Kindle端末の保護カバーを購入。開閉でオン・オフできるのは楽。

年に1度の大セールAmazonプライムデー開催中!!
Amazonプライム会員のためのビッグセール

保護カバーを開くとスリープ状態から復帰

先日、最安のKindle端末を購入しました。

僕が、Amazonプライム会員になってから1年以上が経ちました。 この1年、僕はAmazonプライムを以下のような主目...

これが、クーポンで割引したら、わずか5000円弱の機種でありながら、電子書籍を読むために使いやすく作られています。久々に「なんでもっと早く購入しなかったんだ…」と思うぐらいに素晴らしい買い物でした。

僕は普段もKindleを利用しますが、通院時にも持ち出して、待ち時間に本を読んだりして、非常に有用に使わせてもらっています。

ただ、外出時には、カバンに入れてKindleを持ち出します。けれど、「カバンの中に入れたものがKindleの液晶にぶつかって傷がつかないだろうか?」と気になったもので、Kindleカバーを購入することにしました。

Kindle用のカバーといえば純正のものも売っています。

ただこれ、僕が4980円で購入したKindleに対して、カバーの値段が2980円。本体の値段の約6割の価格のカバーなんて、流石に高く感じて購入できませんでした。

なので「もっと安いカバーはないのか?」と探したら、純正ではありませんが、手頃な価格のカバーがあったので以下を早速購入しました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

購入したKindle保護ケース

それで、実際に届いたのが以下の保護ケースです。簡単な袋に入って届きました。

簡単な袋に入ったKindle保護ケース

中身を取り出すとこんな感じ。高級感のあるレザー調の白色カバーです(13色の中から色選択可能)。

Amazon Kindle保護カバー(白)

表面、裏面ともに特に模様などはありません。

Amazon Kindle保護カバー(裏面)

スマホ(iPhone 5C)と大きさを比較すると、こんな感じ。

Kindle保護カバーとiPhone 5Cの大きさ比較

Kindle端末に対してのこんな感じです。こんな感じです。ちょうど良い大きさ。

Kindle端末と保護カバー

保護カバーを開けてみると、以下のような黒色の緩衝材が入っています。

Kindle保護カバーの中に入っている緩衝材

緩衝材を取り出すと、こんな感じ。

保護カバーをしたままでも、Kindleの電源操作をしたり、充電ができるように以下のような切れ込みが入っています。

Kindle操作用の切れ込み

実際に、Kindle端末を嵌め込んでみると以下のようになります。

Kindle保護カバーに端末をはめ込んだ状態

保護カバーの蓋を閉じると、Kindle端末もスリープ状態になります。

保護カバーを閉じるとスリープ状態

保護カバーを開くとスリープ状態から復帰するオートスリープ機能がついています。

保護カバーを開くとスリープ状態から復帰

画面をスワイプしてロックを解除すれば、すぐに電子書籍を読み始められます。

スワイプでロックを解除して本を読み始められる

ちなみに、以下のように「完全にKindleの電源を切った状態」でカバーを閉じてもスリープ状態になります。
Kindleの電源を切った状態で保護カバーに収納
そして開くとスリープが解除された状態で開きます。

保護カバーを利用する利点と難点

保護カバーを利用してみて感じた利点と難点についてまとめるとこんな感じ。

利点

今回購入した保護カバーの利点は以下。

  • 保護カバーの開閉でKindle端末のオン・オフができるのが楽
  • カバン等に入れて持ち歩いても液晶を傷つける心配がほぼない
  • 保護カバーをしたままでも電源操作や充電に支障はない
  • シンプルなデザイン
  • Kindle端末を嵌め込んだ後のガタツキもない
  • Kindle純正カバーにはない白色があった(白色Kindle端末に合わせられる)
  • Kindle純正カバーの値段の半額以下
  • 13色の中から選べる

やっぱ、電源ボタンを探すまでもなく、カバーの開閉でオン/オフ操作できるのは、誰にでも直感的に使えるので楽ですね。もちろん、液晶の保護カバーとしても申し分なしです。

あと、純正ではない安物だったので、品質はそこまで期待していませんでした。けれど、思った以上に、レザー調のカバーの見た目も手触りも良かったです。

僕は単純に「保護カバー」としての役割を期待して購入したのですが、十分に有用に役立ってくれています。

難点

反対に、使ってみて感じた難点は特になかったです。

あえて言うなら、これぐらいでしょうか。

  • 裸Kindleで利用するよりは保護カバー購入費がかかる
  • いたって普通の見た目(取り立てておしゃれな見た目ではない)

正直僕は、シンプルなデザインが好きなので、「いたって普通の見た目」というのは、難点というよりは利点です。ただ、もっと「デザイン性が高いものを…」と思う方には、物足りないかもしれません。

まとめ

今回僕が「Kindle保護カバー」を購入した当初の目的は、「液晶画面の保護」でした。

けれど実際に使ってみて、一番便利に感じたのは「オートスリープ機能」です。やっぱり、「閉じたらOFF」、「開いたらON 」というのは、人間行動学的にも理にかなっていて分かりやすいです。

今回購入した「Kindle保護カバー」はこちら。

「Amazon Kindle純正の保護カバー」はこちら。