3.5億のCC写真の中から著作権放棄作品(CC0)を優先的に高精度で検索してくれるサービス「Visual Hunt」

サイバーマンデー
Amazonプライム会員限定の大セール「サイバーマンデー」開催中!プライム会員限定の大セール

当サイトは、かなりCC0写真のお世話になっています。

というのもCC0は、「著作者ができる限りの権利を放棄した作品」です。

なので、クレジット表記なしで使用しようが、商用利用しようが、作品に変更を加えようが、全然OKなもので、ライセンスを気にせず使えて使い勝手が良いからです。

ですので僕は近頃、ブログで利用する写真を探すときは、以下のような手順を行ってきました。

  1. とりあえずCC0写真を横断検索できるO-DANで検索
  2. 良いのが見つからなかったらFlickr検索サービス等を利用してCC写真検索

ただ、最近知ったVisual Huntは、上記の手順を1回の検索で行える、便利なフリー画像検索サイトだったので紹介です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

Visual Huntとは

Visual Hunt

Visual Huntは、3億5000万枚のクリエイティブ・コモンズ(以下CC)写真の中から、著作権を放棄したCC0写真を優先的に検索できる写真検索サイトです。

3億5000万枚という、膨大なCC写真を検索できるというだけでも魅力なのですが、その中でも使いやすい1万5000枚のハイクオリティなCC0画像が、検索結果上位に表示されるようになっています。(写真素材自体はいろいろなCC0写真サイトから収集したものが利用されています)

その他にも、検索を補助する様々な機能があったりして、使い勝手の良い画像検索サービスになっていると思います。

それらについて詳しくは以下の特徴で説明します。

Visual Huntの特徴

以下では、Visual Huntを使ってみて、便利に感じた部分などを挙げてみたいと思います。

使い勝手の良いCC0写真が検索上位に表示される

例えば、カメラの写真を探したくて「camera」と検索したとします。

Visual Huntでcameraと検索

すると、検索結果が表示されるのですが、上位は「著作権を放棄しているため使い勝手が良いCC0写真」が優先して表示されます。

Visual HuntではCC0写真が優先して検索結果に表示される

で、下にスクロールして調べてみたのですが、表示できるCC0写真がなくなったのを境に、クレジット表記等の義務があるFlickr等のCC写真が表示されるようになっています。

CC0写真がなくなったのを境にCC写真が表示される

CC0写真の場合は、そのまま写真をダウンロードしてサイトで利用してしまってOKです。

CC写真の場合は、写真をクリックして個別ページを表示すると、CCのライセンスも(英語ですが)わかりやすく表示され、クレジット表記用のタグも生成されています。

CC写真のライセンスも表示される

クレジット表記用のタグは、こんな感じになります。

Photo credit: purprin / Visual hunt / CC BY-NC-ND

以上のように、CC0写真と、単なるCC写真を、うまいこと混在させて検索でき、利用しやすいようにもなっています。

CC0写真にタグが詳しく割り振ってある

これは、CC0写真のみなんですが、写真それぞれに詳しくタグが振ってあります。

例えば、以下の苦悩の表情をうかべる男性の写真があったとします。

despair-alone-being-alone-archetype-archetypes

この写真に、これだけのタグが割り振られています。

Visual Huntでは大量のタグが割り振られている

一部だけでも書くと「孤独、危機、絶望、悲しい、人間、男、表現、感情、不幸」みたいなタグがつけられています。とにかく写真を見て検索キーワードとなりそうなタグが、これでもかというくらいに割り振られています。

なので、例えば「sad(悲しい)」などで検索をしてみると、以下のように、探すときに思い描くイメージと合致しやすいCC0写真が見つかりやすいです。

Visual Huntでsadを検索

ちなみに、同じキーワード(sad)を「Flickr(CC画像のみ)」で検索すると、以下のようになります。

Search- sad Flickr - Photo Sharing!

検索時のイメージと適合しているかは人それぞれではあります。けれど、Visual Huntの場合、イメージに合いやすい、精度の高い検索を行うことができるのではないかと思います。(特にCC0写真の場合)

検索の補助機能が便利

Visual Huntでは、検索を補助する機能も地味に助かります。

色検索

例えば、イメージしている色で検索したい場合は、以下のようなカラーバー部分をクリックします。

Visual Huntでは色で写真を検索できる

例えば、青色を検索すると青い色みがかった写真のみが表示されます。

Visual Huntで青色を検索した場合

緑色だとこんな感じ。

Visual Huntで緑色を検索

人気の検索ワードがカテゴリとして用意されている

あと、トップページには、よく使用される人気のキーワードがカテゴリ化されすぐに検索できるようになっています。

人気キーワードがカテゴリ化されている

例えば、Appleを表示するとこんな感じ。

Visual HuntでAppleで検索

Womenを表示するとこんな感じです。

Visual Huntでwomenで検索

このように、検索を手助けするための補助的な機能も便利です。

まとめ

このような感じで、Visual Huntは「CC0写真を高い精度で検索したい」なんて場合や「CC0写真と、単なるCC写真を併せて検索したい」なんて場合に、結構便利な仕様になっています。

Visual Huntという名前は、「ビジュアル(視覚)の探求(狩り)」みたいな意味がありますが、正にその通りのサービスだと思います。

 

個人的には、CC0写真探しなら、以下のO-DANとVisual Huntがあれば十分そうな感じです。

日本語を用いて海外無料写真サイトを横断検索できる「O-DAN」CC0写真探しに
著作権を放棄したCC0やパブリックドメイン写真は、今や当たり前のように多くのサイトで公開されています。 ブログなどで使う側からすると、...

O-DANは、多少検索に時間はかかりますが、日本語を自動で英語キーワードに変換して検索してくれます。

『3.5億のCC写真の中から著作権放棄作品(CC0)を優先的に高精度で検索してくれるサービス「Visual Hunt」』へのコメント

  1. 名前:nyandan 投稿日:2015/12/06(日) 06:42:46 ID:0f042484e

    いつも役立つ情報をありがとうございます。
    Visual Huntは色別に検索できるのはいいですね。画像の種類も質も高いし、こんな便利なものがあるとは知りませんでした。

  2. わいひら 名前:わいひら 投稿日:2015/12/06(日) 11:27:54 ID:462f75476

    色をイメージして検索することもあるので、色検索ができると見つけ安いですよね。
    Visual Huntは、おそらくいろいろなCC0写真サイトからかき集めているのでしょうけど、全てのサイトの画像を整理して、高精度で一括検索できるのはほんと楽です。
    CC0で見つからなかったら、CC写真をそのまま探せるし、よくできているなぁと思いました。