Sublime Textでネーミングに悩んだ時などに!codicで英語関数名を手軽に取得する方法

先日、日本語名を入力すると英語の関数名などを出力してくれるcodicについて書きました。

関数や変数のネーミングに悩んだら「codic」に日本語名を入力するとある程度解決するかも
プログラミングで関数などのネーミングに頭を悩ませている人は結構おられるかと思います。 僕もその1人で、自分の名付けの何かヒントになれば...

このサービス、ネーミングで悩んだ時なんかに、結構な精度でよい名前を生成してくれるので、名前の参考情報として、かなり重宝しそうです。(今まで普通の辞書で調べてた)

codicは現在、APIを利用したプラグインも出しており、現在のところeclipseとExcel VBAに対応しています。

で僕が利用しているSublime Textはというと、プラグインと拡張には「//Coming soon」となっています。

Sublime Text3のcodicパッケージが間もなく公開されるかも

ただ僕の場合、codicがあまりにも便利だったので、パッケージを待ちきれず、すぐにSublime Textから利用したくなりました。

それで、「何か良い方法はないか?」といろいろ試してみたら、Sublime Textの右クリニックメニューから1発で、「日本語名→英語名」のような名前変換が利用できるようになりました。

こんな感じで。(取得系の関数例)

「HTMLソースを取得する」をcodicで変換

今回は、その設定方法と使用方法の紹介です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

codicを手軽に利用する設定方法

エディターからcodicを手軽に利用するその方法には、Online SearchというSublime Textパッケージを利用します。

詳しい初期設定方法や、使い方などは以下を参照してください。

Sublime Textで用途に合わせたネット検索設定を追加できる「Online Search」パッケージ
Sublime Textから手軽にGoogle検索する方法として「Google Search」パッケージを前回紹介しました。 ...

このパッケージのユーザー設定部分に検索設定を追加して、codicで関数名取得などをしてみたいと思います。

Online Searchのユーザー設定

Online Searchパッケージで、個別のユーザー設定をするには、「Preferences -> Package Settings -> Extended Tab Switcher -> Settings – User」から行います。

Online Searchパッケージのユーザー設定をクリック

僕は今のユーザー設定部分に、以下のように書いています。

これのポイントとなる部分は、以下の部分です。

上記の設定部分で、デフォルトの検索エンジンをcodicに設定しています。

ただ、そうすることですOnline Searchのデフォルト検索であるGoogleは検索利用できなくなってしまいます。

Google検索も手軽に使うには

上記の設定により、デフォルトでGoogleは利用できなくなってしまいました。

けれど、その代わりが必要ならば、Google Searchパッケージあたりを利用しておけば問題ないかと思います。

Sublime Textからクリック一発でGoogle検索ができる「Google Search」が地味に便利
僕が、エディターでプログラムをするときの参考情報として最も利用するのが、Google検索からのサンプルコードなどです。 僕の場...

Online Searchからcodicを利用する方法

で実際の、Sublime Textからcodicで関数名を取得する方法なんですけど、まずはSublime Textのエディター上にコメントなどで以下のように日本語の関数名を書きます。

こんな感じで。

あとは、その日本語名部分をテキスト選択し、右クリックメニューから「Online Search」メニューを選択します。(もしくは、テキストを選択した状態でCtrlAltSショートカットキー)

サーチオンラインメニューを選択

すると、ブラウザが開き、codic上で「日本語名→英語名」変換が行われます。

codic上で日本語名から英語名に変換する

あとは、出てきた名前を参考に、関数の定義などを行えばOKです。

codicで提案された名前を元に関数の定義

ここまでの、操作の流れをGIFで表すと以下のような感じになります。

Sublime TextからOnline Searchパッケージを利用してcodicで名前を取得する

このようにすることで、右クリックメニューからワンクリックで名前の参考をcodic上に表示させることができるようになります。

真偽値取得以外の関数名や、変数名、定数名、クラス名、英語エラーメッセージの取得となど、いろいろな場面で利用できるかと思います。

ただ、codicで日本語を変換すれば毎回、良い名前が出るというわけでもないので、あくまで参考程度に。今後ユーザーによるアップデートで、どんどん良くはなっていくと思います。

codicでコピーした関数名などは、そのままSublime Textに貼り付けると、改行が崩れたりします。

まとめ

こんな感じで、Sublime Textから手軽にcodicでプログラマー向けの変換辞書を使用できるようになりました。

いずれ、codicのプラグインと拡張に書かれているように、Sublime Textパッケージも公開されると思います。

けれど、「それまで待ちきれない」と言う方や、「ネーミングが苦手なんで、いますぐ手軽に使えるようにしたいんだ!」なんて方は、Online Searchでの設定も使い方も、とても簡単なのでおすすめです。