GitツールSourceTreeでローカルリポジトリを管理する方法(ブランチ・タグ編)

前回、SourceTreeでコミットに関する基本操作を行う方法について書きました。

GitツールSourceTreeでローカルリポジトリを管理する方法(コミット編)
これまで、Git操作は主にターミナルから行っていました。 ただ先日、SourceTreeで視覚的にリポジトリを管理するようになったら、便利...

今回は、SourceTreeでブランチの作成・マージ・削除、タグの作成・削除などをする方法を紹介したいと思います。

SourceTreeのインストール方法は、以下を参照してください。

Gitを視覚的に操作できる「SourceTree」のインストール方法
僕はこれまでGUIでGitを使用するときはTortoiseGitを使用していました。 ただ先日、SourceTreeというGit管理ツール...
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

ブランチの一覧を表示

SourceTreeでブランチの一覧を表示する方法です。

Gitコマンドでいうと以下の動作になります。

ブランチ一覧は、基本的に何もしなくてもコミットログ左側ツリーの「ブランチ」ノードに一覧で表示されています。

ブランチの一覧

特に、これといった操作はする必要がなくパッと状態が確認できるのは楽です。

ブランチ一覧の拡大

ブランチを作成する

SourceTreeを利用してGitのブランチを作成する方法です。

Gitコマンドで言うと以下の動作になります。

ブランチを作成するには、「ブランチ」ボタンをクリックします。

ブランチボタンをクリック

すると、「ブランチ」ダイアログが表示されるので、「新規ブランチ」タブ上の「新規ブランチ」にブランチ名を入力して「ブランチを作成」ボタンを押してください。

ブランチダイアログ

ブランチを作成すると、作成と同時に切り替えが行われます。

ブランチが作成されると同時に切り替わる

ブランチを削除する

不要になったブランチなどを削除する方法です。

Gitコマンドでいうと以下の動作になります。

ブランチの削除も非常に簡単で、まずは、不要なブランチアイテム上で右クリック行います。

ブランチアイテム上で右クリック

すると、「[ブランチ名]を削除」というメニューが表示されるので、選択します。

右クリックメニューから削除を選択

すると、「ブランチ削除の確認」ダイアログが表示されるので「OK」ボタンをクリックしてください。

ブランチ削除の確認ダイアログ

すると、一覧からもブランチが削除されます。

ブランチが削除されたあと

ブランチを切り替える

ブランチ間の移動(切替)をする方法です。

Gitコマンドでいうと以下の動作になります。

ブランチの切り替えもとても簡単です。単に、切り替えたいブランチアイテム上でダブルクリックを行うだけです。

切り替えたいブランチ上でダブルクリック

以下のような、「ブランチ切り換えの確認」ダイアログが表示されるので「OK」ボタンを押してください。

ブランチの切り替え確認ダイアログ

これでブランチが切り替わります。

ブランチの切り換え動作後

ブランチのマージ

ブランチ同士をマージする方法です。

Gitコマンドでいうと以下の動作になります。

ブランチをマージ(統合)するには、まずマージ動作を行うブランチをダブルクリックで選択します。

マージを行うブランチを選択する

次にマージ対象となるブランチを右クリックします(今回はhogeブランチをマージします)。

マージ対象を右クリック

すると、以下のようなメニューが表示されるので「現在のブランチに[ブランチ名]をマージ」を選択してください。

現在のブランチに[ブランチ名]をマージ

すると「マージの確認」ダイアログが表示されるので「OK」ボタンを押してください。

マージの確認ダイアログ

処理が完了すると、ブランチ同士が統合されます。

タグ一覧の表示

タグを一覧表示。

Gitコマンドで言えば以下の動作になります。

タグの一覧表示も、特に操作は必要ありません。

コミットログ左側ツリーの「タグ」ノードに一覧が表示されています。

タグ一覧

特に何もしなくても、これまでにつけたタグ名一覧が以下のように表示されています。

タグ一覧の拡大

タグの作成

直近のコミットに対して新しいタグを作成する方法です。

Gitコマンドで言えば以下の動作になります。

もっとも最近のコミットに対してタグを割り当てる場合は、「タグ」ボタンをクリックします。

SourceTreeのタグボタンをクリック

すると「タグ」ダイアログが表示されるので、「タグを追加」タブ上の「タグ名」を入力後、「タグを追加」ボタンを押してください。

SourceTreeのタグダイアログ

すると、タグ一覧に新しいタグが追加されています。

タグ一覧に新しいタグが追加されている

以前のコミットにタグを割り当てる

直近のコミットではなくて、何個か前のコミットにタグを割り当てたい場合の方法です。

Gitコマンドで言えば以下の動作になります。

指定のコミットにタグを割り当てるには、「タグ」ダイアログを開いたら「指定のコミット」ラジオボタンを選択し、「…」ボタンをクリックしてださい。

指定のコミットにタグを割り当てる

すると「コミットの選択」ダイアログが表示されるので、一覧からタグを割り当てたいコミットを選択し、「OK」ボタンを押してください。

コミット選択ダイアログでコミットを指定する

あとは、「タグ名」をつけて「タグを追加」ボタンを押してください。

タグ名をつけてタグを追加する

すると、指定したコミットに新しいタグが割り当てられて作成されます。

指定したコミットにタグが割り当てられる

タグを削除する

作成してあるタグを削除する方法です。

Gitコマンドでいうと以下の動作です。

タグを削除するには、「タグ一覧」から削除したいタイムがアイテムを右クリックして「[タグ名]を削除」メニューを選択します。

削除するタグを右クリックしてメニューを選択

「タグ削除の確認」ダイアログが表示されるので、「OK」ボタンを押します。

タグ削除の確認ダイアログ

すると、「タグ一覧」からタグが削除されます。

タグ一覧からタグが削除された

まとめ

SourceTreeを利用していると、コマンドを入力しなくても、必要な情報がある程度表示されているので、とても現在の状態が把握しやすいです。

その把握しやすい状態で、GUIでエクスプローラーを操作するように視覚的に追加・削除などを行うことができます。

ということで、「わざわざコマンド入力してブランチ・タグ状態を確認するのは面倒」なんて場合は、SourceTreeを利用すると結構楽できると思います。

SourceTreeの利用方法をまとめたものは以下。

GitツールSourceTreeの初期設定方法とローカル・リモートでの使い方まとめ
僕はこれまで、Gitを使うときは、ターミナルかTortoiseGitを利用していました。 けれど先日、「SourceTreeはいいぞ!...