無料プレゼンツール「Slides」が手軽に使えてよさげ

無料で使用できて、ダイナミックなプレゼン資料が作れる「Slides」というオンラインツールが、なかなか良さそうだったので紹介です。

photo by Creative Sustainability

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

Slidesとは

Slides

Slidesは、登録するだけ無料で使えるプレゼンテーションツールです。(Facebookや、Google認証許可するだけ)

データーはすべて、オンラインに保存され、どこからでも編集できるようになっています。

WEB上で公開することを前提で作成されているので、レスポンシブ表示にも対応しています。(有料版にするとプライベート表示にもできる。)

Slidesを使うと、以下のようなプレゼン資料を作ることが結構簡単にできます。

上のスライドは、僕が十数分くらいで試しに作成してみたものです。

ガチで作ると、以下のようにとても綺麗なスライドを作成することができます。

こんな感じの、プログラムの解説なんかも作れます。

Slidesの使い方

以下で、Slidesの簡単な使い方を紹介します。

Slidesに登録して作成画面に行くと、以下のような画面になります。

Slides- Edit

英語のインターフェースですが、簡単な英語ですし、アイコンなどもあるので、特に操作に迷うこともないと思います。

メインオプション

一応を簡単に説明すると、以下がメインがオプションになります。

Slides- メインオプション

メインオプションから選択することでパーツを配置したり、

Slides- パーツの配置

スライド全体の設定を行ったり、

Slides- スライド全体の説明

スライド全体のスタイル(テーマ)みたいなものを決めたり、

Slides- スライド全体のスタイルを設定したり

スライド全体を見渡して、順番や位置をを入れ替えたりもできます。

Slides- スライド全体を見渡す

変更履歴も詳しくとってくれて、好きな位置に戻せるのも嬉しい機能です。

Slidesの変更履歴

パーツの配置

Slidesに配置できるパーツには、以下のようなものがあります。

  • テキスト
  • 画像
  • 図形
  • iframe(httpsのみ)
  • コード
  • 数式

Slidesのパーツを配置する

以下のようにドラッグ&ドロップで配置することができます。

SlidesでD&Dでパーツの配置

配置したパーツを選択すると、

Slidesパーツの選択

選択したパーツの、細かな設定を行うことができるようになります。

Slidesのブロックオプション

内容を、HTMLで変更できるという機能などもあり、複製もここから手軽に行うことができます。

Slidesの内容をHTMLで変更

ページの背景色や、背景画像を変更するには、右のツールボタンから変更します。

Slidesで背景色や背景画像の変更

「+」ボタンを押すことで、新しいページをどんどん追加していくことができます。

Slidesの+ボタン

登録されているテンプレートから新しいページを作成したりもできます。

Slidesのテンプレートから新しいページを作成

こんな感じのことを、繰り返すだけで、スライド式のプレゼン資料を手軽に作ることができます。

作成されたもの

こんな感じで作成されたものは、Explore Presentationsにて、いろいろ公開されています。

いろいろ、作成の参考になるかと思います。

注意点

Slidesの無料版は、必ず作成したスライドは、公開されるので、非公開にしたいものを作成するには向きません。

Slidesの無料プラン

また、アップロード量は最大250MBまでとなっています。ただ、普通に使う分には、250以上はなかなかいかないんじゃないでしょうか。

まとめ

無料の、スライド作成ツールといえば、Google スライドもあります。

Googleスライドも、Slidesも、似たようなことはできますが、Slidesの方は、上下左右に自由にスライド移動ができるのが特徴かと思います。

あと、「シンタックスハイライト付きのコード」や「数式」を手軽に入れられるのも、説明スライドを作成するのには、いいかもしれません。

とはいえ、Googleスライドには、Googleスライドにしかない特徴もありますし、一概に、どちらが良いというものでもありません。

ただ、どちらとも、無理ので使えるプレゼンテーションツールの中では、結構手軽で使いやすいのではないかと思います。

「プレゼン資料を作りたいけどパワーポイントを使うほどでもない」なんて時には良いかと思います。