ツイートやYouTube動画を簡単にWordPress記事へ埋め込む方法|Windows Live Writer向け

サイバーマンデー
Amazonプライム会員限定の大セール「サイバーマンデー」開催中!プライム会員限定の大セール

Twitter

最近、Twitterの「ツイートの埋め込み」をするのが面倒臭く感じるようになりました。

「ツイートの埋め込み」とは以下のようにTwitterからサイト埋め込み用のコードを取得して貼り付けます。

ツイートの埋め込み

これが、1つや2つならいいのですが、何個も埋め込結構面倒です。Windows Live Writerからだと、ちょっと余計に手間もかかります。

そこで今回は、そんな面倒な作業を軽減する方法の紹介です。

photo by Garrett Heath

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

WordPressエディターでの簡単な埋め込み方法

WordPressエディターでツイートなどを埋め込むのは簡単です。

単にブラウザ上のエディターに、ツイートなどのURLを貼り付ければOKです。

ツイートもなにもないところをクリックし

ツイートのURLの出し方

URLをコピーして

ツイートのURLをコピー

こんな感じでブラウザのエディターに貼り付けるだけ。(もし自動的にリンクされるようなら解除する)

Wordpressエディターに貼り付ける

記事を公開すれば勝手に「ツイートをサイトに埋め込む」で行うスクリプト貼り付けと同等のことが行います。

こんな感じに表示されます。

YouTubeの動画を貼り付けるのも、個別ページのURLを貼り付けることで同様に行えます。

埋め込み機能を使えるサイト

WordPressの自動埋め込み機能は以下のサイトに対応しています。

oEmbed – WordPress Codex 日本語版

Windows Live Writerでの埋め込み方法

WordPressエディターでは上記のように簡単にメディア埋め込みができます。

しかし、Windows Live Writer(以下WLW)などのブログエディターなどから直接投稿を行った時は、URLがそのままテキストで表示されてしまいます。

Twitter URLがそのまま表示される

これに対処するには、WLWエディター上で次のようなショートコードを用いて記入すると、WLWからそのまま投稿しても、公開時に、しっかり埋め込み表示されます。

こんな感じで幅を指定したりなんかもできますよ。

YouTubeの動画の埋め込みなどでは、幅が指定できるととても便利です。

Windows Live Writerでさらに楽に埋め込み

WLWで、さらに簡単に埋め込みを行うには、Dynamic Templateプラグインを使用すると更に楽になります。

詳しい使い方は、以下を参照してください。

参考 Windows Live Writerプラグイン「Dynamic Template」活用法

以下のように、設定すると次回からは、URLを貼り付けた後に選択してDynamic Templateプラグインも動作させるだけで埋め込み用のショートコードを挿入することができます。

Windows Live Writerプラグインを用いたショートコードの埋め込み

テンプレート

こんなふうにダイアログでURLを入力する設定にしてもいいかもしれません。

ツイート埋め込みダイアログ

設定はこんな感じです。

Windows Live Writerプラグインでダイアログを用いて入力する設定

テンプレート

まとめ

このような方法をとることで、Windows Live Writer上からでもツイートの埋め込みが、かなり楽になりました。

今回紹介したような、記入方法をすることで、記事のソースコード自体もスッキリと書くことができます。そうすることで、後から見返した時にコードの可読性が上がり、とても読みやすくなりますよ。

『ツイートやYouTube動画を簡単にWordPress記事へ埋め込む方法|Windows Live Writer向け』へのコメント

  1. 名前:coffeebeans 投稿日:2014/06/06(金) 16:29:41 ID:2bf6b9f52

    とても参考になりました。ありがとう!

  2. わいひら 名前:わいひら 投稿日:2014/06/06(金) 16:48:23 ID:6bad113ae

    記事がお役に立って良かったです。