Windows10を使い始めてフォントが汚い時にやったら良いこと

サイバーマンデー
Amazonプライム会員限定の大セール「サイバーマンデー」開催中!プライム会員限定の大セール

先日、仕事用のパソコンをWindows10で購入しました。

ドスパラでブログ用の17インチWindows10ノートパソコンを購入してみました
ちょっと、仕事用に1台パソコンが必要になりました。 1年前に、パソコン工房でブログ用パソコンを購入したのですが、別にもう1台必要になっ...

セットアップを済ませて、ブラウザを開いてみると、以下のように文字がガタガタになってしまっていました。

TrueTypeテキスト設定前

以下では、このWindows10のフォントを問題の解決方法を2通り紹介します。

  • ClearTypeテキストを有効にして調整する
  • Windows10のシステムフォントを変更する

どちらも、それほど難しい設定ではないので、5分ほどで設定できるかと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

ClearTypeテキストの有効化

Windows10インストール時は、ClearTypeテキストが有効化されていません(Windows8、7もだけど)。

ブラウザなどの文字がガタガタで読みづらいときは、とりあえずClearTypeテキストを有効化して、調節してあれば滑らかなフォント表示になります。

ClearTypeテキストを設定するためにはまずコントロールパネルを開きます。

Windows10でコントロールパネルを開くには、スタートボタンを右クリックします。

Windows10のスタートボタン

すると、以下のようなポップアップメニューが表示されるので「コントロールパネル」を選択します。

コントロールパネルを選択

コントロールパネルが表示されたら、「デスクトップのカスタマイズ」をクリックします。

コントロールパネルでデスクトップのカスタマイズを選択

次の画面で「ディスプレイ」を選択します。

デスクトップのカスタマイズでディスプレイを選択

ディスプレイ画面で、「ClearTypeテキストの調整」をクリックします。

ディスプレイ画面でClearTypeテキストの調整をクリック

すると、「ClearTypeチューナー」が表示されるので「ClearTypeを有効にする」にチェックを入れ「次へ」ボタンをクリックします。

ClearTypeを有効にする

モニターに関する情報が表示されるので、問題なければ「次へ」ボタンを押してください。

ClearType中なのモニター画面

あとは、以下のように複数のテキストが表示されるので、読みやすい方を選択して「次へ」ボタンを押していきます。

読みやすいテキストを選択していく

進めていくと以下のようにどんどん選択肢が表示されるので、どんどん選択していきます。

どんどん読みやすいテキストを選択

テキストは、全部で5回選択する必要があります。

テストは全部で5回選択する

とにかく、読みやすいものをどんどん選択していきます。

とにかくどんどんテキストを選択する

で、5回目の選択肢でラストです。

5回目のテキスト選択がラスト

最後に「完了」ボタンを押せばClearTypeテキストチューナーの設定は終了です。

ClearTypeテキストチューナーの完了

この設定により、以前は以下のような表示だったのが、

TrueTypeテキスト設定前

以下のように滑らかなフォントで表示されるようになりました。

ClearTypeテキスト設定後

システムフォントを変更する

Windows10からシステムフォントが「游ゴシック(Yu Gothic UI)」になっています。

Windows10のシステムフォント

Windows Vista/7の時は「メイリオ」。

Windows7のシステムフォント

Windows8/8.1の時は「メイリオUI(Meiryo UI)」でした。

Windows8のシステムフォント

このフォントの違いにより、違和感を感じフォントが汚く感じてしまう原因になっているのかもしれません。

この問題を解決するには、システムフォントを変更する必要があります。

しかし、Windows10には、デフォルトでシステムフォントを変更するのはありません。

そこで、代替手段として、手軽に変更を行うために、フリーソフトを用いて変換を行います。

そのフリーソフトの名前は、その名も「Windows10 フォントが汚いので一発変更!」といいます。

Windows10 フォントが汚いので一発変更!に移動して、ダウンロードボタンを押してください。

Windows10 フォントが汚いので一発変更!のダウンロード

ダウンロード後、「FontChanger.zip」というファイルがダウンロードされるので解凍します。

押して中にある「FontChanger.exe」を起動します。

FontChanger.exeの起動

すると、以下のようなインターフェースが表示されるので、あとは好みのフォントを選択するだけです。

Windows10 フォントが汚いので一発変更!のインターフェース

僕の個人的な好みとしては、Windows8/8.1の「メイリオUI(Meiryo UI)」が読みやすくて好きです。これまでWindows8.1を利用してきた慣れというものもあるのでしょうが。

まとめ

以前使っていたWindows環境から、急にWindows10環境に移行して、「うわっ!フォントがガタガタで汚い!」とか「フォントに違和感…」となったら、上記の方法が有効かと思います。

それにしても、Windowsは、慣れ親しんだフォントやインターフェースをコロコロ変更するのはやめて欲しい…。