Amazonビジネスで請求書払い設定を行う方法をやさしく解説

Amazonビジネスの請求書払い

Amazonビジネスは請求書払いに対応しています。

ビジネスアカウント内で「請求書払い」の設定を行うと、月末締め翌月払いで請求書が発行され、1ヶ月の注文代金を翌月まとめて支払うことができます。

この請求書払いは、以下のような際に便利かと思います。

  • 利用ユーザーの支払い・配送先を全て会社名義にしたい
  • 購入商品をまとめた請求書を月末に一括で欲しい
  • 資金繰り等の関係上、月末にまとめて支払いたい

ということで以下では、Amazonビジネスで「請求書払い」にする設定方法を紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

請求書払いを行うための主な手順

「請求書払い」を行うには、Amazonの管理画面で以下の設定を行うだけです。

  1. 共通支払い方法の設定
  2. 請求書払いの設定

5分程度あれば余裕で終わる設定なので難しくはないです。

共通支払い方法の設定

まずはAmazonビジネスにログインし、メニューから「ビジネスアカウントの設定」を選択します。

ビジネスアカウントの設定

「支払い方法と配送先住所の設定」を選択します。

支払い方法と配送先住所の共有

支払い方法と配送先住所は管理者が設定し(複数設定可能)、ユーザーが利用する(共通の支払い方法・配送先住所)」を選択し、「更新」ボタンを押します。

支払い方法と配送先住所は管理者が設定し(複数設定可能)、ユーザーが利用する(共通の支払い方法・配送先住所)

複数のグループを設定している場合は、それぞれのグループで上記の設定を行ってください。

請求書払いを設定する

上記設定を行うと「ビジネスアカウントの設定」画面で「請求書払いの設定」リンクが有効になるので選択します。

請求書払いの設定

「請求書払いの設定」画面では、利用限度額も表示されます。

請求書払い限度額の表示

僕の場合は初期値で25万円でした。

まずは「請求先住所」がきちんと入力されているか確認。不備がある場合は修正してください。

請求先住所の確認

次に「買掛管理者連絡先情報」を入力します。

買掛管理者連絡先情報

ここでの電話番号は請求書にも記載されます。

最後に「請求書の締め日」を確認し、「請求書(PDF)が届くメールアドレス」を入力後、「設定の完了」ボタンを押してください。

請求書払いのオプション

設定が保存されると「請求書払いを利用して購入できるようになりました 」と表示されます。

請求書払いを利用して購入できるようになりました

これで「請求書払い」が利用可能になりました。

請求書払いをやめる方法

請求書払いをやめるには、「ビジネスアカウントの設定」を選択します。

ビジネスアカウントの設定

「支払い方法と配送先住所の設定」を選択します。

請求書払いをやめる

支払い方法と配送先住所はそれぞれのユーザーが個別に設定・利用する(個別の支払方法・配送先住所)」を選択して「更新」ボタンを押します。

支払い方法と配送先住所はそれぞれのユーザーが個別に設定・利用する(個別の支払方法・配送先住所)

こうすることで、個別の支払いとなり、配送先住所もそれぞれのユーザーが指定したものになります。

請求書に関する質問と回答

「請求書払い」に関する「よくある質問と回答」がこちら。

請求書に社印は押されるか?

請求書には電子印が押されます。実印の押印は受け付けてないです。

請求書のサンプルがこちら。

Amazonビジネス請求書のサンプル

請求書払いの支払期間はいつまで?

請求書払いの請求は月末締めで、支払い期限は翌月末までです。銀行振込にて支払う必要があります。

詳しくは請求書払いポリシーを参照してください。

請求書払いで購入可能な限度額は?

購入可能限度額は、請求書払いが利用可能になり次第、Eメールで連絡があります。

購入可能限度額は請求金額の入金をAmazonが確認したタイミングでリセットされます。

購入可能限度額は「ビジネスアカウントの管理」から確認できます。

僕の場合は、デフォルトで25万円でした。

請求書利用可能限度額

請求金額の入金先は国内送金扱いか?

Amazon自体はアメリカの会社ですが、請求金額の入金は、日本国内の銀行への国内送金扱いになります。

入金先は請求書内に書かれています。支払い期限までに銀行窓口、ATM、ネットバンキング等で支払う必要があります。

請求書払いで買えない物はあるか?

基本的にwww.amazon.co.jpで販売しているすべての商品を購入できます。

ただし、デジタルコンテンツやAmazonギフト券など請求書払いに対応していないものは、購入できない場合があります。

まとめ

実際に設定してみた感じ、結構簡単に「請求書払い」設定を行うことができます。

請求書払いにすることで、会社(個人事業)に対して一括で請求書が届くので、支払いも一括で行うことができます。

また、月毎に購入した商品がまとめられた請求書が届くので、経理的メリットがあるケースもあるかと思います。税理士等に、経理書類として提出するのも楽ですし。

ということで「購買品はまとめ払いがしたい」とか「購入物の請求書はまとめたもので欲しい」なんて場合は、非常に便利な機能かと思います。

サイト Amazonビジネス

請求書払いに関する情報。

参考 請求書払い

参考 請求書払いポリシー

参考 お支払い方法と配送住所