シリコンホルダーでペットボトルの持ち運びが楽になる「バーテックス ボトルムーバー」を購入してみました

サイバーマンデー
Amazonプライム会員限定の大セール「サイバーマンデー」開催中!プライム会員限定の大セール

バーテックス(VERTEX) ボトルムーバー 青

ペットボトルは優れた容器です。

ジュースやお茶などを購入するだけでなく、飲んだ後は、簡易的な液体の保存容器としても有効活用できます。

ただ、ペットボトル単体では、持ち運びするには、あまり向いた形状ではないかと思います。というのも、手に持って持ち歩くしかないからです。

そんな単体のペットボトルを手軽に持ち運ぶことができる「バーテックス ボトルムーバー」を購入してみて、使い勝手が良かったので紹介です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

実際に購入したもの

で、実際に購入したものが、以下のボトルムーバーです。

ボトルムーバー(タグ付)

商品のラベルがペットボトル型になっていて、「このようにペットボトルをぶら下げて利用するんだよ」というのが分かりやすいデザインになっています。

今回僕は2つ欲しかったので、黒色と青色の2種類購入しました。

ペットボトルムーバーの色は2種類、黒色と青色

で、ラベルなどをとりあずしたボトルムーバー本体が以下になります。(青色)

ペットボトルムーバー本体(青色)

横向きにするとこんな感じです。(黒色)

ペットボトルムーバー(黒色)

上記の写真で言えば、左側の白色のシリコン樹脂部分をペットボトルにはめて、右側のカラビナ(引っかけるためのフック)部分をリックなどに引っかけて利用します。

山歩きや散歩の時などに、ペットボトルを引っかけて利用すると便利かと思います。

実際に、付属していたラベルにも以下のように「ウォーキングや野山散策に便利」と推奨されています。500mlまでのペットボトルで利用できます。

ボトルムーバーのラベル

利用例を拡大するとこんな感じです。

ペットボトルボトルムーバーの利用例

バックやリュックにぶら下げたり、ベルト通し部分に引っかけて利用できます。

ペットボトルを引っかけて利用することにより、両手が空いた状態で歩くことができるようになるので、やっぱり自然散策などには便利そうです。

ペットボトルにボトルムーバーを取り付けるには以下のように、白色のシリコン樹脂部分を両手でグッと押し付けると、大した力も必要なくスポッと嵌ります。

ホルダーにペットボトルを付ける方法(scale)(x3.000000)

逆に外すときは、シリコン樹脂を両手で引き抜くように外します。

ホルダーからペットボトルを外す方法(scale)(x3.000000)

シリコン樹脂はしっかりとした作りではありますが、「片手で行うとペットボトルホルダーが切れる場合がある」とのことで注意が必要です。

手元にあった、経口補水液OS-1(500ml)のペットボトルに取り付けでみたところ、こんな感じになりました。

OS-1(500ml)にボトルムーバーを取り付けた状態

持ち手(福)部分を持って、少し強めに振ってみましたが、シリコン樹脂によりしっかりとホールドされ、ちょっとやそっとでは外れません。

リュックにつけた状態で、ダッシュしてもおそらく外れないと思います。

あと僕に届いたものは大丈夫だったんですが、レビューなどを見ていると、黒い紐の部分の強度が弱いとの報告もあるので、届いたものは、とりあえず縫い目などをチェックしておくと良いかもしれません。

まとめ

今回購入したボトルムーバーはシリコンの具合がちょうどよく、取り外しがとても簡単なペットボトルホルダーでした。

隣に住んでいる5歳の姪っ子でも、取り外しができるくらいシリコン樹脂は、「キツすぎず、緩すぎず、ちょうど良い塩梅」の締め付け具合になっています。

500mlのペットボトルに付けるとピタッと嵌まる作りになっています。

というわけで、「ウォーキングするのにちょうど良いペットボトルホルダーお探している」とか「リュックにペットボトルを取り付けられるようにしたい」なんて場合には便利かと思います。