ハンズフリーで使える「Zoomies メガネ型双眼鏡」を買ってみた

Zoomies 双眼鏡 眼鏡型タイプ

季節もすっかり春めいてきました。

外に出ても寒くないので、たまには庭に出てのんびりするのも良いかと思います。外に出て、景色を眺めながら鳥の声を聞くなんて風流じゃありませんか。

けれど、わずかなこの過ごしやすい時期、ただ景色を眺めるのもいいですが、もっとアクティブに遠くの山々や鳥の動きを見てやろうということで、双眼鏡を買おうと思い立ってしまいました。ただ、普通の双眼鏡だと持つのがダルイということで眼鏡型の双眼鏡を買ってみることに。

※フジテレビのドラマ「ヒーロー2」の8話で木村拓哉演じる久利生公平が使用していたのがこれです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

実際に届いたもの

で、実際に届いたものがこれです。

Zoomies眼鏡型双眼鏡

なんだかどっかで見覚えが、と思ったら2002年日韓W杯のときに宮本恒靖選手が装着していたマスクに似ています。

開くとこんな感じ。

Zoomies眼鏡型双眼鏡

結構ゴツイ。近未来ものの漫画に出てきそうなフォルム。けれどこれは通常状態(倍率1倍)でのフォルムです。

最高倍率4倍にすると、こんなになります。

Zoomies眼鏡型双眼鏡

oh…。お世辞にもかっこよくはないです。

上から見るとこんな構造。

Zoomies眼鏡型双眼鏡、上から見た図

この眼鏡のツルの部分にあるダイヤルを回すとズーム倍率が変化します。

Zoomies眼鏡型双眼鏡、ズーム変更

そのほかには、こんな感じの眼鏡収納袋と眼鏡用のストラップがついてきました。

Zoomies眼鏡型双眼鏡、収納袋

使ってみた感想

実際に使ってみたところ、双眼鏡を持たなくてよいため、楽は楽です。グラス部分が重そうなので購入前は「バランスが悪そうだな」と思っていたんですが、装着してみると意外とそういったことはなく思いの外しっくりと顔にはまりました。

で、倍率最大にしてみたのですが、確かに遠くのものが近くに見えます。裸眼で見るよりは確実に大きくハッキリ見えます。

ただ、この双眼鏡グラスの最高倍率は公称4倍となっているんですが、実際に見てみた感想としては2倍~3倍程度の大きさに見えます。遠くの静的な(景色的な)ものを見るのであれば普通の双眼鏡とかの方が良いかもしれません。

けれど、遠くにある小さくて動くもの、例えば鳥とかを見るには、動きの追いやすいこのグラスはいい仕事をしてくれます。遠くから小さな選手を追いかけるサッカー観戦なんかにもなかなかよさそうです。倍率がそこまでを大きくないので、周囲の状況も見れます。

とは言っても安い中国製ですので、決して日本製のリアル双眼鏡並みの精巧さは求めてはいけません。

 

あと、使ってしばらくして気づいたんですが、この双眼鏡グラスにはサングラス機能も付いていました。

円で囲んだ部分を、矢印の方向に動かせばサングラスになるそうです。

双眼鏡グラスのトグルスイッチ

実際にやってみてみると、景色が、ほんのーーりセピア色に変わっただけでした。

なんか「ALWAYS 3丁目の夕日」的なほんのり具合。説明書読んでみると「紫外線を抑止する効果はありません」みたいなことが書いてありました。

うん、意味ないね。

 

という事で、2~3倍で遠くのものの動きを追いたい場合には、なかなかいいと思います。