公開前のWordPressサイトをパブリックに晒したくないときは「wp-nologin-redirect」プラグインがよさそう

今日、以下のプラグイン記事を目にしました。

12436288584_94d6bc46d2_b.jpg
こんにちは、YATです。WordPressのプラグイン「wp-nologin-redirect」を、ちあきちゃんと作ったのでご紹介。

このプラグインが、これからWordpressでサイトを作成しようっとしている人に便利そうだったので紹介。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

「wp-nologin-redirect」プラグインとは

wp-nologin-redirect

このwp-nologin-redirectプラグインは、Wordpressにログインしているユーザー以外には、コンテンツを表示しないプラグインです。(ログイン画面が表示される)

このプラグインが有効活用されるときは、サイト公開前になります。

サイト公開前に、コンテンツをパブリックにしたくないときに、このプラグインを利用します。

すると、ログインアカウントがあるサイト制作者や、顧客は自由にサイトの状況を見ることはできるけど、外から偶然訪れた人や検索エンジンのクローラーなどには、コンテンツは見られなくなります。

そして、公開時に利用を止めれば、サイト公開と同時にコンテンツも公開ということが出来るようになります。

プラグインの設定

設定はとても簡単で、単にインストールして有効化するだけです。

これだけで、コンテンツへのURLを入力しても、ログインページへリダイレクトされます。

ですので、サイト作成前にこのプラグインをインストールして、サイト完成直前にアンインストールして使うという使い方がよさそうです。

※あらかじめコンテンツをGoogleにクロールさせておきたいなんて場合は、使用したらダメです。

インストール前

インストール前は、普通にコンテンツが表示されます。

インストール前

インストール後

インストール後は、コンテンツにアクセスしようとしても、全てログイン画面に飛ばされます。

インストール後

Welcome to this site. Please log in to continue

これまで僕がやってたこと

僕はこれまでWordpressサイト公開前でコンテンツを作っている時に、投稿ページなどをGoogleにクロールさせたくないときは、Wordpressの設定で「インデックス拒否」行っていました。(GoogleにURLを通知していなくて、パブリックなサイトから被リンクを受けていないときは、クロールされないのかもしれませんが一応)

WordPressの設定で「設定→表示設定→検索エンジンでの表示→検索エンジンがサイトをインデックスしないようにする(チェック)」をしてました。

検索エンジンがサイトをインデックスしないようにする

こうすると、クロール拒否設定のrobots.txtが作成されるので、まともな検索エンジンなら、インデックスされることはありません。

ただこの方法、下手にクロール拒否のrobots.txtが、先にGoogleクローラーに読まれてしまうと、「クロール拒否設定」を外しても、次にクローラーが回って来てrobots.txtのクロール許可を確認しない限り、コンテンツをインデックスしてくれません。

ウェブマスターツールなどでチェックすると、以下のように表示される状態になります。

説明
「サイトマップにアクセスしようとした際にエラーが発生しました。サイトマップがガイドラインに従っており、指定した場所からアクセスできることを確認してから、再送信してください。」


robots.txt により URL が制限されています

こうなると、もう一度クローラーが回ってくるまで、ひたすら待たないといけません。

サイト公開時でクローラーが一番回ってきて欲しい時に、いつ来るかわからないクローラーをただ待つというのは結構つらいものです。

サイト公開時に、クローラーが回ってこようが、2週間後に回ってこようが、後々のアクセスにそこまで影響はないと思います。ただ、こういった仕組みを知らずに設定していた場合は焦りますし、サイト公開時にちょこっとつまずくのもあまり気分の良いものではありません。

wp-nologin-redirectを利用すると、こういったことに気を遣う必要はなくなります。

まとめ

というか、僕がWordpressサイトを作るとき、いつもrobots.txtの制限で失敗するもので。次何か作ることがあるときは、このプラグインを使用したいと思います。

あと、wp-nologin-redirectで見られなくなるのは、あくまでコンテンツで、URLを直接入力すれば、画像やスクリプトファイルは見れるので注意してください。