WordPress投稿・固定ページにWindows Live Writer起動リンクを作りブログ編集作業を時短する方法

file000909879658

Windows Live Writer(以下WLW)は、Wordpressの投稿ページなどに編集リンクを作成し、クリックして記事を読み込むことで、WLWが起動し手軽に編集を行うことができます。

それについては以前も書きました。

自ブログ見てて「あ、ここ直したい」と思ったら、即Windows Live Writerで記事を編集できるようにする方法
自分のブログの過去記事を読んでいて、修正箇所を見つけることってよくあると思います。 誤字脱字を見つけたときや、記事に誤りがあっ...

ただ、この方法だと投稿ページはワンクリック編集できたとしても、固定ページはできませんでした。

ただ昨日、久しぶりに「固定ページでもワンクリック編集機能を付けることができないか」とググってみたら、ようやくその方法が書いてあるページを見つけたので、その方法を紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

Windows Live Writerの簡単編集機能

Windows Live Writer

WLWの簡単編集機能とは、WLW用のリンクをWordpressに仕込んでおくことにより、そのリンクがクリックされたとき、WLWが起動し、そのページの記事が読み込まれ、手軽に編集できる機能です。

この機能を利用するには、WLWをインストールすることはもちろん、プラグインをインストールしておく必要があります。

WLW Post Downloader Pluginの設定

プラグインは、WLW Post Downloader Pluginをダウンロードしてきます。

How to edit old postings with the WLW

あとは普通にインストールするだけです。

WLW Post Downloader Plugin

Windows Live Writer呼び出し用のフォーマット

WLWを呼び出すには、以下のようなURLで呼び出す必要があります。

投稿ページ

これは前回の記事でも書いた方法です。

プラグインをインストールし終わった段階で、ブラウザのアドレスバーに

と入力すれば、Windows Live Writerが起動して記事を編集できます。

固定ページ

前回、調べても見つからなかった、固定ページを手軽に編集できる方法をググって、見つけることができました。

その、呼び出すためのフォーマットは以下。通知を設定後、アドレスバーに入力するとWLWの固定ページ編集エディターが立ち上がります。

「postid」を「pageid」にすれば良いだけだったんですね。

以下のイタリア語か何かのページで、一件だけようやく見つけることができました。

参考 (11) – A Ovest Di Paperino – Windows Live Writer Post Download Plugin

フォーマットをWordpressで利用

上記のフォーマットを、Wordpressからリンクを貼って利用するには、以下のように記述します。「nelog.jp」となっている部分は、環境に合わせて変更してください。

投稿ページの場合

投稿ページ用のWLW編集リンクを作成するには以下のように記述します。

通常は、single.phpテンプレートあたりに記述します。

固定ページの場合

固定ページ用のWLWリンクを作成するには以下のように記述します。

通常は、page.phpテンプレートあたりに記述します。

表示確認

このように書くことで、投稿ページでも固定ページでも以下のような編集リンクが作成されます。

WLWで編集リンク

こういったリンクをクリックすることで、以下のように記事が読み込まれます。

記事の取得中

読み込んだ後は、すぐに編集ができるような状態になります。

投稿ページを読み込んだ後

固定ページを読み込むと、以下のような固定ページ用のエディターが立ち上がります。

固定ページ読み込み後

まとめ

このように、Wordpressに編集リンクを作っておくことで、手軽にWindows Live Writerから記事を呼び出して、編集を行うことができます。

こういった編集用リンクがない場合、通常は以下の作業が必要になります。

  1. WordPress管理画面にログイン
  2. 投稿・固定ページ一覧などから編集したいページを探す
  3. 見つからない場合は検索
  4. 記事リンクをクリックして編集画面を開く

今回の方法は、こういった手間を大幅に省き、クリック一発で記事編集できる環境が立ち上がるため、長い目で見れば、結構な時間短縮になるのではないかと思います。