Twitterアナリティクスで自アカウントのエンゲージメント率の内訳を調べてみた

サイバーマンデー
Amazonプライム会員限定の大セール「サイバーマンデー」開催中!プライム会員限定の大セール

Twitter

8月27日から、自分のツイートを分析できるTwitterアナリティクスサービスが一般にも開放されました。

Twitter解析は初めて触れるものだったので、最初は何が書いてあるのかよくわからず、自分で調べてようやく何となくわかるようになりました。

photo by zulkarnains

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

エンゲージメント率って

Twitterアナリティクスの中でも当初最もわかりにくかったのがエンゲージメント率です。

エンゲージメント率というのは、「インプレッション(ユーザーがツイートを見た回数)」に対して「エンゲージメント(起こしたアクション回数)」の割合で算出されます。

ツイート一覧

ただ、「エンゲージメント(起こしたアクション回数)」といっても、いろいろなアクションがあります。

ツイートをクリックすると内訳を見ることができます。

エンゲージメントの内訳

見てみると、エンゲージメント(ユーザーのアクション)といってもこれだけのものがあります。

  • リンクのクリック
  • 詳細のクリック
  • お気に入りに登録
  • 返信する
  • リツイートする
  • メールで共有する

ただ、Twitterアナリティクスでは、個々のアクション率までは表示されません。

僕はTwitterを、主にサイトの更新情報を流すために使用しています。そんな使い方なので、出来れば「クリック率」「お気に入りに登録率」「リツイート率」とかもみたいです。

ということで、Twitterアナリティクスサービスが一般に公開されたときから溜まっている10日間ぐらいのデータをもとに「自分が行ったツイートのエンゲージメント率の内訳」を調べてみました。

調べるといっても、Twitterアナリティクスにはそういった機能はないので、エクセルにデータを打ち込んで自前で計算してみました。

エクセルのデータ

僕の場合、ほとんどサイトの更新情報を流すだけなので、Twitterアナリティクスがデータを記録しだしてから、まだ41ツイートしかしていませんでした。ですので、その全41ツイートを調べた結果を紹介します。

ちなみにアカウントはこちら→@MrYhira。よくありがちな自サイトの更新情報を流すアカウントです。

まず、8月22日からインプレッションが記録され始め、今日まで41ツイートしました。

その、インプレッション(表示回数)は、全部で7155回になります。

そのうちエンゲージメント(アクション)された回数は241回でした。

ですので、エンゲージメント率は、3.37%くらいでした。僕のアカウントの場合、1000人ツイートを見たら33人が何かしらアクションを起こしてくれたことになります。

で、それぞれのアクションの内訳はこんな感じになりました。(アクション率の高い項目順)

  1. リンクのクリック率:1.91%
  2. 詳細情報のクリック率:0.61%
  3. お気に入り登録率:0.31%
  4. プロフィールクリック率:0.28%
  5. リツイート率:0.17%
  6. メールで共有率:0.01%

Twitterアナリティクスを見るまでは、ハッキリとわからなかったんですが、Twitterのクリック率は思っていたより低いです。僕のアカウントの場合、1000人にツイートが表示されたら、19人がリンクを踏んでサイトまで見に行ってくれた事になります。

ただ僕自身のツイッターの使い方をかんがみても、タイムラインはどんどん流れてくるので、あまり興味のないものどんどんスルーして、「これは面白そう!」というもののみクリックするので、こんなものなのかもしれません。

で、意外と多いなと思ったのが「詳細情報のクリック率」です。詳細情報というのは、おそらくツイートを単独で開いたり、「内容の表示」「開く」などを開いて、ツイートの詳細を表示したときにカウントされます。僕はあまり使用してなかったのですが、詳細を表示して、Twitterカードを見たり、リプライを読んだり、ツイートの埋め込みなどをするために、結構利用されているのだと思います。

あとは、「お気に入り登録率」「プロフィルクリック率」「リツイート率」の順番になっています。

最後の、メールで共有というのは、その存在すら知りませんでした。

どうやらツイート詳細画面を表示して、「その他」ボタンのプルダウンメニューから選択するようです。

メールで共有する

すると、こんなダイアログが出て、メールアドレスを入力し、送信できるようになっています。

メールで共有するダイアログ

こんな機能があったんですね。

まとめ

今回の例は、あくまで僕のアカウントのものなので、Twitterの利用状況によっては、全然数値が違うかと思います。

Twitterアナリティクスは、始まったばかりのサービスなので、今回の数値が良いのか悪いのかすらわかりません。

このサービスが続くに従って、多くの人から、いろいろなデータが出てくると思うので、楽しみに待ちたいと思います。