Amazonギフト券印刷タイプの使い方。謎だった使いどころを考察。

Amazonギフト券印刷タイプ

僕は、何かにつけてAmazonギフト券を結構利用します。

これまで、メールタイプチャージタイプボックスタイプグリーティングカードタイプ封筒タイプは自分で使ってみて、レビューしてきました。

これまで、Amazonギフト券の大抵のタイプは使ってきましたが、唯一使いどころがわからなくて、まだ使ってなかったのが印刷タイプです。

Amazonギフト券の印刷タイプはまだ使ったことがない

なので、今回実際に自分で使ってみて、「印刷タイプの使いどき」などについても考えてみました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

Amazonギフト券印刷タイプとは

印刷タイプAmazonギフト券

Amazonギフト券の印刷タイプは、自分で印刷して相手に贈ることができるAmazonギフト券です。

注文後すぐに自分で印刷することができるので、急な利用も可能です。

Amazonギフト券を印刷

印刷タイプのギフト券は、15円~50万円の範囲であれば、自由な金額で相手に贈ることが可能です。

Amazonギフト券(印刷タイプ)

ただ、「印刷タイプ」なだけあって、プリンターを所持していないと相手に贈ることができないので注意が必要です。

なので「すぐに利用したいけどプリンターがない」なんて場合の選択肢は、メールタイプしかありません。

先日、友人に僕の苦手なサーバーの設定を手伝ってもらいました。 手伝ってもらったサーバーの設定は、友人の得意分野だったので「お金...

Amazonギフト券印刷タイプはデザインも豊富

印刷タイプのギフト券は、印刷タイプギフト券販売ページから15円~50万円の範囲で購入することができます。

印刷タイプAmazonギフト券

印刷タイプは、30種類以上の豊富なデザインの中から選んで贈ることができます。

Amazonギフト券印刷タイプは様々なデザインを選べる

Amazonギフト券印刷タイプの使い方

印刷タイプのギフト券を贈るには、印刷タイプ販売ページを開きます。

Amazonギフト券(印刷タイプ)販売ページ

とりあえず今回は、Amazonロゴタイプの印刷ギフト券の購入ページを開きました。

ただ、デザインは後からでも自由に変更可能なので、どれを選んでも好みのギフト券にカスタマイズできるかと思います。

印刷ギフト券ページを開くと、以下のような画面が表示されます。

印刷ギフト券のカスタマイズ画面

印刷ギフト券のカスタマイズ画面では、以下のようなことを入力するだけです。

  1. タイプの選択(デザイン選択)
  2. ギフト券金額の選択
  3. メッセージの入力
  4. 数の入力

取り立てて難しい入力もないので、5分とかからず「印刷タイプギフト券」を作成することが可能です。

タイプの選択(デザイン選択)

まずは、「印刷タイプギフト券」のデザインを選択します。

Amazonギフト券(印刷タイプ)のデザイン選択の様子

「タイプを選ぶ」項目にある「他を見る」を選択すると、全デザインの中から選ぶことができます。

タイプを選ぶから「他を見る」をクリック

30種類以上のデザインがあるので、「ギフト券を贈る目的」に合ったものがある程度見つかるかと思います。

Amazonギフト券印刷タイプのデザイン選択

僕は、「何かを手伝ってもらった時のお礼」としてAmazonギフト券を贈ることが多いので、今回「ありがとう(ハードワークおつかれさま)」のデザインを選択してみました。

ありがとう(ハードワークおつかれさま)

「力仕事などを頼んだ時のお礼」として、良さそうなカードです。

僕は怪我の後遺症があって、体が思うように動かないので、力仕事を頼むことが結構あったりするので。

ギフト券金額の選択

次に、ギフト券で贈る金額を選択します。

印刷タイツギフト券の金額を選択

15円~50万円の範囲であれば、「金額を入力」部分に入力すれば、自由な金額を設定可能です。

2017-04-14_12h07_58

メッセージの入力

次に、贈る相手にメッセージの入力を行います。

Amazonギフト券印刷タイプのメッセージ入力

入力できるメッセージは、150文字、8行までとなっています。

数の入力

最後に、贈る相手の数に合わせて、「数量」を入力します。

Amazonギフト券印刷タイプの数量を入力

大抵は、1人の方に贈ると思うので、デフォルトの状態でOKです。

レジに進む

全ての入力を終えたら、「レジに進む」ボタンを押してください。

ギフト券タイプの設定を終えたら「レジに進む」ボタンを押す

最後に、注文を確定すればOKです。

Amazonギフト券印刷タイプの注文を確定

注文後印刷する

注文を完了すると、あなたのメールアドレスに5分以内にメールが「ご注文のAmazonギフト券(印刷タイプ)の印刷準備ができました。」といったタイトルのメールが届きます。

