爪が飛び散りにくい定番の人気爪切り「Seki EDGE キャッチャーつめきり」を購入してみました

サイバーマンデー
Amazonプライム会員限定の大セール「サイバーマンデー」開催中!プライム会員限定の大セール

キャッチャー爪切り

先日、よく切れる爪切りが欲しくてネットで購入してみました。

その購入したものが、「Seki EDGE キャッチャーつめきり」です。

ネットで検索すれば、様々な爪切りが出てきますが、なぜキャッチャーつめきりを購入したかというと、Amazonベストセラーのナンバーワン商品(当時)であり、レビューの評価が最も高かったからです。

で、実際に購入して使用してみた感想を書きたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

実際に購入したもの

実際に購入して、届いたものが以下になります。

キャッチャー爪切り

パッケージから取り出すとこんな感じです。

キャッチャー爪切り本体

横の長さが7.6cmと、手に持ったとき、結構大きめの爪切りです。

500円玉と比較すると、以下のようになります。

キャッチャー爪切り本体の大きさ

爪が飛び散るのを防ぐキャッチャーが大きいのが特徴です。

爪切りをカット形態にトランスフォームさせると、こんな感じになります。

キャッキャ爪切り本体をカット形態にトランスフォーム

別角度だと、こんな感じです。非常に下部分がどっぷりとしていて、テーブルに置いても安定感のある作りになっています。

キャッチャー爪きり本体(斜め)

爪のキャッチャー部分の裏面は、このようになっています。

キャッキャ爪きりの爪やすり

100円ショップに売っているような、爪切りならば通常、爪やすりはクリップ部分の裏についていることが多いですが、この爪切りは、キャッチャー部分の裏面にヤスリがついています。

実際に使ってみた感想

実際に、爪を切ってみた感想としては、「悪くはない」でした。

「悪くはない」というのは、そこまで「よくもなかった」ということにもなります。

それもちろん、100円ショップで売っている安物の爪切りよりは、よく切れます。安い部分も、目が細かく削りやすくなっています。

ただ、それは、安物と比べて良いと言うだけです。

僕はこの「Seki EDGE 爪切り」を購入時に、以下の「匠の技爪切り」も購入していました。

爪が割れない爪切り!最高に良く切れる「匠の技 爪切り」は爪がよく割れる人におすすめ
僕は日々、切れ味のよい爪切りを利用したいと思っています。 というのも僕の爪は、かなり弱いらしく、安物の、それこそ「100円ショップで売...

と言うのも、「レビュー評価の良いSeki EDGE 爪切り」と「とても良く切れるそうな匠の技爪切り」両方を購入して、良い方を使おうと思ったからです。

で、両方の爪切りもどちらも利用してみた結果、「切れ味」や「ヤスリの性能」は、ダントツに「匠の技爪切り」の方が良かったです。

実際に、爪切りの性能としては「匠の技爪切り」の方が段違いによかったです。爪を切っている音からして違いました。

それで、今回紹介した「Seki EDGE 爪切り」が勝っていたところはというと、爪を受け止めるキャッチャー部分は、こちらの方が飛び散りにくいです。これは、キャッチャー部分が大きく作られているからと言うのもあるかと思います。

「100円ショップの爪切り」と「Seki EDGE 爪切り」と「匠の技爪切り」の性能を個人的に比較した結果は以下のようになります。

安物 Seki EDGE 匠の技
切れ味 ×
ヤスリ ×
キャッチャー
値段 約100円 約700円 約1500円

刃物としての性能は、「匠の技爪切り」に軍配が上がると僕は思います。

まとめ

というわけで、「Seki EDGE 爪切り」は、以下のような爪きりが欲しい場合には向いているかと思います。

  • 値段もそこそこで、100円ショップのものより性能が良い爪きりが欲しい
  • 爪キャッチャーがしっかりしていて、飛び散りにくい爪切りが欲しい
  • 大きくてしっかりとした爪きりが欲しい

当然、そこらへんの安物よりは、良い仕事をしてくれると思います。

ただ、「爪の切れ味」や「ヤスリの性能」を重視して、「割れやすい爪」、「足の太い爪」や、「二枚爪」なんかも問題なく切るためには、もう一段性能の高い爪切りを購入した方が、良いという印象を受けました。

普通の健康的な爪を、普通に着る分には、「Seki EDGE 爪切り」も十分な能力を持っていると思います。

ただ、爪が弱い方や、硬い方は、「匠の技爪切り」の方がおすすめです。

爪が割れない爪切り!最高に良く切れる「匠の技 爪切り」は爪がよく割れる人におすすめ
僕は日々、切れ味のよい爪切りを利用したいと思っています。 というのも僕の爪は、かなり弱いらしく、安物の、それこそ「100円ショップで売...