住信SBIネット銀行の自動振り込みの使い方。個人事業主の家族への給与支払いや仕送りに。

サイバーマンデー
Amazonプライム会員限定の大セール「サイバーマンデー」開催中!プライム会員限定の大セール

僕は、2016年から開業届けを出して個人事業主となりました。

意外と簡単!青色申告のための「個人事業の開業届出書」の書き方
今年僕は、白色申告をします。 白色申告用の書類は既にMFクラウド確定申告で作成してあります。 で、この会計ツールを使って、収益を...

加えて、家族に事業を手伝ってもらっているので、わずかではありますが給料を支払うため「青色事業専従者給与に関する届出書」も提出しました。

青色申告で家族に給料を払う手続き書の書き方(青色事業専従者給与に関する届出書の記入例)
僕は去年まで白色申告でしたが今年から青色申告になります。 そのために先日、「青色申告の届出書」と「開業届」を所轄の税務署に提出...

で、家族への給与の支払いなんですが、額もそれほど多くないですし、手渡しにして貴重しておけば良いと思っていました。

けれど先日、所轄の税務署主催で「新しく開業した人のための確定申告案内会」的なものがあったので出席した際に、「できれば毎月銀行振り込みするなどしてください」と指導を受けました。というのは、銀行を通して支払い手続きを行った方が、「支払いの明確な証拠」が残るからだそうです。

確定申告案内会で、そのように言われては「そうしたほうが良いんだろうな」ということになり、銀行振り込みで行うことにしました。

ただ、普通に毎月、銀行に出向いて給料を振り込むとなると、面倒なので、それはやる気が起きません。

けれど、僕の使用しているメインバンクは、ネット銀行(新生銀行)だったので、「毎月ネットから振り込めばいいか」と思って何回かは行いました。が、ネット銀行とはいえ、毎回のログイン作業や、セキュリティーコードの入力が毎月、毎月となると地味に面倒くさくなってきました。

そこで、「ネットから定額自動振り込みができる銀行がないか?」と探したら、住信SBIネット銀行が最も良さそうだったので早速申し込んで、定額自動振り込みの登録を行いました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

住信SBIネット銀行で定額自動振り込みの利用方法

住信SBIネット銀行ロゴ

以下では、SBIで自動振り込み機能を利用する手順を紹介します。

口座を開設している必要がある

住信SBIネット銀行で、自動振り込みサービスを利用するには、当然ながら銀行口座を持っている必要があります。

僕の場合は、ネットから申し込みを行うと、ネットからの入力のみで、1週間ほどで口座を開設することができました。

ネットから申し込みを行うと、1週間から10日程度(土・日・祝日を除く)で「本人限定受取郵便(特定事項伝達型)」が届きます。このときに、身分証明書(写真入)のものを用意した本人が受け取ることで本人確認が行われます。この、本人確認を終えることにより口座が有効になります。

住信SBIネット銀行にログイン

口座を既に持っている場合は、ここからでOKです。

まずは、SBIのログイン画面からログインを行います。

住信SBIネット銀行にログイン

定額自動振り込みメニューの選択

次に「振込・振替支払」メニューを選択します。

振込・振替支払メニュー

するとサブメニューに「定額自動振込」というメニューが表示されるので、クリックします。

定額自動振り込みをクリック

すると「定額自動振込サービス」画面が表示されるので「定額自動振込の登録・変更・取消」ボタン押してください。

定額自動振込の登録・変更・取消

定額自動振込サービスでは、10件まで、毎月決まった日に(もしくは毎週決まった曜日に)自動で一定額を他銀行へ振り込むことができます。

10件も自動振り込みすることができれば、家族(青色事業専従者)への給与自動支払いには十分ではないかと思います。

自動振込設定の登録

次に、自動振込設定の「新規登録」ボタンをクリックします。

定額自動振込設定の新規登録

振込先銀行登録するため「新規登録(金融機関選択へ)」ボタンをクリックします。

新規登録(金融機関選択へ)

すると、以下のような「金融機関検索」画面が表示されるので、銀行と支店を選択します。

金融機関検索画面から銀行と支店など選択

銀行名と支店名を選択したら、「預金種目」、「口座番号」、「受取人名」も入力して「次へ」ボタンを押してください。

定額自動振込サービス - 申込(口座指定)

あとは、「定額自動振込の内容」を以下のように入力して「確認」ボタンを押してください。

定額自動振込サービス - 申込(入力)

  • 名称:なんでもOK
  • 定額振込金額:毎月(毎週)自動振込を行う金額を入力
  • 終了日:自動振込野終了日があれば入力(なければ「終了未定」でOK)
  • 周期:毎月か毎週を選択
  • 指定日:振込日を選択
  • 休日の取扱い:振込指定日が休日だった場合の振る舞いを選択

最後に、口座開設時に設定した「WEB取引パスワード」を入力し、口座開設時の書類に添付されていたセキュリティーカード(認証番号表)から「認証番号」を入力して「確認」ボタンを押せばOKです。

定額自動振込サービス - 申込(確認)

ちなみに、セキュリティーカード(認証番号表)とは口座開設時に届いた、以下のようなカードのことです。

SBI銀行セキュリティーカード

登録完了

登録が終了すると「定額自動振込サービス登録一覧」に以下のように振込先が一覧表示されます(最大10件まで)。定額自動振込サービス登録一覧

注意点

定額自動振込サービスでは、以下の注意点があります。

  • 自動振込でも、月に3回の無料振込は利用できます。3回を超える振込が発生した場合は、手数料がかかります。
  • 定額自動振込サービスへの登録は3日前まで行っておく必要があります。さもないと、自動振込が行われません。

以上の点に、注意してご利用ください。

まとめ

こんな感じで、結構手軽に定額自動振込機能を利用することができます。

今回は、一つ一つ手順を画像付きで細かく書いたため、面倒くさそうに見えるかもしれません。けれど、1度ネット銀行などで取引をした事がある場合は、特に苦もなく、数分ほどで「定額自動振込登録」を設定できるかと思います。

というわけで、「個人事業主だけど家族や親類に給料を自動振込したい」とか「離れて大学に通っている子供に毎月の仕送りを自動で行いたい」なんて場合は、住信SBIネット銀行の定額自動振込サービスはかなりおすすめです。

サイト 住信SBIネット銀行