パソコンやスマホによる目の疲れにおすすめな無添加目薬「ソフトサンティア ひとみストレッチ」をレビュー

ソフトサンティアひとみストレッチ

僕は基本的に、目薬は防腐剤フリーの無添加目薬を使用しています。

添加剤や防腐剤が入っていない目薬を好んで使うのは、出来る限り目に負担をかけないためです。

ただ、基本的に防腐剤が入っていない市販の目薬と言ったら、「ソフトサンティア」と、「アイリスCL-ネオ」くらいしかありません。

ですので僕は、ドライアイや疲れ目症状で使用する市販の目薬はソフトサンティア」か「アイリスCL-ネオ」のどちらかしか使用していません。

両者の良さについては以前、記事でも書きました。

眼科医もおすすめする市販目薬「ソフトサンティア」で目を洗おう
僕は一日に14時間ぐらいパソコンをしています。 そうなってくると、当然目が乾いたり、充血したりで非常に目が疲れます。その上、僕はアレル...
疲れ目・ドライアイ対策の人工涙液目薬なら「アイリスCL-Iネオ」が目に優しい
僕は、毎日10時間以上は必ずパソコンを利用しています。 ですので、きちんと目のケアをしないと、目の疲れが激しくなり、仕事に支障が出てき...

追記:防腐剤フリーの無添加目薬は「ティアーレW」もあります。

目の疲れ乾きに防腐剤無添加の「ティアーレW」が1回使い切りで便利
僕は、日々パソコンを使用する仕事をしているので目に非常に気を使っています。 そういったことから、目に負担のかかることのある防腐剤や、血...

で先日テレビを見ていたら、僕が普段お世話になっている「ソフトサンティア」に新商品が出ていて、以下のCMがヘビーローテーションしていました。

普段よく利用していて効果もある「ソフトサンティア」の新商品ということに加えて、「目のピント調節機能のコリをほぐす成分を最大濃度配合」という謳い文句にもつられて早速ネットで注文してみました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

ソフトサンティア ひとみストレッチとは

【ソフトサンティア】 ひとみストレッチ(参天製薬)

ソフトサンティアひとみストレッチは、基本的にはコンタクトレンズ使用者の目の疲れや、不快感などの改善を考えた無添加目薬です。

【ソフトサンティア】 ひとみストレッチはコンタクトの目の疲れに、2つの有効成分を最大濃度配合。

ただ特にコンタクトを使用していなくても、ドライアイや疲れ目にはかなりの効果を発揮してくれます。僕はコンタクトを使用していないですけど、毎日数回利用しています。

通常の、コンタクト&疲れ目用の目薬として、以前からソフトサンティアと言うのはありました。

ただ近年、パソコンやスマートフォンなどデジタル製品の普及により、何かを近くで凝視するという機会も増え、目へのストレスは多くなっています。

そういったこともあってか参天製薬は、そういった疲れ目の方向けに、目の疲れの大きな原因である「ピント調節機能のコリ」をほぐす2種類の成分を最大濃度配合した目薬を発表しました。

ネオスチグミンメチル硫酸塩とビタミンB12の2種類の成分を最大濃度配合

最大濃度といっても、ドバドバ入れまくっているという事ではなく、一般用眼科用薬製造販売承認基準の最大濃度ということです。

もちろん、ソフトサンティアの後継製品なので、無添加です。通常の市販目薬に入っているような、防腐剤、血管収縮剤のような、下手な使い方をすると目に悪影響を及ぼす成分も入っていません。

【ソフトサンティア】 ひとみストレッチは無添加なので防腐剤も入っていません

このように、パソコンのヘビーユーザーの持病ともいえる「目のコリをほぐす」という謳い文句にもつられて、早速購入してみました。

実際に届いたもの

で、実際に届いた「ソフトサンティアひとみストレッチ」が以下です。

ソフトサンティアひとみストレッチの箱

中には、以下のような5mlの目薬ボトルが4本入っています。

ソフトサンティアひとみストレッチの目薬ボトル

ソフトサンティアひとみストレッチは、防腐剤が入っていないので、ボトルを開封してから10日間のみ利用できます。10日経過した時点で、残っていても廃棄する必要があります。

なので、1箱につき40日分の目薬が入っていることになります。

余りにも頻繁に目薬を利用する場合は、5mlで、10日間もたないので、40日よりも早く消費するかと思います。「目が疲れたかな?」というときに使用する目薬なので、そういった「違和感を感じた時に点眼」するための目薬です。

ひとみストレッチの箱の中には、以下のような遮光袋も4枚入っています。

ソフトサンティアひとみストレッチの遮光袋

この袋に目薬のボトルを入れて、10日間まで保管して、利用することができます。

ソフトサンティアひとみストレッチの保管方法

このように袋に入れて携帯し、「目が疲れたな」と言った時に利用します。

1ヶ月ほど使ってみた感想

で、実際にここ1ヶ月ほど「ソフトサンティアひとみストレッチ」を使ってみました。

実際に感じた効果

前に使用していた「ソフトサンティアとの違いは?」というと、正直ほとんどわかりません。

というのも、通常のソフトサンティアの時点で十分に目の疲れに効果を発揮してくれているからだと思います。

一応、「ソフトサンティアひとみストレッチ」の方が、ちょっとだけ「目のコリに聞いているかな?」と思うぐらいです。

ただこれは、CMや、パッケージの説明にそのように書いてあるから、そのように感じているプラシーボ効果な気もしないでもないです。

実際に目薬ボトルを見てみても、以下のように、いかにもガッツリ効きそうな赤色をしています。

ソフトサンティアひとみストレッチの薬液の色

「これは目に効きそうだ!」と直感的に訴えてくる説得力のある色です。

この色が、目の疲れの原因である「目のピント調節筋のコリ」をほぐす「ネオスチグミンメチル硫酸塩」と「ビタミンB12」どちらかの色なんだと思います。(多分ビタミンの色)

とりあえず、実際に効いているにせよ、プラシーボ効果にせよ、効いた気になって目に良い効果があるのであれば、それはそれで全然OKではないかと思います。

スーッとする感じはない

あと、通常の「ソフトサンティア」にせよ、今回の「ひとみストレッチ」にせよ「目がスーッとする効果」すなわち、織田裕二が「来たーーーー!」と叫ぶ効果は全くありません。

清涼感度は0になっています。

ソフトサンティアひとみストレッチの清涼感度

僕自身は、「目がスーッとする目薬」が大の苦手です。なので、低刺激ということも含めてソフトサンティアを使っているという一面もあります。

ですから、目薬をして「来たーーーー!」と叫びたくなるほどの清涼感が欲しい人の場合は、ちょっと物足りない目薬かもしれません。

まとめ

今回購入して、ひと月ほど使ってみた「ソフトサンティア ひとみストレッチ」ですが、僕はかなり満足しています。

ドライアイや疲れ目に良いのは、以前からある「ソフトサンティア」と同様ですし、何よりも強い赤色が、いかにも効きそうな感じがして、僕は好きです。このように「効きそう」と使用者に思わせることも薬の効き目の一つだと僕は思っています。

とりあえず、僕は「目のコリや疲れ目がひどい時」は、ひとみストレッチでいこうかと思います。まあ、これまで「ソフトサンティア」か、「アイリスCL-ネオ」を使っているうちは、そこまでひどいことにはなったことはないんですけどね。