静音なのに涼しくておすすめ!山善デスクファンで夏の暑さに挑む

山善デスクファンの箱

今年は早くも暑くなってきました。

夏のデスク作業で辛いと言ったら、一番に思いつくのがやはり暑さです。デスクなどでパソコン仕事をしようにも、暑いとやる気も出ませんし、効率も上がりません。

ただ暑いからといって、USBファンを購入しても、今度はうるさくて集中できなかったりなんてことも。

そんな人にお勧めな、静音性とパワフルさを併せ持つデスク用ファンの紹介です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

山善(YAMAZEN) デスクファン

購入して届いたのがこれです。

山善デスクファンのパッケージ

山善デスクファンの特徴は以下のようになっています。

  • 電源はコンセントから取る
  • 風量が強と弱の2段階調整できる
  • 電気代は1時間0.5円
  • 音が静か(USBファン比)

用途は、デスク作業はもとより、マニキュアの乾燥やパックの乾燥などにも利用できるようです。

こんな使い方に最適

中身を取り出すと、こんな感じです。

山善デスクファンを取り出した状態

中身は、いたってシンプルです。なので、セットアップも操作も簡単です。

コンセントをさして、真ん中のスイッチを回せば、「電源切(OFF)→弱(1)→強(2)」と切り替えられます。

山善デスクファンの正面

風は正面の左右の送風口から送り出されます。

横から見た状態。吸風口は、横面の左右に2つ付いています。

山善デスクファンの横面

このように、ある程度角度を変えることもできます。

山善デスクファンの横面(角度を変えた状態)

裏面にあるコードの長さは1.4mです。

山善デスクファン裏面

机の上から、床近くにあるコンセントにも余裕で届くような長さです。

実際に使ってみた感想

山善(YAMAZEN) デスクファン ホワイトブルー YDS-J143(WA)

購入後、何日か使ってみました。

静音性

まず最初に思ったのが「静か!」ということです。

風の強さには、強と弱がありますが、弱だとほとんど音は気になりません。弱なら、寝室に置いて寝る前に使っても良いくらい静かです。

強だと多少音は大きくなりますが、それでも羽がむき出しのUSBファンよりも静かか、同等ぐらいだと思います。

パワフル

この山善デスクファン、音が静かとともに感じたのは、そのパワフルさです。

やはり、100v電源から電力を受けているだけあって、風量はかなり満足のいくものでした。

弱だと静かなうえに、それなりの風量があるので、ちょっと涼しい日に点けると逆に寒くなってしまうくらいの十分な風が届きます。

強だと、もはやデスクファンというより、普通の小さな扇風機ぐらいの風量に感じます。夏の暑い日でも、これだけの風量があれば、かなり満足のいくものになると思います。

さすがに、コンセント直結のファンを使った後は、USB電源のファンは、非力&うるさくて、今後ちょっと使いたくないくらいです。(USBファンでも静かなのはあるかもしれませんが、僕が使っていたのはうるさかった)

難点

僕が個人的には思う難点を1つ挙げるとすれば、結構場所をとるということです。

大きさは、幅15cm×高さ15cm×奥行き14.5cmもあります。15cmの立方体があると考えるとわかりやすいかと思います。両手に持っても、はみ出すくらいの大きさがあります。

ですので、スペースが狭いデスクの場合は、置き場所がないということも考えられます。

やはり、スペースのことを考えるなら、USBファンに軍配が上がると思います。

まとめ

幸い僕のデスクには、スペースは十分にありました。

なので、暑い日には、「音が静か」と「パワフル」という両方の恩恵を受けてパソコン作業などを行うことができます。気温が暑い日などは、フルに点けて、かなり爽快に作業ができるようになりました。

電気代も、1時間に0.5円と、エアコンに比べたら無いに等しい安さです。エアコンの温度を1度下げて、こちらのデスクファンを利用した方が、涼しく感じるとともに、電気代の節約にもなるのではないかと思います。

ということで「静かさと、強力さと、使いやすさを併せ持つデスクファンを探している」なんて方は、山善のデスクファンはお勧めです。