Twitterデータの履歴機能で不正ログインを調べる方法

2015年7月15日からTwitterデータ機能が追加されました。

この機能を、利用することで、Twitterのログイン履歴を見ることができるようになり、不正ログインの発見が容易になりました。

今回は、その使い方などを紹介です。

photo by Garrett Heath

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

Twitterデータ機能とは

Twitterデータページでは以下のような情報を見ることができます。

アカウント履歴

Twitterデータ(アカウント履歴)

アカウント履歴では、アカウントの作成日と、作成したIP、ユーザー名、メールアドレス、電話番号などを参照することができます。

端末履歴

Twitterデータ(端末履歴)

端末履歴では、Twitterアカウントへのアクセスに使用した端末に関する情報が表示されます。

ログイン履歴

Twitterデータ(ログイン履歴)

ログイン履歴では、Twitterアカウントにいつ、誰がアクセスしたかが一覧で表示されます。

このログイン履歴を見ることで、不正アクセスを調べることができます。

不正ログインを調べる方法

Twitterへの不正ログインを調べるには、ログイン履歴を表示して調べます。

以下では、そのログイン履歴の表示方法について説明します。

ログイン履歴の表示方法

まずは、Twitterにログインしてください。

ログインしたら、ナビゲーションの右上にあるプロフィールアイコンをクリックし、「設定」を選択してください。

Twitterのアイコンをクリックして設定を選択

設定ページの左側に「Twitterデータ」があるのでクリックしてください。

左側のメニューの「Twitterデータ」をクリック

すると、もう一度Twitterアカウントのパスワードの入力を求められるので、入力して「確認する」ボタンを押してください。

Twitterデータのパスワード入力ダイアログ

そうすると、ログイン履歴一覧が表示されます。

Twitterデータ(ログイン履歴)

Twitterサイトからのログインは、アプリが「Twitter.com」と表示されます。

Twitterサイトからログインした履歴

自分が現在利用しているIPを知るには、以下で調べることができます。

IPは、以下のように表示されます。

収容中のIPアドレスを確認する

固定IPから毎回Twitterにアクセスしている場合は、自分が利用しているIP以外からのアクセスがあれば不正アクセスに気づくことができます。

固定IPでなかったり、スマホからのアクセスや、漫画喫茶などの他のIPから接続した場合は、ログイン日時などから推測するしかないかもしれません。

当然ながら連携アプリもログイン履歴に表示される

ただ、自分のアカウントにアプリ連携を許可したアプリもログインを行います。

Twitterデータの連携アプリ

身に覚えのないアプリや、以前連携したけど利用していないアプリは、アプリ連携許可を取り消しておいた方が良いと思います。

その方がログイン履歴の内容もスッキリして見やすくなると思います。

僕もログイン履歴を見返してみたら、今は全然使用していないTwitterアプリが結構頻回にログインしていました。

不要なものは、連携許可を取り消してしまいましょう。

アプリ連携許可を取り消す方法

連携を取り消すには、メニューの「アプリ連携」を選択します。

アプリ連携許可メニュー

すると、連携アプリ一覧が表示されるので、必要のないアプリは、「許可を取り消す」ボタン押して連携を解除してください。

連携アプリ一覧が表示される

許可を取り消した場合は以下のようになります。

連携許可を取り消した場合

そうすることで、ログイン履歴一覧が今後見やすくなり、もし、不正アクセスがあった場合は発見がしやすくなります。

まとめ

今回Twitterデータから、ログイン履歴を見たところ、不正なログインは見受けられませんでした。

ただ、結構不要なアプリと連携していることに気づきました。特別変なアプリと連携していない限り、アプリが悪さをすることはないと思いますが、利用していないアプリは、連携を解除しておいた方が無難かと思います。その方がログイン状況の実態を掴みやすいので。

僕は、特に利用していないアプリの連携は解除して、現在も利用している有名どころのみを残しました。

2015-07-18_11h44_02

数えてみたら、無駄に連携していたアプリは、30個以上もあって、現在は7個まで減らしました。

結構、1回だけしか利用していないアプリ連携が残っているのが多かったです。

アプリ連携の見直しも含めて一度「ログイン履歴」の確認は、しておいた方が良いかもしれません。