初心者でも作業時間15分でWordPressをインストールする方法

サイバーマンデー
Amazonプライム会員限定の大セール「サイバーマンデー」開催中!プライム会員限定の大セール

WordPressは、今や個人だけではなく、多くの大企業にも多数利用されています。

その理由としては、

  • 初心者でも簡単に使える
  • SEOとの相性が非常に良い
  • SNSとの相性も良い

などがあるでしょう。これは、Wordpress開発陣がこれらのことを考慮に入れ最適化して開発してくれているたまものでもあります。そんな使うだけで、上げ底で有利になっているWordpressを使わない手はありません。

ただ、Wordpressの「セットアップ」とか「インストール」とかを聞くと、初めて行う場合は、どうしても身構えてしまうものがあると思います。

実際に、本でもWEBでも難しい記述を見かけることもあったりして。

そんなことで、Wordpressを使わないことはもったいないので、ここでは初心者にでもわかるように、一つ一つ手順を踏んでWordpressのインストール方法を解説したいと思います。

photo credit: Huasonic via photopin cc

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

作業ステップ

ここで記す作業手順を、一つ一つこなすことによって終わる頃には、すぐにWordpressが使える状態になりように説明したいと思います。

行うことを、大きく分けると次の日4つのステップになります。

  1. サーバーの取得
  2. ドメインの取得
  3. サーバに料金を支払う
  4. WordPressをインストールする

ちなみに、上記の手順には、初心者が最も混乱しがちなFTPを使用した作業は含まれないので、安心してください。

必要なもの

上記の手順を行うにあたって、必要となるものを先に述べておきます。

  • サーバー代金、初期費用3150円、月額1050円
  • ドメイン代金、年950円

これらの必要経費を合わせると、1年目に1万6700円。2年目には1万3350円コストがかかる計算になります

あなたが本気でブログを始めるのであれば、この初期投資は必要と考えてください。

それでは一つ一つ手順を解説していきたいと思います。

サーバーの取得

WordPressをセットアップするには、まずWordpressをインストールするための場所となるレンタルサーバーが必要です。

世の中にレンタルサーバーは数あれどを、そんな数あるサーバーの中でも僕はエックスサーバーを推したいと思います。

その主な理由は以下。

  • 月100万PV以上のブログで利用しても安定して動作するバックボーンの太さ
  • 動作スピードが速いので、訪問者・管理者ともストレスを感じない
  • 初めて利用する人でも使える直感的でわかりやすいシンプルな管理画面
  • 運営能力の高さ、サポートは早く、電話サポートまである

詳しくは「本気でブログを始めるならレンタルサーバーは、XSERVERがお勧めな理由」でも説明しています。

それではエックスサーバーを開いて、申し込み作業を始めたいと思います。

メニューにある「お申し込み」メニューをクリック

レンタルサーバー_高速・高機能・高安定性の【エックスサーバー】_122513_123359_PM

お申し込みボタンをクリック

XSERVER新規お申し込み

新規お申し込みボタンをクリック

XSERVER新規お申し込みボタン

利用規約・個人情報の取り扱いについて同意する

利用規約・個人情報の取り扱いに同意する

新規サーバーの申し込みをクリック

新規サーバーの申し込みをクリック

希望のサーバーIDを入力する

サーバーIDは、半角英数字及びハイフン記号(3文字以上、12文字以下)で希望するもの入力してください。入力を終えると「検索」ボタンを押してください。

希望のサーバーIDを入力して検索ボタンを押す

検索したサーバーIDにエラーが出なければ、「お申し込み」ボタンをクリックしてください。何らかのエラーメッセージが出た場合は、別のサーバーIDを入力してください。

XSERVERのお申し込みボタンを押す

エックスサーバーお申し込みフォームに必要な情報を入力する

XSERVERお申し込みフォーム

申し込みフォームの下部には、サーバープランを選択する箇所がありますが、これは、最も値段が安い「x10」プランで十分です。入力が完了したら、「お申し込み内容の確認」をクリックしてください。

XSERVERお申し込み内容の確認

サーバーを申し込む

確認画面が出ますので、「お申し込みをする」ボタンを押してください。

XSERVERに申し込む

設定完了のメールが来るまで待つ

申し込み完了画面が表示されたら登録完了です。これより、24時間以内にサーバーの設定が行われ、終わり次第エックスサーバーから完了メールが届きます。

24時間となっていますが、大体1~3時間以内に届くと思うので、時折メールをチェックしてみてください。

完了メール待機

ここで、結構な待ち時間ができてしまうので、その間にドメインを取得してしまいましょう。

ドメインの取得

WordPressを使用するには、ドメインも必要になります。

ここでは、ムームードメインからの取得方法を解説したいと思います。

まずは、ムームードメインにアクセスしてください。

ドメインの入力欄に希望のドメインを入力し、「検索」ボタンを押す。

ムームードメインで検索

表示されるドメイン候補から目的のドメインを選択する

ドメイン候補

新規登録ボタンをクリック

ログイン画面が表示されます。ムームードメインのアカウントを持っていない場合は「新規登録」ボタンをクリックしてください。アカウントを持っている場合は、〇〇まで飛ばしてください。

