Sublime Textから手軽にターミナルを開くことができるパッケージ「Terminal」の使い方


Image provided by: Dashmote

Sublime Textを利用していて、急にターミナルから操作したいことがたまにがあります。

そんなときに、「手軽に作業中のディレクトリでターミナルを開けるものがないかな?」と探してみたら、そのものズバリのSublime Textパッケージ「Terminal」が便利だったので紹介です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

Terminalとは

Sublime Textターミナルパッケージ

Terminalは、ショートカットキーを押すと、カレントディレクトリやプロジェクトのルートディレクトリでターミナルを開いてくれるSublime Textパッケージです。

デフォルトの設定だと、Windowsでは「Windows PowerShell」。OS Xの場合(デフォルトがブランクの時)は「iTerm」が起動します。

Terminalパッケージの設定によって、好みのターミナルを設定することもできるので、「使い慣れたターミナルを手軽にショートカットで起動する」なんて事もできます。

Terminalパッケージのインストール

まずは、「Preferences」から「Package Control」を開きます。

PreferencesからPackage Controlを開く

以下では、既にPackage Controlがインストールされているものとして説明します。Package Controlのインストール方法は、Sublime Text3環境の構築方法を参照参照してください。

「Package Control: Install Package」を選択します。

Sublime Textパッケージのインストール

次に入力ボックスに「Terminal」と入力して、同名のパッケージを選択してインストールします。

Terminalと入力してパッケージをインストールする

これでインストールは完了です。

Terminalパッケージでターミナルを開く

Terminalパッケージを利用して、ターミナルを開くには、ショートカットキーを使います。

Windows利用時のショートカット

Windowsの場合はデフォルトの設定で、Ctrl + Shift + T を押すとWindows Powershellがカレントディレクトリで起動します。

Ctrl + Alt + Shift + T を押すとプロジェクトディレクトリでWindows Powershellが開きます。

2016-05-19_11h59_30

Mac利用時のショートカット

Macの場合は、Cmd + Shift + T でデフォルトのターミナルでカレントディレクトリが開きます。

Cmd + Alt  + Shift + T でデフォルトのターミナルでプロジェクトディレクトリが開きます。

ショートカットキーを変更する

ショートカットキーを変更するには、「Preferences → Package Settings → Terminal → Key Bindings」を開いてください。

Terminalパッケージでショートカットを変更する

あとはエディターに以下のように貼り付けて、ショートカットキーの設定を変更してください。

ターミナルを指定する設定

Macの場合は、ショートカットキーでデフォルトのターミナルが開きますが、Windowsの場合は個別に設定する必要があります。

僕の場合は、WindowsのターミナルはCmderもしくは、ConEmuを利用しています。

Windowsのターミナルはデフォルトで履歴保存やタブが使える「Cmder」がいいかも
僕はこれまで、Windowsのターミナルは、ConEmu+nyaosを利用していました。 というのも、Windowsに...
Windowsのコマンドプロンプトをタブ化する方法、あと履歴も保存できるようにする
Windowsデフォルトのコマンドプロンプトは、どうも使いにくいです。 Ruby on Railsなどを書いていると、コマンド...

以下では、Windows環境でCmderターミナルを開くのを例に設定方法を紹介したいと思います。

まずは、「Preferences → Package Settings → Terminal → Settings – User」を開いてください。

Terminalパッケージの設定を変更する

あとは、以下を貼り付け”terminal”のファイルパスを変更してください。

\は、\\とエスケープしないとエラーが出ます。

設定を変更したら保存します。

あとは、ショートカットキーを押すと設定したターミナルが起動します。

Cmder+nyaosが起動した

まとめ

今回紹介したSublime TextのTerminalパッケージを利用することで、Git操作をしたり、Railsのコマンドを入力したり、何かと手軽に使えるようになるのではないかと思います。

Git操作は、Sublime Textのパッケージからでもできるものもありますが、やはり使い慣れたターミナルなどを利用すると、何かとはかどるのではないかと思います。

というわけで「Sublime Textから、手軽にターミナルを開きたい」なんて場合は、Terminalパッケージはおすすめです。

パッケージ Terminal