Amazonギフト券ボックスタイプの「クリスマスドット」を購入。完全にクリスマス用デザイン。

Amazonギフト券ボックスタイプ(クリスマスドット)

先日、Amazonギフト券のボックスタイプページを見たら、ボックス型の種類が増えていました。

以前までは、以下の6種類。以前は6種類だったボックスタイプギフト券

けれど3種類が追加されて、9種類になりました。

9種類に増えたボックスタイプギフト券

僕はこれまで、全てのボックス型ギフト券を購入して試しています。

先日、友人にいろいろお手伝いをしてもらうことがありました。 そのお礼の品としてAmazonギフト券のメールタイプを送ったら、凄...

なので、「新作」があるのを知っては、見過ごせません。すぐさま全部購入することにしました。

とりあえずはクリスマス柄の「クリスマスドット」デザインを早速注文しました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

クリスマスドットデザイン

で、届いた「クリスマスドット」ギフトボックスがこちら。

クリスマスドットボックスギフト券

名前からしてもそうなんですが、完全にクリスマスを意識したデザインになっています。

タグに、筆記体調で「Peace ON Earth(直訳:世界の平和)」と書かれています。これはクリスマスとは関係ない模様。

Amazonギフト券ボックスタイプ(クリスマスドット)

大きさを測ってみたところ、縦10cm、横10cm、高さ1.4cmでした。

クリスマスドットギフト券ボックスの大きさ

iPhone 5C大のスマホと比較してみると、サイズ感はこんな感じ。

クリスマスドットギフト券ボックスとiPhone 5Cの大きさ比較

箱の裏面には、以下のように穴が開いており、箱を開けずともアプリでギフト券情報を読み取れるようになっています。

クリスマスドットギフト券ボックスの裏面

クリスマスドットボックス開けると、以下のようなAmazonギフトカードが入っています。

クリスマスドットギフトボックスの蓋を開けた状態

蓋を開けた状態だと、なんかシンプル。

クリスマスドットギフトボックスの蓋を開けた状態(斜め)

蓋との対はこんな感じ。

クリスマスドットギフト券ボックスの蓋と中身

僕は今回、5000円で「5000円相当のギフトカード」を購入しました。

なので実質、箱はタダみたいなものです。無料でこの「クリスマス感のある小箱」が付属するのは、地味に嬉しいです。

何かちょっとした小物をプレゼントするときの小箱としても利用できます。

中に入っていたAmazonギフト券

中には、以下のようなシンプルなギフト券が入っていました。

クリスマスドットギフト券ボックスに入っていたギフトカード

ギフト券(ボックスタイプ)は、5000円~50000円の範囲で購入することができます。

裏面には、以下のようにギフト券情報が書かれています。

クリスマスドットギフト券ボックスに入っていたカードの裏面

ギフト券をアカウントに登録する

ギフト券をAmazonアカウントに登録するには、「はがしてギフト券番号を確認」と書かれたシールをはがします。

ギフト券番号の確認

そして出てきた、ギフト券番号(半角英数字の文字列)を利用します。

Amazonギフトカード裏面のシールを剥がす

ギフト券番号の登録

確認したギフト券番号をAmazonアカウントに登録するにはまず、Amazonにてログインして「アカウントサービス」を開きます。

Amazonにログインしてアカウントサービスを開く

「Amazonギフト券」メニューを開きます。

アカウントサービス画面でAmazonギフト券メニューを選択

「Amazonギフト券を登録する」ボタンを押します。

管理画面から「Amazonギフト券を登録する」ボタンを押す

「ギフト券番号」を入力して「金額を確認」ボタンを押してください。

ギフト券番号を入力して金額を確認

表示される金額に問題がなければ「アカウントに登録する」ボタンを押してください。

金額が表示されたらアカウントにトークするボタンを押す

すると「登録後のギフト券残高」にギフト券の金額が加算されます。

5,000がお客様のギフト券アカウントに追加されました。

これでギフト券の登録作業は完了です。

まとめ

今回購入した「クリスマスドット」デザインのAmazonギフト券ボックスは、名前からしても完全にクリスマス用といった感じです。

デザインは言わずもがな。

クリスマスドットボックスギフト券

赤・緑・白が非常に良いバランスです。

なので、クリスマスに利用するのが最も効果的かつ無難かと思います。

クリスマスに、いまどきの子供でも流石に、以下のようなことは言わないとは思います。

クリスマスプレゼントはいらないからAmazonギフト券ちょうだい

ただ、そこはかとなく近いニュアンスのことを言われる場合も、この先あるかもしれません。

また、甥っ子や姪っ子など、少し遠い近親者だと、「クリスマスプレゼントあげたいけど、何を上げたら良いかわからない」なんて事ならば結構あります。

そういった場合は、これからのデジタル時代「Amazonギフト券をあげる」というのが喜ばれる時代も来るのかもしれません。

というか、子供も「おじさんが選ぶものより、自分の欲しい物を買いたい」なんて思うこともなきにしもあらずで。

少し世知辛いですが、いい意味でも悪い意味でも、クリスマスに金券を贈る形式としては、優れたものだと思います。

ボックス自体も綺麗だし、箱代も無料なので。

サイト Amazonギフト券ボックスタイプ