これで激痛ともおさらば!?腎臓・尿路結石を予防する食べ物まとめ

サイバーマンデー
Amazonプライム会員限定の大セール「サイバーマンデー」開催中!プライム会員限定の大セール

僕はあまり運動しないせいか、しょっちゅう腎臓結石ができて、それが降りてくることにより尿路結石になります。

尿路結石により、大きな病院で破砕をした回数は、この10数年で憶えているだけで7回以上もあります。僕の場合は、祖母も父親も結石持ちという、遺伝的要因も持ち合わせているというのもあると思います。

ただ何度なっても、やっぱり尿路結石って、キツイんですよね…。僕はこれまで、入院するたびにそのときの担当の先生に「何か結石を予防する方法はないんですか?」と聞いてみたりしていたんですが、、大抵の場合は、「水分を多く飲んで排出するようにしてください。」とか「運動をするしか…」とかしか言われません。

僕も結石にはなりたくないので、運動は障害のためできないとしても、毎日水分は、これでもかというくらい沢山飲んでいます。

それでも、ベッドに寝ている時間が多いせいか、どうしても結石になってしまいます。

そんな時に、テレビの番宣を見ていたらNHKの「ためしてガッテン」で結石特集をやると予告していました。それで「これは見逃しちゃならん!」という事で、早速録画予約するとともに、放送日に「ためしてガッテン結石特集」をみました。

その番組中に、「結石を予防する対策&食べ物」が紹介されていたので、以下にまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

野菜を多く摂る

まず、結石になりやすい人も特徴として、尿のpHが酸性の人が結石になりやすい傾向があるようです。

で、その尿が酸性になりやすい人の傾向として、「肉中心の食生活」をしているというのがあるようです。ですので、酸性尿を戻す食生活として、「野菜中心の食生活」を行うのがまずはか効果的なようです。

酸性尿になりやすい食べ物

番組では、酸性尿になりやすい食べ物として以下のようなものが挙げられていました。

  • コレステロールを多く含む食品
  • ほうれん草のような「シュウ酸」を多く含む食品はなるべく
  • プリン体を多く含む食品

こういったものを多く食べていると、尿中の「結石の元となる結晶」ができやすい状態になるようです。

シュウ酸が多い食べ物として、ほうれん草、大根、ナスなどがあります。プリン体を多く含む食品として、ビール、数の子・いくら(魚卵類)などがあります。

シュウ酸が含まれ食べ物やプリン体が含まれる食物
©NHK ためしてガッテン

酸性尿を抑える食べ物

では、酸性尿になりにくい食べ物はというと、以下のようになります。

  • 野菜
  • 海藻
  • 果物
  • 豆腐

当たり前のことかもしれませんが、肉と野菜のバランスの良い食事を摂ることで、結石になるリスクを減らすことができるようです。とにかく、偏った食事は良くないということですね。

酸性食品とアルカリ性食品
©NHK ためしてガッテン

尿とPH

基本的に、健康な人の尿のpH値は6.5くらいの「弱酸性」だそうです。

これが、より酸性に傾いた5.5ぐらいになると腎臓・尿管結石の元となる結晶ができやすい状態になるといわれています。

pHは、食事の内容によっても変わるので、1日か2日、5.5になっても問題はないそうです。ただ、pH5.5の酸性尿が3日間続くと注意する必要があるようです。

リトマス試験紙は、ネットでも手軽に購入することができるので、気になる方は、自分で計測することもできます。

ただ、野菜中心の食生活を送っている人でも「内臓脂肪が多い人」の場合は、結石の元となる結晶ができやすくなるとも番組中で言われていました。

内臓脂肪が多い人は、「内臓脂肪を減らす努力も必要」なんだそうです。結局、医者の先生が言うように、「適度な運動」で内臓脂肪を燃やすということも必要なのかもしれません。

抗酸化物質含む食品を食す

あと、腎臓・尿路結石を防ぐ方法として、「抗酸化物質を含む食品を摂取する」というのもあります。

「抗酸化物質を含む食品」といっても、ピンと来ないと思うので、具体的な食品を挙げると以下のようなものになります。

  • お茶
  • 青魚
  • ブルーベリー
  • 大豆
  • かぼちゃ
  • にんじん
  • バナナ

抗酸化作用が高い食品
©NHK ためしてガッテン

これらの中だったら、お茶か、バナナあたりが最も手にも入りやすく、食べやすいものではないかと思います。

なぜ抗酸化物質が結石に効くのか

「結石の卵と言われる結晶」から「結石」成長する原因は、腎臓内にある「オステオポンチン」という物質だそうです。

そもそも「結晶」は、シュウ酸です。シュウ酸は、体に良い物質ではないので、体を守ろうとして「オステオポンチン」が作用し、結石を作ると言われているそうです。

その「オステオポンチン」の働き過ぎを防ぐため、シュウ酸の攻撃から体の細胞を守ってくれる「抗酸化物質」が効果的なのだそうです。

まとめ

実は僕は、結石持ちであるとともに、不眠症持ちでもあります。

で、1年ほど前に、不眠症に関して調べたときに、バナナが良いということを知り、それ以来毎日寝る前にバナナを食べています。それで、寝つきもだいぶ良くなりました。

不眠で眠れないとき。あなたの眠りを助ける食べ物 10選
Woman's Dayに「10 Foods That Can Help You Sleep」という睡眠の手助けをしてくれる食べ物10個に...
不眠に悩んでいた僕が、バナナとアーモンドで朝まで快眠できるようになった話
正月明け、どういうわけか夜眠れなくなってしまいました。夜中に眠剤を飲まないと眠れない状態に。 僕はロングスリーパーなので眠れないのが一...

冒頭にも述べましたが、僕はこれまで、十数年に7回以上結石破砕をしています。

最後に破砕をしたときに、結石自体は、腎臓にも尿管にも無くなったと医師に言われました。そう言われたと同じくらいの時期に、バナナを食べ始めました。(完全に偶然ですが)

で先日、検査でレントゲンを撮った時にも、「体内に見えるような大きさの石はないようですよ。」と言われ喜んでいました。その後、今回の「ためしてガッテン 結石特集」を見て「あっ、もしかしたらバナナがよかったのかな?」と思った次第です。

もちろん、実際の因果関係は僕にはわかりません。現在のところ1年くらい、新しい石は発見されていません。なので、新しく結石が発見されるまで当分は「寝る前にバナナ」の習慣を続けたいと思います。

それとともに、なるべく野菜を摂るようにしたいと思います。