新規登録ボタンをクリック

入力画面に記入

入力画面が現れるので、希望のID、パスワード、個人情報などを入力して「内容確認へ」ボタンをクリックしてください。

入力画面に記入

「ユーザー登録」ボタンを押す

入力内容確認が表示されるので、「ユーザー登録」ボタンを押してください。

ユーザー登録ボタンを押す

ドメイン設定をする

「ドメイン設定」の「ネームサーバ(DNS)」は「今はまだ使用しない」を選択してください。これは、ネームサーバにエックスサーバーのものを使用するためです。

ドメイン設定

あとは、支払い方法入力したら「内容確認へ」ボタンをクリックしてください。支払い方法は、できれはクレジットカードがお勧めです。

入力内容を確認し「お支払いへ」ボタンをクリック

入力内容の確認画面が出るので、内容に間違いがなければ、利用規約の同意ボタンにチェックし「お支払いへ」ボタンをクリックしてください。

お支払いへボタン

支払い情報を入力し「取得する」ボタンをクリック

支払いがクレジットカードの場合は、クレジットカード情報を入力し「取得する」ボタンを押してください。

クレジットカード情報の入力

「 ドメインの取得が完了しました。 」 というメッセージが表示されれば取得作業は完了となります。

コントロールパネルにログインする

ログインしてコントロールパネルを開きます。

コントロールパネルに「ドメイン一覧」が表示されるので、先程取得したドメインをクリックしてください。

ドメイン名をクリック

ネームサーバーの変更

「ドメイン情報」や「WHOIS情報」などが表示されますが、画面をスクロールしていって「ネームサーバー設定変更」ボタンをクリックしてください。

ネームサーバー設定

ネームサーバー設定変更場面が表示されるので「paperboy&co.以外 のネームサーバを使用する」をチェックし、ネームサーバ1からネームサーバー5までを次のように設定してください。

ネームサーバー1:ns1.xserver.jp
ネームサーバー2:ns2.xserver.jp
ネームサーバー3:ns3.xserver.jp
ネームサーバー4:ns4.xserver.jp
ネームサーバー5:ns5.xserver.jp

ネームサーバーの入力

入力を終えると一番下にある「ネームサーバー設定変更」ボタンをクリックしてください。

ネームサーバーの設定変更ボタン

「ネームサーバの設定を変更しました」と出たら設定完了です。

レジストリ、レジストラやプロバイダでの反映には2~3日かかる場合があります。反映されるまでしばらくお待ち下さい。

と表示されますが、大抵の場合は2時間~8時間の間に設定が反映されます。その間、次の作業を進めましょう。

エックスサーバーの設定

ドメインを取得し終わったら、先ほど途中までとなっていたエックスサーバーの設定を再開します。

設定完了のメールを確認する

上記の手順を終える頃には、あなたのメールボックスには「サーバアカウント設定完了のお知らせ」というメールが届いている頃でしょう。

サーバーアカウント設定完了のお知らせ

この中には以下の重要な情報が含まれているので、このメールは大切に保管しましょう。

▼ユーザーアカウント情報

会員ID:MEMBERID
メールアドレス:YOUR@MAIL.ADDRESS
パスワード:PASSWORD
インフォパネル: https://www.xserver.ne.jp/login_info.php

▼サーバーアカウント情報

サーバーID:SERVERID
パスワード:PASSWORD
サーバー:svXXX サーバー
サイトのURL:http://SERVERID.xsrv.jp/
サーバーパネル:https://www.xserver.ne.jp/login_server.php

FTPホスト:SERVERID.xsrv.jp
FTPユーザー:SERVERID
FTPパスワード:SERVERID(サーバーIDのパスワードと同一です)
Mailサーバー:SERVERID.xsrv.jp

