのも、その他の会計ソフトは、利用ユーザーが少なすぎて先行きが不安すぎます。利用ユーザーがいないということは、単純に言えば、それだけ利益が少ないということです。帳簿などは、法的に7年間保存する義務があるので、サービスが終わってしまう可能性の高いものはおすすめできません。

クラウド会計ソフトには、長年サービスを存続してもらう必要があります。

その点、MFクラウドと、freeeと言えば、クラウド会計ソフトの2強といえるほどユーザー数が多く今も安定して利用者を増やしています。

弥生会計に関しては、古くからある会計ソフトの老舗で、青色申告ソフト全体では、今もシェアが高いです。弥生会計シリーズのユーザーも多いので、そういった面での企業体力はあります。

これらが今後しばらくは、どうにかなるという可能性は低いと思います。

とりあえず、僕のおすすめとしては、無料で使えるMFクラウド確定申告から始めて、難しかったらfreeeを試してみると言うスタンスで良いかと思います。

弥生会計オンラインに関しては、クライアントの弥生ソフトを使ったことがある人には、なじみがあって良いかと思います。

なにはともあれ、こういった会計ソフトを使うと使わないとでは、確定申告書類を作成する時間が何倍も変わってきます(自分で計算するとか地獄、エクセルで計算するにしてもキツイ)。

ですので「今年初めての確定申告なんだけどクラウド会計ソフトは何を使ったらいいんだろう?」なんて方や、「Macなのでオンラインの会計ソフトを使うしかないんだけど、どれが使いやすいんだろう?」なんて場合は、今回紹介した会計ソフトの中から、まずは無料体験して使い勝手を確かめてみることをおすすめします。