Windows Essentials内のWindows Live WriterをインストールとWordPress初期設定方法

サイバーマンデー
Amazonプライム会員限定の大セール「サイバーマンデー」開催中!プライム会員限定の大セール

かなり前に、ブログエディター「Windows Live Writer」のインストール方法を書きました。

ブログエディター「Windows Live Writer」のインストールとWordpress用初期設定方法
Windowsで、Wordpressの記事を書くなら、マイクロソフト製の「Windows Live Writer」がお勧めです。 ここでは...

けれど、このWindows Live Writerは、古いバージョンのもので、より機能と安定性を求めるなら、Windows Essentialsに内包されているWindows Live Writerを利用したほうが何かとはかどります。

以下では、そのWindows Essentialsのインストールと、Windows Live Writerの設定方法を紹介したいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

主な手順

Windows EssentialsのWindows Live Writerをインストールして設定するには、主に以下の手順が必要です。

  1. Windows Essentialsのダウンロード
  2. Windows Essentialsのインストール
  3. Windows Live Writerの設定

一つ一つ、手順通りに行っていけば、難しい設定などは特にないと思います。

Windows Essentialsのダウンロード

まずは、Windows Essentialsから、「今すぐダウンロード」ボタンを押してファイルをダウンロードします。

Windows Essentials - Microsoft Windows

ダウンロードが完了すると「wlsetup-web.exe」というファイルが作成されます。

2016-04-02_10h55_25

Windows Essentialsのインストール

次に、「wlsetup-web.exe」を起動して、インストールを行います。

以下のようなダイアログが出たら「はい」を選択してください。

Windows Essentialsインストール時のユーザーアカウント制御ダイアログ

「.NET Freamwork 3.5」というランタイムがインストールされていない場合は、以下のような画面が表示されるので「この機能をダウンロードしてインストールする」をクリックしてください。

.net Freamwork 3.5のインストール

すると、自動でダウンロードが始まって、

.NET Freamwork 3.5のダウンロード

インストールが開始するのでしばらく待ちます。

.NET Freamwork 3.5のインストール 中

「.NET Freamwork 3.5」のインストールが終わると、以下のような画面が表示されるので「閉じる」ボタンを押してください。

.NET Freamwork 3.5のインストール完了

すると「インストールするプログラムの選択」画面が表示されるので「インストールする製品の選択」をクリックします。

Windows Essentialsでインストールする製品の選択

すると、以下のような「インストールするプログラムの選択」画面が表示されます。

インストールするプログラムの選択画面

ここでプログラムを選択するわけですが、Windows Live Writer以外が特に必要ない場合は、「Writer」以外のチェックをすべて外してください。

Windows Live Writerのみを選択する

プログラムの選択が済んだら「インストール」ボタンをクリックしてください。

インストールするプログラムの選択画面でインストールボタンを押す

すると、Windows Essentials 2012のインストールが開始されるのでしばらく待ちます。

Windows Essentials 2012のインストール

インストールが完了すると、以下のようなダイアログが表示されるので「閉じる」ボタンを押してください。

Windows Essentials 2012のインストール完了

これでインストールは完了です。

Windows Live Writerの設定

Windows Essentialsがインストールされたら、スタートメニューの「すべてのアプリ」などからWindows Live Writerを探して起動してださい。(スクリーンショットはWindows10のもの)

スタートメニューの全てのアプリ

Windows Live Writerがあると思うので起動します。

スタートメニューからWindows Live Writerの起動

すると、Windows Essentials 2012の規約同意画面が表示されるので「承諾」ボタンをクリックします。

Windows Essentialsの規約同意画面

すると「Windows Live Writerの構成」画面が表示されるので「次へ」ボタンを押します。

Windows Live Writerの構成

次に「ブログサービスの選択」画面が表示されるので、「Wordpress」を選択して「次へ」ボタン押してください。

ブログサービスの選択画面

次に、「ブログアカウントの追加」画面が表示されます。

ブログアカウントの入力画面

当サイトの場合は、以下のような感じで「サイトのURL」、Wordpressログイン時に使用する「ユーザー名」と「パスワード」を入力しました。

ブログアカウントの追加で寝ログの追加

「パスワードを保存する」にチェックを付けると、毎回利用ごとにパスワードを入力する必要がなくなるので、セキュリティに不安がある場合を除いては、チェックをつけておくことをおすすめします。

アカウント情報を入力したら「次へ」ボタンを押してください。

すると以下のように、ブログアカウントの設定が開始されます。

Wordpressの設定中

途中「ブログテーマのダウンロード」ダイアログが表示されたら「はい」を押してください。

ブログテーマのダウンロード

ブログテーマをダウンロードすることによって、「ブログの見た目」と「Windows Live Writerで編集中の見た目」が同じ表示形式になるため編集しやすくなります。

WordPressテーマによっては、うまくブログテーマを取得できない場合もあります。うまく取得的ない場合は、初めのうちはスルーした方が良いかも。どうしても、テーマを反映させたい場合はテーマ更新を成功させる方法もありますが、結構難しいので初心者向けではないです。

設定が完了すると「ブログで構成されました」というダイアログが表示されるので「完了」ボタンを押してください。

ブログが構成されました

以下のように、Windows Live Writerが起動されれば、初期設定は完了です。

インストールして初期設定を終えたWindows Live Writer

これで、Windows Live Writerの初期設定は終了です。お疲れ様でした。

まとめ

Windows Essentials内のWindows Live Writerを利用すると、作業効率が段違いなので、Windowsでブログを書く場合は、インストールして利用することをおすすめします。

Windows Live Writerにも、ちょっとした不具合がないわけではないのですが、それを差し引いたとしても、ブログ記事の生産能力に雲泥の差があると思います。

加えて、以下のような設定やプラグインを利用するとより生産性が上がると思います。

【改訂版】WindowsブロガーのためのWindows Live Writerプラグイン15選
僕のようなWindowsでブログを書いている者にとっては、ブログエディターのWindows Live Writerは欠かせません。 W...
最近まで知らなくて損した気分、Windows Live Writerプラグイン「Dynamic Template」活用法
最近、「Dynamic Template」というWindows Live Writerのプラグインを使い始めました。 これが、ブログの...
【Windows Live Writer】Wordpressにソースコードを綺麗に挿入したいとき、押さえておきたいWLWプラグイン2つ
Wordpressにソースコードをキレイに表示したいとき、どうしていますか? 大抵の場合は、以下の二つのWordpressプラ...
Windows Live WriterでWordpressの編集を行うなら、まずやっておきたいアイキャッチ用の画像設定あれこれ
Windows Live Writerを使うにあたって、僕が最初にてこずったのは、画像の設定方法です。 デフォルト状態のままで...

僕は、記事を書くときは、Wordpressエディターでは書く気が起きないので、必ずWindows Live Writerから書いています。正直、ブログエディターなしでは、記事を書く気が起こらないほど、作業がはかどるソフトだと思います。