このメールは絶対なくさないようにしてください。

インフォパネルにアクセスする

インフォパネルにアクセスしてください。インフォパネルは、ユーザーの登録情報の確認、変更、利用期限の確認等を行うための管理システムです

先程のメールに書かれている情報を使ってログインします。

XSERVER インフォパネル

サーバー代金を支払う

ログインが終わったら、以下の赤枠で囲ってある「料金のお支払い」をクリックしてください。

XSERVER代金のお支払い

すると「料金のお支払い」画面が表示されるので、「サーバーご契約一覧」の項で次の手順を行いましょう。

  1. サーバーのチェックボックスをチェックする
  2. 更新期間を選択する(お勧めは1年)
  3. 「お支払い方法を選択する」ボタンをクリック

XSERVERサーバー契約の一覧

すると「支払い方法選択画面」に移ります。支払い方法は、「銀行振込」「クレジットカード」「コンビニ決済」「ペイジー」の四つから選択できるようになっています。この中で、クレジットカードでの支払いを選択すると、次回から更新が切れる事に自動で引き落としてくれるので、毎年契約する手間が省けます。

ドメインとエックスサーバーを関連付ける

再度インフォパネルトップページへ戻ります。

「ご契約一覧」の項にサーバーパネルへのログインリンクがあるのでクリックしてください。

サーバーパネルへログイン

サーバーパネルへログインするので、下図の赤枠で囲まれている「ドメイン設定」をクリックしてください。XSERVERのドメイン設定を行う

「ドメインの追加設定」をクリックします。

XSERVERドメインの追加設定

入力欄に先程ムームードメインで取得したドメインを記入してください。「.com」や「.net」などはプルダウンメニューから選択してください。入力が終わりましたら、「ドメインの追加(確認)」ボタンをクリックしてください。

XSERVERドメインの追加

「以下のドメインを追加しますか?」と聞かれますので「ドメインの追加(確定)」ボタンをクリックしてください。

靴サーバに度目を追加する(確定)

この作業を持って、エックスサーバーの設定は終了です。次は最も簡単なWordpressのインストール作業を行うだけです。

※ドメインとエックスサーバーの関連付けが終わるまでは多少の時間がかかります。気長に待ちましょう。以下の作業は、待たなくても、そのまま行えます。

WordPressをインストールする

サーバーパネルの設定対象ドメインを変更する

まずはサーバーパネルの下図の部分が、設定対象のドメインであることを確認してください。

設定対象ドメインが違っている場合は、プルダウンメニューから選択して「設定対象ドメインの変更」ボタンをクリックしてください。

XSERVER対象ドメインの変更

設定対象ドメインは、サーバーパネルの右上で確認できます。

XSERVER現在の設定対象ドメイン

WordPressを自動インストールする

サーバーパネルのメニューの中から「自動インストール」をクリックしてください。

XSERVER WordPressの自動インストールをクリック

自動インストール画面に移るので、「プログラムのインストール」ボタンをクリックしてください。

XSERVERプログラムのインストール

エックスサーバーが自動インストールできるプログラムの一覧が表示されます。一覧の中から下の方に「WordPress 日本語版」があるのでそれをインストールします。「インストール設定」ボタンをクリックしてください。XSERVERWordpressインストール設定

WordPress初期設定の入力欄が表示されるので入力してください。XSERVER WordPress設定入力欄

個別の項について解説します。

  • インストールURL:
    基本的にそのままで十分です。入力欄に文字を入力すると、トップディレクトリ以下に新たにディレクトリを作ってインストールします。
  • ブログ名:
    好きなブログ名を入力してください。後からでも変更可能です。
  • ユーザー名:
    WordPressのログインに使うユーザー名を入力してください。後から変更はできません。Adominなどの推測されやすい名前は、なるべく避けることをお勧めします。
  • パスワード:
    WordPressのログインに使うパスワードを入力します。
  • メールアドレス:
    このメールアドレスにWordpressから情報が届きます。後から変更可能です。
  • データベース:
    「自動でデータベースを生成する」を選択してください。

すべての入力が終わったら、「インストール(確認)」ボタンをクリックしてください。

あとは確認画面で「インストール(確定)」ボタンをクリックすればWordpressのインストールは完了です。

ログインしてWordpressを使ってみよう

最後に、ログインの方法だけ記しておきます。

ログイン方法

WordPressにログインするには、「http://あなたのドメイン/wp-admin」にアクセスすると以下のようなログイン画面が表示されます。先程のデモドメインで説明すると、「http://demo-nelog.com/wp-admin」にアクセスすることになります。

Wordpressログイン画面

先程、Wordpressのインストール時に入力した「ユーザー名」と「パスワード」を入力し、ログインボタンを押すと、Wordpressがあなたの自由に編集できるようになります。

これですべての作業が終了です。サーバーの設定といっても、一つ一つ手順を踏んでいけばそれほど難しいものではなかったのじゃないでしょうか?とは言っても、面倒な作業であることには変わりないですよね。この記事が少しでもお役に立てたなら幸いです。お疲れ様でした。

サイト エックスサーバー