あのサービスは今!?セカンドライフへ廃墟探訪へ出かけた

Second Life 公式サイト - 仮想世界、アバター、無料 3D チャット

日経新聞に面白い記事が乗っていました。

■どこへ行っても誰にも出会わない

筆者は今回、改めて現在のセカンドライフの世界にアクセスしてみた。そこに広がっていたのはまさにゴーストタウンだった。

様々な服を販売しているショッピングモール、ユーザーどうしの社交の場であるナイトクラブ、ロンドンの街を模したような立派な建物が並ぶ場所……。どこへ行ってもほとんど人がいないのだ。日本の建物を模したことで有名だった「名所」も、今や誰もいない寂しい空間が広がるばかりだった。

「廃虚」のセカンドライフ 仮想通貨に潜む危うさ :日本経済新聞

セカンドライフというのは、広大な3D仮想空間内の住民となり、自分の分身であるアバターを操作して、歩き回っておしゃべりをしたり、土地を購入してお店を開いたり、正に名前の通り第二の人生を体験できるゲームです。仮想空間内であるにもかかわらず、土地の値段が値上がりして莫大な富を得る人がいたり、三越や野村証券、ソフトバンクが出店したりしたこともニュースになったりしていました。

2006~08年ごろ世界中で隆盛を極めた次世代WEBサービスも今は閑古鳥が鳴く状態のようです。記事を読んで僕が一番驚いたことも、「まだ運営していたんだ!」ということでした。

俄然興味がわいてきました。元々廃墟が好きで、ネットなどで廃墟画像があったらついつい見入ってしまう僕としては、このWEB廃墟に潜り込み「誰もいない…〇〇するなら今のうち!」とばかりに好き勝手してやろうとSecond Life 公式サイトに向かいました。

で、早速WEB登録。実は昔、登録してすぐさま放り投げたアカウントがあるんですが、もうどっかに行ってしまったので再登録します。

Second Life 公式サイト - 仮想世界、アバター、無料 3D チャット

アバターを選びます。真ん中の偽スティーブ・ジョブスみたいなのにしました。

登録する  Second Life

ユーザー名を入力して、アカウント情報を入力。

登録する  Second Life3

「アカウントを作成」をしてセカンドライフへ、廃墟探訪にGo!と思ったら。

Registration is Unavailable  Second Life

僕の廃墟探訪は、始まる前に終わりました。

時間をおいて、何回かチャレンジしたんですが、結局登録できませんでした。

そりゃ廃れるわ!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

『あのサービスは今!?セカンドライフへ廃墟探訪へ出かけた』へのコメント

  1. 名前:jabara Jannings 投稿日:2014/07/10(木) 15:25:19 ID:86a0444e9

    2006年から現在までセカンドライフ住人ですが、現在は格段の進歩を遂げているような気がします。新技術のメッシュも取り入れられて、アバターもわずかな金額で最新ゲームよりもすごいアバターになります。
    こちらをご参考までに
    https://note.mu/jabara/n/n66a64040b707
    また登録も現在問題なくできるようですよ。
    登録法を新しく書きましたのでご参考までに
    https://note.mu/jabara/m/m941b40387b5a

  2. わいひら 名前:わいひら 投稿日:2014/07/10(木) 23:14:46 ID:6e7a233ba

    note読みました。
    今はそんなになってるんですね。
    この記事のアバターも凄いですね。かわいい。
    https://note.mu/jabara/n/n66a64040b707
    ちょっとやる気が出てきました。今度再挑戦してみたいと思います。

    ところで、jabara Janningsさんはセカンドライフでどのような活動をされているのでしょうか?
    セカンドライフに行っても、何をしたらよいのか全然わかっていない自分がいます;
    クエストみたいのがあるのかな。そんなことすら分かっていません。

  3. 名前:jabara Jannings 投稿日:2014/07/11(金) 16:27:38 ID:e0071e999

    わたしは、セカンドライフ内で土地レンタルをしています。リンデンから借りた土地を小分けにしてユーザーさんに貸しています^^
    >何をしたらよいのか
    これは、セカンドライフに入ったらまず悩むところですね。
    わたしのようにクリエイターになるのを最初っから諦めて、ほかのクリエイターさんの作ったものを買うか、クリエイターさんに依頼して作ってもらう手もあります。
    あと、ユーザーさんの経営しているカフェを巡ってチャットだけしてる人もいます。
    こちらの「すりんく」 http://sl-link.com/ を利用すると日本人ユーザーさんが現在どこにいるかわかりますよ^^ とりあえずは基本操作(移動の方法とか)を覚えてどんなことができるかを探ってみるのがいいかなと。

  4. わいひら 名前:わいひら 投稿日:2014/07/11(金) 17:24:14 ID:c57dcdd85

    なるほど。
    そういえば最盛期に、土地の価格が値上がりとかでニュースになってましたね。
    あと、クリエイターという道もあるんですね。
    もう一度、アカウントを作ってみようと思います。
    いろいろと、教えていただいてありがとうございます!