メールの中身は、以下のような簡素なものとなっており、この中の印刷用リンクをクリックします。

ご注文のAmazonギフト券(印刷タイプ)の印刷準備ができました。

すると、以下のようなPDFファイルがダウンロードされます。

Amazonギフト券印刷タイプでダウンロードされるPDFファイル

これを、自宅等にあるプリンターで印刷します。

出力した「印刷タイプギフト券」がこちら。

印刷して出力したAmazonギフト券(印刷タイプ)

このように、金額もサンキュー(3900円)といったように自由に変更できるのも印刷タイプの良いところです(メールタイプでも可能)。

印刷タイプとメールタイプは自由な金額設定が可能

これを、以下のように折り畳み、封筒などに入れて、相手に贈ればOKです。

Amazonギフト券印刷タイプを折り曲げた状態

プリンターで出力した紙なわけなので、自筆のメッセージを書き込むことが出来るのも利点ではないでしょうか。

こんな感じで、注文と、印刷を合わせても、10分とかからず利用できるかと思います。

ギフト券の登録方法

Amazonギフト券を利用するには、「ギフト券番号」をAmazonアカウントに登録する必要があります。

詳しい登録手順は以下を参照してください。

Amazonギフト券を貰ったとしたら登録作業が必要です。 登録作業を行わないまま1年が経過してしまうと、ギフト券が失効してしま...

とりあえず「ギフト券番号確認して登録するだけ」なので特に難しいことはないかと思います。

Amazonギフト券(印刷タイプ)の使いどき

今回実際に「印刷タイプギフト券」を使ってみたところ、以下のようなときが「印刷タイプ」の使いどきだと感じました。

  • すぐに相手に贈りたいとき(すぐに贈れるのはメールか印刷タイプしかない)
  • メールのような電子情報ではなく手元に残るものを贈りたいとき
  • 印刷したギフト券に手書きのメッセージを添えて贈りたいとき
  • 印刷したギフト券を自ら用意した凝った封筒に入れて贈りたいとき

とりあえず、「手渡し出来るものをすぐさま贈りたいとき」なんかは、「印刷タイプギフト券」がその目的に合致すると思います。

まとめ

今回、自分で利用してみるまでは、「印刷タイプでギフト券はどんな時に使うんだろう?」といつも思いながら、他のタイプのギフト券を使用していました。

ただ今回、実際に使ってみたことで、「素早く手の込んだものを贈りたいときは印刷タイプギフト券一択なんだな」ということが分かりました。

Amazonの方も、当然そこらへんの需要調査の後に、こういったギフト券を出しているんだと思います。

Amazonギフト券の種類いろいろ

ちゃんと、「どのタイプも意味があって、これらの種類が用意されているんだなぁ」と。

サイト Amazonギフト券印刷タイプ

その他のAmazonギフト券

Amazonギフト券は、使いどきに合わせて、いろいろな種類が選べます。

先日、友人に僕の苦手なサーバーの設定を手伝ってもらいました。 手伝ってもらったサーバーの設定は、友人の得意分野だったので「お金...
先日、お世話になった友人にAmazonギフト券でお礼をしました。 この、メールタイプのAmazonギフト券は、「気軽に...
先日、友人にいろいろお手伝いをしてもらうことがありました。 そのお礼の品としてAmazonギフト券のメールタイプを送ったら、凄...
僕は、何かお世話になった方にAmazonギフト券を贈ることが多いです。 中でも、メールタイプのギフト券は、メールアドレスさえ分...
最近は、何かしらでAmazonギフト券を贈ることが多くなってきました。 というのも、ものすごく手軽ですし、Amazonユーザー...