こいつ…軽いぞ!Windows用Androidエミュレーター「Windroy」のインストールと使い方

これまで、Androidエミュレーターに関しては、GenymotionとBlueStacksを紹介してきました。

Androidエミュレーター「Genymotion」のインストール方法。パソコンで様々なモバイル端末環境を構築可能。
最近、Genymotionというソフトを知りました。 Genymotionは、オープンソースで開発されている高速な仮想Androidエミュ...
スマホを持ってなくてもパソコンでLINEを始める方法。スマホを持てない、使えない人向け。
2014年11月5日以降の書き込みから、BlueStacksでLINEアプリをインストールしようとすると、エラーが出るとの報告が出てきま...

これとは別にWindowsで軽快に動作するWindroyというのを最近使ってみている、その使い方などの紹介です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

Windroyとは

Windroyページ

Windroyは、Windows上で、スマートフォンで利用されるOSのひとつであるAndroidをエミュレートするソフトです。

Android Open Source Project (AOSP)のものを、Windowsカーネルに移植したせいか、動作がものすごく軽快で、サクサク動きます。

設定すれば、Google Playも利用できるようになります。けれど、デバイス情報ではじかれて、Google Playの検索結果にも表示されないアプリも多数あります。

個人的には、Windowsで、Androidブラウザの簡単な動作確認などをするには、向いているといった印象です。

Windroyのインストール

インストールするには、まずWindroyからファイルをダウンロードしてください。

Windroyをダウンロード

ダウンロードした「windroy_20140113.exe」といったファイルを実行します。

windroy_20140113.exe

すると、以下のようなインストーラー画面が表示されるので、基本的には、全て「Next」ボタンを押していけばOKです。

Windroyのインストール最初

「I accept the agreement」にチェックをしてください。

使用を許可する

「Next」を押して進んでいくと、インストール場所を聞かれます。特に理由がない場合は、デフォルトの「C:\Windroy」でOKかと思います。以下でも、デフォルト設定箇所にインストールしたとして説明します。

インストールフォルダの選択

次のスタートメニューフォルダの選択も、そのままであとは「Next」ボタンだけをしていればインストールが完了します。

スタートメニューフォルダの選択

ユーザー登録

インストールをしたら、「C:\Windroy\windroy_root」にある「android.exe」を起動します。

インストーラーで、Windroyのショートカットを作成したときは、こんなの。

Windroyのショートカット

すると、以下のような登録画面が表示されるので、以下の情報を入力します。

  • 名前
  • 苗字
  • メールアドレス
  • 会社(任意)

レジスター画面

この登録は、ただ入力すればOKみたいです。特にWEBからの認証作業などは必要ありません。(※登録時「OK」を押すとエラーが出るかもしれませんが、その後動作します。)

すると、以下のようなAndroid画面が全画面表示で立ち上がります。

Windroyが全画面表示で立ち上がる

Windroyの初期設定

Windroyデフォルト状態では、表示が英語になっており、入力も英語入力になっています。

それを、変更する方法を以下で紹介します。

こんな画面が表示されたら、「OK」を押してください。

Make yourself at home

次に、以下のような画面が表示されたら、右上にある「アプリ」ボタンを押してください。

アプリをタップ

すると、以下のような画面が表示されますので、「Settings」をタップしてください。

2015-07-02_11h34_25

すると、以下のような設定画面が表示されます。

Windroy Androidの設定

使用言語の変更

使用言語を変更するには、「Language & input」メニューから「Language」項目を選択します。

使用言語の設定

すると、言語の一覧が表示されるので、スクロールをしていき1番下の「日本語」を選択します。

使用言語に日本語を選択

選択を終えてしばらく待つと、設定項目など全てが日本語表示されます。

Windroy Androidの日本語化成功

キーボードと入力方法の設定

入力方法を選択するには、「言語と入力(日本語化後)」メニューから、「キーボードと入力方法」項目の「デフォルト 英語(米国)Androidキーボード」となっているところを選択します。

Windroy言語と入力からキーボードと入力方法の選択

すると、以下のような「入力方法の選択」画面が表示されるので、「Japanese IME」を選択します。

Windroy入力方法の選択画面

これで、「キーボードと入力方法」が「Japanese IME」に選択されました。

Windroyのキーボードと入力方法がJapanese IMEに選択された

これで言語に関する設定は終了です。

※この状態でも、パソコンのキーボードから日本語入力はできません。

動作確認

これで、Androidブラウザなどを起動して、検索などをしてみると、検索できます。

Windroy Androidブラウザで寝ログを検索

当サイトのトップページを表示させてみると、以下のようになります。

Windroy Androidブラウザで寝ログを閲覧

WindowsでAndroidブラウザの簡単な動作確認だったら、これが最も軽快に動作する環境かもしれません。

注意点

ただし、Windroyを使ってみて見た感じ、以下のような注意点もあります。

  • 画面幅がフルスクリーン固定
  • なので、狭い端末の表示確認などには不向き
  • Google Playなども導入できるけど、端末情報ではじかれて検索に表示されないものが多い
  • Google Playを導入したりすると、動作が不安定になる
  • Genymotionのように端末の選択はできない
  • おそらく中華製のソフトではないかと思われる

まとめ

このWindroyは、他のWindows用Androidエミュレーターと比較して、動作はかなり早いです。

なので、パソコンから、素早く立ち上げて、Androidブラウザでの簡単な動作確認をするのには、向いていると思います。

ただ、早さと、機能と、安定性、できることの多さ、トータルで見るなら、やはりGenymotionやBlueStacksに軍配が上がるかと思います。

Androidエミュレーター「Genymotion」のインストール方法。パソコンで様々なモバイル端末環境を構築可能。
最近、Genymotionというソフトを知りました。 Genymotionは、オープンソースで開発されている高速な仮想Androidエミュ...

けれど、Windroyでは、Google Playの導入がとても簡単です。(使わせてもらえないアプリは多いけど)

ちょっとした(有名どころでない)アプリならば、手軽に試せるかと思いますある

その方法なども、機会があれば書きたいと思います。

 

追記:書きました。

Androidエミュレーター「Windroy」でGoogle Playアプリが利用できる環境の作り方
先日、Windroyのことについて書きました。 ただ、上記の設定だけでは、GoogleのPlayストアを利用できないので、今回はW...